ワンセグ&おサイフ&防水!富士通M03は夏の本命

富士通の新SIMフリースマホ「arrows M03」

富士通が新スマホ「arrows M03」を発表。人気の防水防じん・おサイフケータイのほか、新たにワンセグを内蔵。ソニー製センサーでカメラも進化しました。価格は税抜29800円~と高コスパはそのままで、ことしの夏の本命スマホになりそうです!

【7月29日追記】楽天モバイルで購入した「arrows M03」が到着。防水・ワンセグの他、ジャイロセンサーを内蔵し、話題の「ポケモンGO」のARにも対応したワンランク上の格安スマホでした!

防水&ジャイロでポケモンGOに最適!富士通M03

2016.07.29
スポンサーリンク

富士通のコスパスマホが進化!「アローズ M03」7月28日発売

富士通「arrows M03」製品ページより

富士通「arrows M03」製品ページより

きょう6月28日、富士通が新SIMフリースマホ「arrows M03」(アローズ エム ゼロサン)7月28日に発売する事を発表しました。

「arrows M03」は去年の大ヒットモデル「arrows M02/RM02※楽天モバイルモデル」の後継機種で、NTTドコモの2016年夏モデルの「arrows SV F-03H」をベースに作られた新しい「コスパスマホ」です。

ドコモ2016年夏モデル実機レビュー&ランキング

2016.05.12

富士通「アローズ M03」もMIL規格に準拠!頼れるタフスマホ

「arrows M03」製品ページより

「arrows M03」製品ページより

「arrows M03」は前モデルの「arrows M02/RM02」と同様に米国国防総省の装備の調達基準「MIL規格」の14項目に準拠し、防水・防じん・耐衝撃などを兼ね備えた「タフスマホ」です。

タフ&コスパ「arrows M02」が凄い!本体編

2015.11.03

キズつきにくい工夫がいっぱい!富士通「アローズ M03」

「arrows M03」製品ページより

「arrows M03」製品ページより

「arrows M03」の本体には傷を防ぐための工夫が沢山あります。

前モデル「arrows M02/RM02」と同様に耐摩耗性に優れたフッ素系ハードコーティングの「ウルトラタフガード」や、キズが付きにくい「Corning Gorilla Glass 3」を採用し、画面を保護するフレームのフチを液晶側だけでなく、背面パネル側にもわずかに立てています。(液晶側0.3ミリ・背面側0.1ミリ)

富士通「アローズ M03」は念願のキャップレスUSBに対応!

「arrows M03」製品ページより

「arrows M03」製品ページより

「arrows M03」は充電・通信用のmicroUSB端子がキャップレスに進化しています。

前モデル「arrows M02/RM02」はUSB端子が防水ではなかったので、外出時に充電する時に毎回防水キャップを開ける手間がかかり不便でした。

今回の「arrows M03」は防水・防じん等のMIL規格に準拠しながらキャップレスを実現しているので、実際の使い勝手がさらに良くなりました。ユーザーの声を活かした改善は嬉しいポイントです。

また、背面パネルはキズや指紋が付きにくいハードコートが施されています。

富士通「アローズ M03」の側面にアルミフレームを採用

「arrows M03」製品ページより

「arrows M03」製品ページより

「arrows M03」の本体の側面にはアルミ製のフレームが使われています。

前モデルはフレームが平らだったので画面保護用のフチが少しだけ手に当たりましたが、今回は丸みを帯びているので手に良く馴染みそうです。

さらに、SIMカード・SDカード部分のスロットカバーにも金属が使われているので、前モデルより高級感が増しています。

富士通「アローズ M03」の本体カラーは全5色

「arrows M03」製品ページより

「arrows M03」製品ページより

「arrows M03」の本体色は全部で5色です。

ブラック、ホワイト、ピンクが共通で販売される色で、シャンパンゴールドが楽天モバイルの限定色、グリーンがmineo(マイネオ)の限定色です。

いがモバはこの中だとシャンパンゴールドが良いなと感じましたが、どの色も素敵なので、色で悩む楽しさもありますね。

富士通「アローズ M03」はワンセグ内蔵!

「arrows M03」はワンセグにも対応

「arrows M03」はワンセグにも対応

「arrows M03」は前モデルM02には無かったワンセグにも対応しました。

本体の中に伸縮するロッドアンテナを内蔵しているので、イヤホンを接続しなくてもワンセグを見ることができます。

最近では動画をネットで見ることが多くなっていますが、震災の時などはやはりワンセグがあった方が安心です。

ガラケーユーザーでワンセグが手放せないという人にとっても「arrows M03」は安心して乗り換えられそうです。

富士通「アローズ M03」はおサイフケータイ対応

「arrows M03」はおサイフケータイに対応

「arrows M03」はおサイフケータイに対応

「arrows M03」はおサイフケータイ機能も内蔵しています。

モバイルSuicaや楽天Edy、WAONやnanacoなどに対応しているので、これらの機能を使っているために格安スマホへの乗り換えをためらっている人も安心して移行することができます。

ソニー製センサーを採用!富士通「アローズ M03」はカメラが進化

前モデルのM02はコストパフォーマンスが高く人気のスマホでしたが、カメラの性能があまり良くないのが唯一の弱点でした。

上海で撮影!arrows M02カメラレビュー

2015.12.05

いがモバは去年上海でM02のカメラを使って撮影を行いましたが、当時の3万円スマホとしては充分でしたが、今はカメラが綺麗な機種が増えたので、この部分の強化は必須だなと感じていました。

富士通の担当者の方にお会いした時にも要望を伝えたのですが、そんなユーザーの声に応えてくれたのか、新モデルの「arrows M03」はカメラも進化しています。

「arrows M03」のカメラにソニー製センサーを採用

「arrows M03」のカメラにソニー製センサーを採用

「arrows M03」のカメラのセンサーには約1310万画素のソニー製「Exmor RS for mobile」(エクスモア アールエス フォー モバイル)が使われています。

レンズもF値が2.0と明るく、富士通独自の画像処理エンジン「GRANVU」(グランビュー)と合わせて実際のカメラの写りもかなり期待できそうです。

富士通「アローズ M03」のカメラが広角になった!

「arrows M03」のカメラはより広角に

「arrows M03」のカメラはより広角に

「arrows M03」のカメラには嬉しい改善点も。

「arrows M03」のメインカメラとインカメラのレンズが広角になり、今まで写せなかった範囲まで撮影できるようになっています。仲間とグループで自撮りする時にも役立ちそうですね。

カメラの画角はスペック表に書いていないメーカーが多いので、広角化は嬉しい改善点です。

富士通「アローズ M03」はリアルタイムHDR撮影に対応

「arrows M03」のカメラはリアルタイムHDRに対応

「arrows M03」のカメラはリアルタイムHDRに対応

さらに「arrows M03」のカメラは「リアルタイムHDR撮影」に対応しています。(HDR=ハイダイナミックレンジ)

明るい所と暗い所それぞれに明るさを合わせた写真をプレビュー画面に合成しながら表示するので、HDR撮影時の仕上がりを確認しながら撮影することができます。

これまでのHDR撮影は「出たとこ勝負」な部分があったので、この進化は他のスマホとの差別化になりそうです。

「スマホ史上最高」の文字変換!「アローズ M03」の「Super ATOK ULTIAS」

「arrows M03」の「Super ATOK ULTIAS」

「arrows M03」の「Super ATOK ULTIAS」

「arrows M03」は前モデルと同じく日本語入力ソフトに「Super ATOK ULTIAS」(スーパー エイトック ウルティアス)がプリインストールされています。

神変換&神通話「arrows M02」中身も凄い!

2015.11.07

「Super ATOK ULTIAS」は富士通とジャストシステムが共同開発したスマホ用の日本語入力ソフトで、パソコン版のATOKと同等の変換性能で文章入力がサクサクできる「スマホ史上最高」の文字変換がウリです。

「arrows M03」用の「Super ATOK ULTIAS」は辞書も2016年の最新版が入っているので、話題の単語などもスムーズに変換できるようになっています。

富士通「アローズ M03」は高速ダウンロードに対応

「arrows M03」はダウンロードの複数セッションに対応

「arrows M03」はダウンロードの複数セッションに対応

「arrows M03」に搭載された新機能の中で注目なのが「高速ダウンロード」です。

動画やアプリをダウンロードする際に、富士通独自の技術で同時に複数のセッション(データのやり取り)を可能にしたことで、ダウンロードにかかる時間を短くすることができます。

さらっと書いてある新機能ですが、これはスマホの使い勝手をかなり良くする素晴らしい新技術だと思います。実際の使い勝手が楽しみです。

「 M03」の電池は2580mAh・省電力技術の進化で3日持ちも可能に

「arrows M03」のバッテリーと省電力設定

「arrows M03」のバッテリーと省電力設定

「arrows M03」のバッテリーの容量は2580mAhです。

最近のスマホは3000mAh以上の電池を内蔵したスマホが多いので、この数字だけをみると少し不安ですよね。

ただ、「arrows M03」は省電力の技術が進化していて、本体の液晶画面で使う電気を従来機種より抑えるなどで、「3日持ち」も可能としています。

前モデルと同じCPUでも「制御」が進化

「arrows M03」のCPU制御「NX!Tune」

「arrows M03」のCPU制御「NX!Tune」

「arrows M03」のCPUは前モデルと同じ「Qualcomm Snapdragon 410
MSM8916」が使われています。

MSM8916は1.2GHz×4コアのCPUで、前モデルのM02のAnTuTuベンチマークスコアは23000点台でした。おそらくM03も同じくらいのスコアになると思います。

ただ、CPUの制御に「NX!Tune」と呼ばれる独自技術が使われていて、利用シーンに合わせてCPUの能力を調整するので、従来より電池持ちが良くなりそうです。

富士通「アローズ M03」はどこで買える?

前モデルM02の大ヒットを受けて、今回の「arrows M03」は最初から多くの家電量販店で販売されます。

6月28日現在で販売が決まっている家電量販店は以下の10社です。

「arrows M03」を販売する家電量販店

  • エディオン
  • ケーズデンキ
  • コジマ
  • 上新電機
  • ソフマップ
  • ノジマ
  • PC DEPOT
  • ビックカメラ
  • ヤマダ電機
  • ヨドバシカメラ

富士通「アローズ M03」はドコモ・auのVoLTEに両対応!

「arrows M03」は前モデルM02と同様にNTTドコモとauの両方のLTE・VoLTE(LTE回線を使った高音質通話)に対応しています。(周波数的にはソフトバンクグループのLTEも使用可能)

最強SIMフリー!「arrows M02」APN編

2015.11.08

「arrows M03」NTTドコモとauの両方のLTE回線が使用できる貴重なスマホなので、au系のMVNO(格安SIM)も含めた各社でも販売されることが決まっています。

「arrows M03」を販売するMVNO

  • IIJmio
  • mineo
  • スマートモバイルコミュニケーションズ(スマモバ)
  • DMM Mobile
  • NifMo
  • BIGLOBE SIM
  • UQ Mobile
  • 楽天モバイル

また、スマートフォン向けアクセサリーショップ専門店「Smart Labo」でも「arrows M03」が販売されるそうです。反響によっては今後も取扱店が増えていきそうです。

富士通「アローズ M03」を買うなら楽天モバイルがお得!

楽天モバイルで販売する「arrows M03」

楽天モバイルで販売する「arrows M03」

「arrows M03」は色々な会社・お店で販売されますが、現時点でお得に買える(予約できる)のは「楽天モバイル」です。

楽天モバイルで富士通「アローズ M03」が税抜29800円!

楽天モバイルの「arrows M03」発売記念キャンペーンの割引

楽天モバイルの「arrows M03」発売記念キャンペーンの割引

楽天モバイルでは「arrows M03」の発売を記念して、期間限定の3000円割引キャンペーンを行っています。

このキャンペーンを適応すると、「arrows M03」が店頭販売予定価格の32800円から3000円割引され、29800円(税抜)で買うことができるんです。性能が進化した「arrows M03」をいきなり3万円以下で購入できるのは嬉しいですよね。

楽天モバイルでさらに1000円分のEdyをプレゼント

エントリー&楽天Edy設定でEdy1000円分貰えるキャンペーン

エントリー&楽天Edy設定でEdy1000円分貰えるキャンペーン

さらに、楽天モバイルでは「arrows M03」の購入者に楽天Edyの利用設定をした人を対象に1000円分の楽天Edyをプレゼントするキャンペーンも行っています。

これも利用すると、新製品の 「arrows M03」を実質28800円(税抜)で購入できることになります。

「arrows M03」は7月28日に発売し、楽天モバイルのホームページで販売中です。ぜひチェックしてみて下さいね!

楽天モバイルの申し込みはこちら

富士通「arrows M03」スペックまとめ

arrows M03
(公式HP)
OS Android6.0 Marshmallow
CPU Qualcomm Snapdragon 410
MSM8916 1.2GHz 4コア
RAM 2GB
ROM 16GB
(microSDXC対応・最大200GB)
画面 約5.0インチHD IPS液晶
(720×1280ドット)
カメラ メイン:約1310万画素
積層裏面照射型CMOS
ソニー製センサー
画角約90度超広角レンズ
F値2.0
リアルタイムHDR撮影対応
イン:500万画素
画角85度広角レンズ
電池 2580mAh (取り外し不可)
サイズ 高さ:約144ミリ
幅:約72ミリ
厚さ:7.8ミリ
重さ 約144グラム
カラー Black
White
Pink
Champane Gold※
(※楽天モバイル限定)
Green※
(※mineo限定)
周波数 FDD-LTE:B1/3/8/19/26
ドコモ・au網VoLTE両対応
W-CDMA:B1/5/6/8/19
GSM:850/900/1800/1900MHz
Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n
(2.4GHz)
テザリング対応
Bluetooth Bluetooth v4.1
SIM nanoSIMスロット×1
その他 ジャイロセンサー内蔵
ポケモンGO ARモード対応
GPS
NFC
FeliCa(おサイフケータイ)
ワンセグ
防水・防じん
(米MIL規格14項目準拠)
価格 29800円(税抜)
※楽天モバイル期間限定価格

いがモバ
富士通の大ヒットスマホM02の後継機種「arrows M03」がついに発表されました。前モデルを使っていた人ならわかる不満点がほぼ解消されていて、価格も税抜29800円とかなり安いので、今年の夏の本命スマホになりそうです!いがモバも早速楽天モバイルのシャンパンゴールドを月525円のデータプランで申し込んでみました。今から到着が待ち遠しいです!発売後の実機レビューもお楽しみに!

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

いがモバ 五十嵐 貴文

LCCジャーナリスト・メディアディレクター。元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材。大手企業の動画コンテンツなどメディアのディレクション業務も行っています。日経トレンディ・MONOQLO旅行ムックなどLCC特集にも掲載。中部国際空港・セントレアのLCCポータルサイトの監修・執筆も担当しています。