最安はワイホー!ベトナムWiFiルーター速度レポ

ベトナム・ホーチミンで大活躍したワイホー(Wi-Ho!)のレンタルWiFiルーター

LCC就航で身近になるベトナム。ネット接続があると観光や仕事に便利ですが、携帯会社のローミングは割高です。そこでオススメなのが「WiFiルーターのレンタル」。数ある会社の中で一番安い「ワイホー」のルーターを実際にホーチミンで使ってみました!

【2016年10月18日追記】バニラエアの以遠権区間であるホーチミン~台北線の搭乗レポートを公開。日本人乗務員による質の高いサービスをお得に乗ることができる注目路線です!

日本を感じたホーチミン線!バニラエア以遠権がお得

2016.10.18

スポンサーリンク

ベトナムでいきなりプリペイドSIMを買うのはハードルが高いかも

タンソンニャット国際空港の到着ロビーでプリペイドSIMを販売

ホーチミンのタンソンニャット国際空港の到着ロビー

LCC「バニラエア」が9月に成田〜ホーチミン線に新規就航するなど、ますます身近になるベトナム

以遠権でベトナムへ!バニラエアがホーチミン線就航

2016.07.16

現地でスマホやノートパソコンを使ってインターネットに接続できると観光や仕事に便利ですよね。

ホーチミンやハノイの空港の到着ロビーには現地の通信会社のプリペイドSIMを販売している店があります。店員さんは外国人に慣れているので英語が通じます。

ただ、いがモバもそうなのですが、語学に不安がある人や初めてベトナムに行く人にとっては、いきなり現地の人とコミュニケーションしてプリペイドSIMを購入するのはハードルが高いと感じるかもしれません。

ベトナムで携帯会社のローミングを使うと割高!格安SIMはサービスが無い所がほとんど

プリペイドSIMを買わなくても、最近のスマホやケータイは世界の主な通信規格に対応しているので、ローミングをONにすればそのままベトナムでも利用する事ができます。

でも、ここで注意して欲しいのが携帯会社のローミングは割高だということです。

4日間、ベトナムで海外ローミングを利用してデータ通信した場合のパケット料金を以下にまとめてみました。(海外利用なので免税)

携帯キャリアの海外ローミング
7月19日から22日の4日間
NTTドコモ
海外パケホーダイ
11920円
NTTドコモ
海外1dayパケ
※24時間30MB超で低速に
3920円
au
海外ダブル定額
11920円
au
世界データ定額
(8月より)
ベトナムは
対象外
ソフトバンク
海外パケットし放題
11920円

このように、ベトナムで携帯キャリアのローミングをそのまま利用すると、4日間で1万円を超える金額になってしまいます。

唯一NTTドコモは、24時間単位でパケット通信をローミングで利用できる「海外1dayパケ」というオプションサービスを行っていますが、24時間あたりのデータ通信量が30MBを超えると低速(最大16kbps)になってしまいます。

普段と同じようにネットを利用していると、あっという間に制限に達してしまうのが「海外1dayパケ」のデメリットです。

さらに、最近利用する人が多くなってきた格安SIM(MVNO)は海外ローミングは音声通話とSMSだけで、データ通信の提供を行っていない所が多いので、海外に行った時にデータ接続できないという欠点があります。

日本でベトナム用のWiFiルーターを借りるのがオススメ!

「ワイホー」のベトナム用レンタルWiFiルーターのページより

「ワイホー」のベトナム用レンタルWiFiルーターのページより

では、「ベトナムで快適にネット接続しながら料金も安く抑えたい」という人はどうしたらよいのでしょうか?

いがモバがオススメしているのが「ベトナム用WiFiルーター」をレンタルする事です。

ベトナム用のルーターを借りれば、このルーターのWiFi経由でインターネットに接続できるので、ベトナムにいながら普段と変わらずにネットを使えるんです。

ルーターが1台あれば複数のスマホやPCでWiFiを共有できるので、友人同士や家族の旅行にルーター1台持っていけば全員でインターネットを利用する事ができます。

ベトナム用WiFiルーターは「ワイホー」がダントツに安い!

ワイホーのベトナム用ルーターを4日間借りた時の総額(空港受取時)

ワイホーのベトナム用WiFiルーターを4日間借りた時の総額(空港受取時)

では、ベトナム用のWiFiルーターのレンタルは実際にいくらかかるのでしょうか?

ベトナム用のWiFiルーターのレンタルを行っている「イモトのWiFi」、「グローバルWiFi」、「JAL ABC」、「ワイホー(Wi-Ho!)」を対象に4日間ルーターを借りた場合の料金の総額を表にまとめてみました。

ベトナム用レンタルWiFi比較
7月19日~22日の4日間
空港受取・返却
イモトのWiFi 4460円
JAL ABC 4140円
グローバルWiFi 3220円
ワイホー 2100円

このように、知名度では一番の「イモトのWiFi」が4460円で一番高く「ワイホー」が2100円で一番安いという結果になりました。

さらに、「ワイホー」は自宅受け取りにした場合でも配送料が無料なんです。

携帯キャリアのローミングを利用した時の金額と比べると、なんと約6分の1!これは大きいですよね。

いがモバも今回のベトナム取材で「ワイホー」のWiFiルーターを実際に借りたので、現地で使ってみることにしました。

ワイホーのルーターは空港でも受け取り可能!

成田空港第一ターミナルにあるワイホーの受け取りカウンター

成田空港第一ターミナルにあるワイホーの受け取りカウンター

「ワイホー」のルーターは送料無料の自宅受取のほか、羽田・成田・関空の3つの空港でカウンター受け取りができます。(手数料500円)

受け取り自体は予約した時の名前を伝えて、紙にサインするだけの簡単な手続きです。

ワイホーのWiFiルーターと一緒にベトナムへ!

ワイホーのWiFiルーターと一緒にベトナムへ出発!

ワイホーのWiFiルーターと一緒にベトナムへ出発!

ワイホーのWiFiルーターを受け取ったら、いよいよベトナムに出発です!

ベトナム・ホーチミンに到着!9月からはLCC就航で更に身近に!

ホーチミンのタンソンニャット国際空港に到着

ホーチミンのタンソンニャット国際空港に到着

成田空港からベトナム航空の直行便に乗って約6時間。ベトナム・ホーチミンのタンソンニャット国際空港に到着しました。

タンソンニャット国際空港には今年の9月14日にLCC「バニラエア」の台北経由便が就航する予定で、日本人にとってますます身近な旅行先になりそうです。

ワイホーのWiFiルーターは簡単接続!

ワイホーのWiFiルーターとスマホを接続

ワイホーのWiFiルーターとスマホを接続

飛行機を降りたら早速ワイホーのベトナム用WiFiルーターの電源をONにして、スマホのWiFiもONにします。

すると、スマホやPCのWiFi画面からルーターの名前(ID)が見えるようになるので、ルーター本体に書かれたパスワードを入力します。

正しくパスワードが入力されていればすぐに接続されます。あとはいつもと同じようにネットに接続できます。凄く簡単ですよね。

ワイホーのベトナム用ルーターは3Gでも意外と速い!

ワイホーのベトナム用WiFiルーターの通信速度(7月14日撮影)

ワイホーのベトナム用WiFiルーターの通信速度(7月14日撮影)

では、ワイホーのベトナム用WiFiルーターの実際の通信速度はどのくらい出るのでしょうか?

7月14日の午前10時すぎ。タンソンニャット国際空港の国内線ターミナルの待合室で計測してみたところ、下り(ダウンロード)が10.92Mbps、上り(アップロード)が1.54Mbpsという結果になりました。

下りの速度が10Mbpsもあると、インターネットを見ていても日本とほとんど変わらない感覚でした。

ベトナムのLTEは2016年7月現在まだ準備中です。試験用の電波は飛んでいるのですが、一般ユーザーはまだ使う事ができません。

そのため、ワイホーのルーターも3Gと2Gのみの対応なのですが、人で混雑している場所でも比較的快適な速度を保っていました。

ワイホーのベトナム用ルーターでホーチミン観光を満喫!

ワイホーのWiFiルーターでホーチミン市内でバッチリ接続

ホーチミン市内でバッチリ接続

ワイホーのWiFiルーターを持って、いがモバはホーチミン市内で取材を行いました。

取材中殆どの場所で3Gの通信が可能で両替所のレート比較の調査をしている時にはリアルタイムの為替レートを見ることもでき、大活躍でした。

ホーチミン・ドンコイ通りでレートの良い両替所は?

2016.07.18

ワイホーのWiFiルーターはベトナムの地方でも繋がる!

ベトナムの高原「ダラット」の霊福寺 (リン・フオック寺)でもバッチリ3G接続

ベトナムの高原「ダラット」の霊福寺 (リン・フオック寺)でもバッチリ3G接続

都市部でルーターが繋がるのは当たり前ですが、ベトナムの地方で使った場合はどうなるのでしょうか?

いがモバはベトナムのLCC取材を兼ねて、ベトナムの避暑地として知られる「ダラット」へ日帰り旅行に行ってきました。(この様子は後日記事化する予定です・お楽しみに!)

その際に訪れたチャイマット村にある「霊福寺 (リン・フオック寺)」でもバッチリ3Gで通信できました地方でも電波状況は良さそうです。

ワイホーのベトナム用ルーターの中に「vinaphone」のSIMが

ワイホーのルーターには「vinaphone」のSIMが入っていた

ワイホーのルーターには「vinaphone」のSIMが入っていた

想像していたよりも快適な通信が利用できたワイホーのベトナム用WiFiルーター。

携帯オタクのいがモバとしては、どこの通信会社の回線を使っているのか気になります。

そこで裏蓋を外して電池を外してみると、SIMスロットにはベトナムの通信会社「vinaphone」(ヴィナフォン)のSIMカードが刺さっていました。

ワイホーが利用するベトナムの通信会社「vinaphone」とは?

ベトナムの街中にあるvinaphoneの広告

ベトナムの街中にあるvinaphoneの広告

いがモバが利用したワイホーのベトナム用WiFiルーターが使用していた「vinaphone」(ビナフォン)という通信会社。

「vinaphone」はベトナムの3大携帯キャリア(Viettel、MobiFone、vinaphone)の1つで、「ベトナム郵政通信総公社(VNPTグループ)」の一員です。

ワイホーがベトナム用ルーターに「vinaphone」の回線を利用している事は公にはしていませんが、大手通信会社の回線を利用している事は利用者にとっては安心できるポイントだと思います。

ワイホーのベトナム用ルーターの速度は現地プリペイドSIMと遜色なし

vinaphoneの回線を利用したワイホーは現地プリペイドSIMと同等以上の速度だった

vinaphoneの回線を利用したワイホーは現地プリペイドSIMと同等以上の速度だった

では、ワイホーのベトナム用WiFiルーターの通信速度は、他の現地の通信会社と比べるとどうなのでしょうか?

詳しい速度は明日の「ベトナムのプリペイドSIM比較」の記事で紹介しますが、ワイホーのルーターの通信速度はベトナムでプリペイドSIMを販売している他社の回線とほとんど同じでした。

現地の通信会社と同じ速度を、お手頃な価格で借りられるワイホーのルーターのお得さを改めて実感します。

やるじゃんワイホー!(中身のvinaphoneも・笑)

【7月20日追記】ベトナム各地でプリペイドSIMを契約し、APN設定や通信速度を調査しました。LTE化も近づくベトナムの最新情報を公開しました。

もうすぐLTE!ベトナムのプリペイドSIM情報

2016.07.20

ベトナム旅行でネットするならワイホーのルーターで決まり!

ワイホーのベトナム用ルーターと故ホー・チ・ミン主席の銅像

ワイホーのベトナム用ルーターと故ホー・チ・ミン主席の銅像

4日間で約2000円という激安価格で、想像以上に快適な通信を利用できたワイホーのベトナム用WiFiルーター。

ベトナムはLCC就航で更に身近になり、初めて訪れる人も多くなると思います。ベトナムに行く際は、ぜひワイホーのWiFiルーターも選択肢に入れてみてくださいね!

Wi-Ho!の申し込みはこちらから

いがモバ
ワイホーのベトナム用WiFiルーターは想像以上に快適で、取材やブログ執筆に大活躍しました。料金もお得なのでベトナムに行く際はまたリピートしてみたいと思います。明日はベトナムのプリペイドSIMを紹介する予定です。お楽しみに!

【7月20日追記】ベトナム各地でプリペイドSIMを契約し、APN設定や通信速度を調査しました。LTE化も近づくベトナムの最新情報を公開しました。

もうすぐLTE!ベトナムのプリペイドSIM情報

2016.07.20

【2016年10月18日追記】バニラエアの以遠権区間であるホーチミン~台北線の搭乗レポートを公開。日本人乗務員による質の高いサービスをお得に乗ることができる注目路線です!

日本を感じたホーチミン線!バニラエア以遠権がお得

2016.10.18
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

いがモバ 五十嵐 貴文

LCCジャーナリスト・モバイルブロガー。元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材しています。日経トレンディ・MONOQLO旅行ムックなどLCC特集にも掲載。中部国際空港・セントレアのLCCポータルサイトの監修・執筆も担当しています。