AndroidOneが日本上陸!507SH登場

ワイモバイルの「Android One」スマホの「507SH」

ワイモバイルが7月下旬に発売するシャープの「507SH」。日本初の「Android One」スマホで、グーグルから常に新しいOSが配信されます。更に日本独自の防水・ワンセグ機能を搭載しながら、予定価格は実質1〜2万円と安く、ヒットの予感大!

【7月30日追記】アンドロイドワンスマホの「507SH」の実機レビューを公開しました。ピュアグーグルのサクサクスマホは人気機種の予感!

夢のアンドロイドワン発売!507SH実機レビュー

2016.07.30
スポンサーリンク

Android Oneスマホが日本上陸!ワイモバイルから

ソフトバンクのプレスリリースより

ソフトバンクのプレスリリースより(7月5日)

7月5日、スマホオタクのいがモバにとって衝撃的な発表がありました。

それは、ソフトバンクグループのワイモバイルが「Android One」のスマホを7月下旬に発売するというプレスリリースです。

海外で「格安スマホ」の新基準を作り出した黒船がついに日本にやってくるんです。

海外スマホ好きならお馴染み!「Android One」って何?

フィリピンのandroid oneスマホ「Cherry Mobile G1」

フィリピンのandroid oneスマホ「Cherry Mobile G1

「Android One」(アンドロイド ワン)は一体どんなスマホなのでしょうか?

一言で簡単に言うと、グーグルが設計した「格安スマホ」です。

「Android One」は主に新興国でまだスマホを持っていない人にAndroidを普及させる目的で作られていて、端末の価格帯の中心は約100ドルと手の届きやすい価格です。

コストを抑えるためスペックは抑え目ですが、販売後18か月間はAndroidOSのアップデートが保証されています。

常に最新のグーグルのサービスを利用できる端末としてスマホ好きの人にとっては夢のような「格安スマホ」なんです。

「Android One」は2014年9月にインドで発売されたのを皮切りに、インドネシア、ミャンマー、タイなど計21か国以上で販売しています。

いがモバも去年の夏にLCCでフィリピンのセブ島に行った時に、フィリピンのスマホメーカー「Cherry mobile」のOne「My phone」のUnoといったAndroid Oneスマホを購入。しばらく愛用していました。

去年発売された「Android One」は3G通信のみ・メモリ1GBの入門機が多かったのですが、市場の進化に合わせる形で、ここ最近の「Android One」スマホはLTE通信対応・メモリ2GBなどミドルスペックの物も販売されるようになってきました。(「Cherry Mobile G1」もミドルスペック機のひとつ)

ワイモバイルの「Android One」はシャープの「507SH」

ワイモバイルの「Android One」スマホの「507SH」

ワイモバイルのAndroid Oneスマホ「507SH」

今回日本でワイモバイルが販売する16GBはシャープが製造を担当しています。

型番は「507SH」本体の色はスモーキーブルー、ホワイト、ブラックの3色あります。

「507SH」の外観デザイン

「507SH」の外観デザイン(シャープのHPより)

こちらが「507SH」の外観デザインです。

「507SH」はauの2016年夏モデルの「AQUOS U SHV35」とほぼ同じスペックで、これがベースモデルだと考えられます。

「Android One」507SHは常に最新OS!18か月間アップデート保証

507SHはAndroid Oneスマホなので18カ月間最新のOSを利用可能

507SHはAndroid Oneスマホなので18カ月間最新のOSを利用可能

「Android One」スマホの507SHは発売から18か月間は最新のOSへのアップデートが保証されています。

日本のメーカーだとアップデートが遅い機種もあるので、常に最新のOSを使えるメリットは他の機種にはない魅力です。

さらにセキュリティも毎月アップデートされるので、各種ウイルスの心配も軽減できます。

ミドルスペックの「Android One」 507SH

507SHは8コアCPUのQualcomm Snapdragon 617(MSM8952)を採用

507SHは8コアCPUのQualcomm Snapdragon 617(MSM8952)を採用

「Android One」スマホの507SHは8コアCPUの「Qualcomm Snapdragon 617」(MSM8952)を採用しています。

メモリも2GB搭載しているので、普段使うのに不満は少ないと思います。

507SHは贅沢にIGZO液晶を使用・電池もちに期待

507SHは5インチIGZO液晶を採用(解像度はHD)

507SHは5インチIGZO液晶を採用(解像度はHD)

507SHの液晶サイズは約5インチです。解像度は1280×720ピクセルのHD液晶です。

液晶パネルはシャープのIGZO液晶が使われていて、バッテリーも3010mAhあるので507SHはかなり電池もちの良さそうなスマホになりそうです。

海外のAndroid Oneには無い魅力・507SHはキャップレス防水

507SHは防水・防じんに対応

507SHは防水・防じんに対応

507SHの機能面で驚いたのが日本独自のガラパゴス機能を搭載している事でした。

507SHは防水(IPX5/8)・防じん(IP5X)性能を備えていて、microUSB端子はキャップレス防水に対応しています。急な雨の日でも安心ですよね。

これは海外の「Android One」スマホにはない魅力です。

Android Oneで初!507SHはワンセグ対応

507SHはワンセグに対応

507SHはワンセグに対応

さらに嬉しい事に、507SHはワンセグに対応しています。

視聴するにはイヤホンケーブルの接続が必要ですが、震災時にデータ通信が使えない時でもワンセグの電波が入ればTVで情報を知ることができます。いざという時に役立ちますね。

注意!Android One 507SHはおサイフケータイ未対応

507SHはNFCに対応・おサイフケータイは未対応

507SHはNFCに対応・おサイフケータイは未対応

507SHは最大200GBまでのmicroSDXCカードに対応しています。

さらにNFCにも対応していますが、残念ながら507SHは「おサイフケータイ」機能は搭載していません。注意が必要です。

Android One 507SHは夏の人気スマホになるかも

ワイモバイルの「507SH」

ワイモバイルの「507SH」

ワイモバイルから発売されるAndroid Oneの「507SH」。LTE対応・8コアCPU・2GBメモリとインターネットをするには十分なスペックです。

【7月30日追記】アンドロイドワンスマホの「507SH」の実機レビューを公開しました。ピュアグーグルのサクサクスマホは人気機種の予感!

夢のアンドロイドワン発売!507SH実機レビュー

2016.07.30

ワイモバイルのオンラインストアでは24時間受け付けているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

ワイモバイルオンラインストアはこちら

ワイモバイル「507SH」スペックまとめ

機種名 507SH
(公式HP)
※AndroidOneスマホ
製造 シャープ
OS Android6.0
※18カ月間アップデート保証
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 617
(MSM8952)
1.5GHz×4コア+1.2GHz×4コア
メモリ
(RAM)
2GB
容量
(ROM)
16GB
※microSDXC対応(最大200GB)
画面 約5型IGZO液晶
(1280×720ピクセル)
 サイズ 約142×71×8.8ミリ
重さ 約135グラム
電池容量 3010mAh
SIM nanoSIM
カメラ メイン
1310万画素CMOS裏面照射積層型
 サブ
約約500万画素CMOS裏面照射型
防水 ○(IPX5 / IPX8)
防塵 ○(IP5X)
周波数 FDD-LTE:band1/3/8
AXGP:band41(日本国内のみ)
W-CDMA:900/2100MHz
プラチナバンド対応
GSM:850/900/1800/1900MHz
※購入半年後に
SIMロック解除に対応
その他 Wi-Fi,IEEE 802.11 b/g/n
(2.4GHz)
テザリング最大10台
GPS/A-GPS
Bluetooth4.2
NFC
ワンセグ対応
スモーキーブルー
ブラック
ホワイト
発売日 7月29日
価格 51498円(税込)
月額割引 MNP※
1620円(M・Lプラン)
1080円(Sプラン)
※PHSの機種変更も同額
新規
1080円(M・Lプラン)
540円(Sプラン)
機種変更
1080円(M・Lプラン)
540円(Sプラン)

ワイモバイルオンラインストアはこちら

いがモバ
ついにグーグル版格安スマホの「Android One」が日本で買えるようになります。購入から半年経つとSIMロックが解除できるので、NTTドコモ系の格安SIMを利用する事もできます。価格など詳細が決まったらまた紹介したいと思います!

【7月30日追記】アンドロイドワンスマホの「507SH」の実機レビューを公開しました。ピュアグーグルのサクサクスマホは人気機種の予感!

夢のアンドロイドワン発売!507SH実機レビュー

2016.07.30
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

いがモバ 五十嵐 貴文

LCCジャーナリスト・メディアディレクター。元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材。大手企業の動画コンテンツなどメディアのディレクション業務も行っています。日経トレンディ・MONOQLO旅行ムックなどLCC特集にも掲載。中部国際空港・セントレアのLCCポータルサイトの監修・執筆も担当しています。