本当にさよなら?Vエア10月運航停止1年間休業へ

10月に全面運航停止するLCC「Vエア」の座席

台湾のLCC「Vエア」が羽田・茨城に続き、全路線で9月末に運航を終了し、10月から1年間休業し今後の対応を検討する事が決定しました。関東ではわずか半年で撤退する事になったVエア。伝説となりそうな「カワイイLCC」の未公開写真を紹介します!

【8月28日追記】台湾の中央通信社の報道によると、Vエアは親会社のトランスアジア航空との労使間交渉が難航し、吸収合併が撤回されるそうです。10月の運航停止後は1年間休業し、その間に今後の対応策が検討されるそうです。その部分を追記しました。

スポンサーリンク

衝撃的だったVエアの運航停止のニュース

Vエアのニュースを伝える東森電視

Vエアのニュースを伝える東森電視

8月4日、「台湾のLCC・Vエアが経営難で羽田・茨城便の運航停止・吸収合併の可能性」という衝撃的なニュースを台湾のメディアが伝えました。

台湾系LCCが経営危機!Vエア羽田茨城が運航停止

2016.08.05

いがモバはちょうどその日に台湾にいたので、現地の報道をとても悲しい気持ちで見ていました。

Vエアが9月末で運航停止・トランスアジア航空に吸収合併

Vエアの運航停止・吸収合併に関する声明文

Vエアの運航停止・吸収合併に関する声明文(HPより)

そしてきのう8月9日、羽田・茨城路線だけでなくVエアの全路線が9月末で運航終了する事が正式に発表されました。

Vエアは10月1日付けで親会社のトランスアジア航空に吸収合併され、完全に営業を終了することになります。

Vエアがこれまで運航していた台北桃園~茨城・羽田・名古屋・大阪・福岡・バンコク(ドンムアン)・チェンマイ・釜山の路線のうち、台北桃園~福岡とチェンマイの路線は親会社のトランスアジア航空に移管され、今後トランスアジア航空の新しい路線として開設される予定です。

【追記】急展開!Vエアのトランスアジア航空への吸収合併は撤回・1年間の休業へ

【8月28日追記】台湾の中央通信社の27日の報道によりますと、Vエアは親会社トランスアジア航空との労使間の交渉が難航したしたため、吸収合併の計画が撤回され、2016年10月から1年間休業する事になりました。

まさかの急展開です。

休業中に今後の対応を検討するそうで、完全に運航停止となるのか、支援先が現れて復活するのか、今後のVエアの展開に注目が集まります。

トランスアジア航空への振り替えや返金で対応

運航停止に関するVエアの問い合わせ先

運航停止に関するVエアの問い合わせ先

Vエアの航空券を既に買っていて今回の運航停止で影響を受ける人は、トランスアジア航空の便への振り替えや払い戻しが行われます。

問い合わせ窓口は以下の通りです。

・カスタマーセンター(日本語対応可)
+886- 2-449-8677
・V Airお問い合わせフォーム:
http://support.flyvair.com/customer/ja/portal/emails/new

【追記】Vエアのラストフライトはチェンマイ発のZV10便

Vエアのラストフライトは9月30日チェンマイ発台北桃園行きのZV10便

Vエアのラストフライトは9月30日チェンマイ発台湾桃園行きのZV10便か

9月30日に運航停止するVエアですが、詳しくスケジュールを調べてみると、一番最後に桃園空港に到着するのはタイのチェンマイ発桃園空港行きのZV10便だという事が分かりました。

Vエアのラストフライト

ZV10便
チェンマイ9月30日午後9時40分発
台湾桃園 10月1日午前2時15分着

Vエアのラストフライトは10月1日の午前2時すぎに到着するので、厳密にいうと10月1日が最終営業日という事になりそうです。 

【追記】チェンマイ発のラストフライトはA320型機か

9月30日チェンマイ発台北桃園行きのZV10便はA320型機を使用か

9月30日チェンマイ発台北桃園行きのZV10便はA320型機を使用か

VエアのラストフライトとなるZV10便の座席配置を見てみると、14・15列目が足元が広い「ファンシーV」になっているので、現段階ではA320型機を使用する見込みです。

【追記】Vエア日本路線のラストフライトは福岡発!

Vエア日本路線のラストは福岡発のZV213便

Vエア日本路線のラストは福岡発のZV213便

また、Vエアの日本路線のラストフライトを調べてみると、福岡発のZV213便だという事が分かりました。

Vエア日本路線のラストフライト

ZV213便
福岡 9月30日午後7時発
台湾桃園 9月30日午後8時15分着

【追記】Vエア日本路線ラストの福岡便はA321型機か

日本路線ラストの福岡発ZV213便はA321型機を使用か

日本路線ラストの福岡発ZV213便はA321型機を使用か

Vエアの日本路線のラストフライトとなる福岡発のZV213便を調べてみると、足元の広い「ファンシーV」の座席が25列目に配置されているので、現段階ではA321型機を使用する見込みです。

チケットはまだ販売中なので、福岡にお住まいのVエアファンの方はぜひチェックしてみてくださいね。

関東地区では就航から半年で撤退・Vエアは伝説のLCCに

Vエアは今年の3月に羽田と茨城に就航したばかり。就航からわずか半年での撤退はあまりにも早く、ある意味「伝説のLCC」となってしまいました。

いがモバは6月に茨城空港からVエアに搭乗していて、その「カワイイ」に特化したサービスに魅了されました。

熊&笑顔のカワイイLCC!Vエア茨城~台北搭乗記

2016.06.27

Vエアに搭乗する機会が無かった人のために、きょうは以前のレポートで紹介しきれなかった未公開写真をたっぷり紹介したいと思います。少しでもVエアのフライトに乗った気分を味わってもらえれば幸いです。

Vエア 茨城~台北桃園 搭乗レポート未公開写真

茨城空港のターミナルビル(6月撮影)

茨城空港のターミナルビル(6月撮影)

6月19日、茨城空港のターミナルビルの真ん中にはVエアの垂れ幕が出ていました。

まさかこの3か月後に撤退する事になるとは思いもしませんでした。。。(涙)

搭乗受付の開始時刻の案内

搭乗受付の開始時刻の案内

茨城発台北行きのVエアZV241便の搭乗受け付けは午前9時40分からでした。

茨城空港のチェックインカウンター

Vエアのチェックインカウンター

Vエアのチェックインカウンターは台北に戻る台湾人と日本人の団体客で賑わっていました。

Vエアの公式アプリで印刷いらず

Vエアの公式アプリで印刷いらず

Vエアは公式のスマホアプリがあるので、それにログインすれば予約書の印刷がいらないので便利です。

Vエアの機内持ち込み手荷物は10キロまで

Vエアの機内持ち込み手荷物は10キロまで

Vエアの機内持ち込み手荷物は10キロまで。LCCの中では比較的緩めでした。

持ち込み手荷物に付けるVエアのタグ

持ち込み手荷物に付けるVエアのタグ

機内持ち込み手荷物にはVベアが描かれたタグが付けられます。

可愛いのでこのタグだけでも欲しいです。

Vエアの機体の後ろに航空自衛隊の百里基地

Vエアの機体の後ろに航空自衛隊の百里基地

桃園空港から茨城空港に着陸したVエアの機体。

機体の後ろに航空自衛隊の百里基地が見えているのが併用空港ならではです。

Vエアの機体Vエアの機体はそのままターミナルビルへ近づきます。

VエアのA320型機

VエアのA320型機

そしてVエアのA320型機は茨城空港に到着。

写真の下には救急隊の姿が。実はこの日は機内で具合が悪くなった人がいたようで、対応に時間がかかっていました。

Vエアのマスコットキャラクター「Vベア」

Vエアのマスコットキャラクター「Vベア」

Vエアの機体に描かれたカワイイ黒いクマ

展望デッキで見ていたVエアの事を知らない日本人は、大人も子どもも「くまモンだ~!」と連呼していましたが、タイワンツキノワグマをモチーフとした公式キャラクターの「Vベア」です(笑)。

茨城空港は飛行機まで歩いて搭乗する

飛行機まで歩いて搭乗する

茨城空港は飛行機まで歩いて向かいます。

普段なかなか駐機場を歩くという事はできないので、個人的に大好きなスタイルです。

Vエアの機内

Vエアの機内

搭乗客で賑わうVエアの機内。日本人と台湾人は半々くらいでした。

Vエアの標準座席「フィットV」

Vエアの標準座席「フィットV」

こちらがVエアの標準座席の「フィットV」。青いシートに清潔感があります。

Vエアの標準座席「フィットV」の座席間隔

Vエアの標準座席「フィットV」の座席間隔

この日の機体はA320型機だったので座席間隔は他のLCCとほぼ同じでしたが、VエアのA321型機の場合はレガシー並みに足元が広いのが魅力でした。

Vエアは最初にスキップしながら挨拶

スキップしながら挨拶

衝撃的だったのが、Vエアの客室乗務員の最初の挨拶。

なんと、手を振り通路をスキップしながら挨拶していくんです。

ちょっと恥ずかしそうなVエアの客室乗務員

ちょっと恥ずかしそう

Vエアの控えめな女性客室乗務員の方は、この挨拶をちょっと恥ずかしそうにしていたのが可愛らしかったです。

笑顔で安全設備の説明を行うVエアの客室乗務員

笑顔で安全設備の説明を行う

そして機内の安全設備の説明に移ります。ここでもVエアの客室乗務員は笑顔

シートベルトの説明を笑顔で行うVエアの客室乗務員

シートベルトの説明も笑顔

Vエアの客室乗務員は楽しそうにシートベルトの使い方を説明していきます。

安全設備の説明の最後まで笑顔で行うVエアの客室乗務員

説明の最後まで笑顔で行う

Vエアの客室乗務員は最後まで笑顔で安全設備の説明を行いました。

笑顔には賛否両論あると思いますが、利用方法を見てもらえないという事が一番まずいので、個人的にはフライトの高揚感も高まっていいのではないかなと感じました。

ユニフォームの背中に「Vベア」

ユニフォームの背中に「Vベア」

黒のTシャツにブルーのジャージ風パンツというVエアの謎のユニフォーム。

スタイルが良くないと着こなせません(笑)。Tシャツの背面にはVベアが大きく描かれています。

Vエアの機内食「排骨飯」(パイコー飯・230台湾ドル)

Vエアの機内食「排骨飯」(パイコー飯・230台湾ドル)

いがモバは機内食に「排骨飯」(パイコー飯)を注文。お値段は230台湾ドル・約730円と少しお高めですが、味は抜群でした。

Vエアの現役客室乗務員が紹介する免税品カタログ

Vエアの現役客室乗務員が紹介する免税品カタログ

免税品のカタログにはVエアの客室乗務員がおすすめの商品を紹介するコーナーも。

みんなスタイル良くてモデルさんのようです。

Vベアが描かれたVエアグッズ

Vベアが描かれたVエアグッズ

そして、大人気のマスコットキャラクターの「Vベア」のグッズも沢山販売していました。

Vエアグッズその2

Vエアグッズその2

紹介ページは3枚目も。

運航停止すると知っていればもっと買っておけばよかったかも。。。

Vベアタンブラー(ドリンク代+270台湾ドル)

Vベアタンブラー(ドリンク代+270台湾ドル)

いがモバはVベアが描かれたタンブラーを購入。

ドリンク代プラス270台湾ドル(約860円)で買えます。

Vベアタンブラーは熱いお湯もOK

Vベアタンブラーは熱いお湯もOK

お茶文化の台湾だけあって、タンブラー本体も100度まで対応していました。

熱めのお湯もオッケーです。

シリコンのキャップを取るとちょっと間抜けに

シリコンのキャップを取るとちょっと間抜けに

頭のシリコンキャップの飲み口をとるとこんな感じに。

ちょっと間抜けなVベアになります(笑)。

このタンブラーは現在いがモバの自宅で大活躍しています。

Vベアが空を飛ぶ

Vベアが空を飛ぶ

マスコットキャラクター「Vベア」を前面に押し出していたVエア。

まさに「空飛ぶクマ」のLCCでした。

桃園空港に到着

桃園空港に到着

こうしてVエアの飛行機は台北桃園空港に到着。

奥にもう一つのVエアの機体がありました。

笑顔で撮影に応じてくれたVエアの客室乗務員

笑顔で撮影に応じてくれたVエアの客室乗務員

飛行機を降りる際に写真撮影をお願いすると、Vエアの客室乗務員は気さくに応じてくれました。

彼女は機内のサービス中も常に笑顔で、素晴らしい接客でした。Vエアの運航停止後もどこかの機内でお会いできたらと思います。

Vエアの非常口座席「ファンシーV」のヘッドレストカバー

非常口座席「ファンシーV」のヘッドレストカバー

マスコットキャラクターの「Vベア」に客室乗務員の楽しそうな笑顔と、ほかのLCCにはない「カワイイ」が凝縮されたVエア。

実際に搭乗してすっかりVエアの魅力の虜になったいがモバは、今後の台湾行きはVエアを積極的に使っていこうと考えていました。

Vエアの全面運航停止は非常に残念ですが、この「カワイイ」に特化するというビジネススタイルは間違っていなかったと思っているので、いつかまた同じ志をもったLCCが登場したらいいなと思っています。

Vエアのチケット購入はまだ間に合う!しかも安い!

Vエアは9月末で運航を終えますが、チケットはまだ公式HPで購入する事ができます。

価格は空港によって違いますが、片道6000円~と買いやすい値段です。

運航停止前にVエアに乗る最後のチャンス。時間が合う方はぜひVエアの「カワイイ」フライトを体験してみてくださいね!

V-Air - V AirV-Air – V Air公式サイト
いがモバ
Vエアの未公開写真はいかがだったでしょうか?他のLCCにはない「カワイイ」が詰まったVエアの運航停止は本当に残念です。Vエアに乗ることができるのはあと1か月半。伝説となりそうな貴重なLCCにぜひ乗ってみてくださいね!
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

いがモバ 五十嵐 貴文

LCCジャーナリスト・モバイルブロガー。元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材しています。日経トレンディ・MONOQLO旅行ムックなどLCC特集にも掲載。中部国際空港・セントレアのLCCポータルサイトの監修・執筆も担当しています。