日本で発売決定!ファーウェイhonor8レビュー

ファーウェイのSIMフリースマホ「榮耀8(honor8)」

話題の「iPhone7」は新色「ジェットブラック」が1番人気ですが、中国のスマホにも魅力的なカラーがあります。ファーウェイの新スマホ「榮耀8(honor8)」には深い青色の「サファイヤブルー」も。見る角度で表情を変える素敵なスマホでした!

【9月14日追記】「honor8」が日本の楽天モバイルと楽天市場のファーウェイ公式モールで9月28日から販売されることが発表されました。キャンペーン価格で技適ありの安心端末をお得に買えます!文末に追記しました。

スポンサーリンク

上海の観光名所「豫園」へ

上海の観光名所の一つ「豫園」

上海の観光名所の一つ「豫園」

セントレア・中部国際空港のLCCポータルサイトの取材で上海にやってきている、いがモバ。

きょうは上海の観光名所の一つ「豫園(よえん)」に立ち寄りました。

「豫園」の中にスマホのお店を発見!

豫園に「honor」のお店を発見

豫園に「honor」のお店を発見

豫園に立ち並ぶお店の中に、明らかに雰囲気の違う目立つお店が。

看板には「榮耀・honor」の文字が。あれ?これはもしかして・・・?

あのファーウェイの「honor」スマホの体験店舗だった

ファーウェイの「榮耀(honor)」シリーズの体験店だった

ファーウェイの「榮耀(honor)」シリーズの体験店だった

「榮耀・honor(オナー)」とはファーウェイが販売しているコスパの良さが特徴のSIMフリースマホのラインナップの一つ。

このお店はファーウェイの「榮耀・honor」シリーズのスマホを体験できる場所だったんです。

「honor」ショップの店内

「honor」ショップの店内

豫園の「honor」ショップの店内は、honorのパッケージにも使われている「水色」でデザイン。

コンパクトながらもおしゃれな作りです。

honorショップイチオシの「榮耀8(honor8)」

7月に発表したばかりの「榮耀8(honor8)」が展示

7月に発表したばかりの「榮耀8(honor8)」が展示

お店の中には、7月に発表・発売されたばかりのファーウェイのSIMフリースマホ「榮耀8(honor8)」が展示されていました。

「榮耀8(honor8)」は日本未発売のモデルで、まだ触ったことが無かったいがモバはテンションMAX!

デュアルカメラは当たり前!高級感のある「榮耀8(honor8)」

ファーウェイ「榮耀8(honor8)」の背面

ファーウェイ「榮耀8(honor8)」の背面(ゴールド)

「榮耀8(honor8)」は5.2インチの絶妙な片手サイズ。背面は艶やかで高級感のある仕上がりです。丸型の指紋センサーもあります。

また、「榮耀8(honor8)」には「honor6Plus」や「HUAWEI P9」でおなじみの「デュアルカメラ」(ダブルレンズカメラ)も搭載しています。(RGB/モノクロの2つの独立センサー・各1200万画素)

iPhoneはiPhone7Plusで初めてデュアルカメラを搭載しましたが、この分野ではファーウェイはパイオニアともいえる存在です。

【追記】「榮耀8(honor8)」のその他の本体写真

「榮耀8(honor8)」の本体右側側面

「榮耀8(honor8)」の本体右側側面

「榮耀8(honor8)」の本体左側側面

「榮耀8(honor8)」の本体左側側面

「榮耀8(honor8)」の本体上部

「榮耀8(honor8)」の本体上部

「榮耀8(honor8)」の本体底部(ピンぼけ)

「榮耀8(honor8)」の本体底部(ピンぼけ)

「榮耀8(honor8)」のカメラは?

「榮耀8(honor8)」のカメラはきれい

「榮耀8(honor8)」のカメラはきれい

「榮耀8(honor8)」のカメラを実際に撮影してみると、見たままの色をそのまま映し出す、そこそこキレイなカメラでした。(P9と比べると一段落ちる印象)

また、せっかく搭載しているデュアルカメラを使いこなすには設定が必要なので、そこはもう少し簡単になっても良いのかなと感じました。

「榮耀8(honor8)」のインカメラはキレイ&盛れる

ファーウェイ「榮耀8(honor8)」のインカメラ

「榮耀8(honor8)」のインカメラ

一方、好印象だったのはインカメラの映りの良さ

センサーが800万画素と高画素なのに加えて、美肌モードが10段階で設定できるので、女性の方に嬉しい「盛れる」機能も搭載しています。

「榮耀8(honor8)」の白色も良いけれど

「榮耀8(honor8)」のパールホワイト

「榮耀8(honor8)」のパールホワイト

こちらは「榮耀8(honor8)」のパールホワイトです。

白も艶やかで凄く素敵なのですが、実はこれよりも素晴らしいと感じた色があったんです!

「榮耀8(honor8)」のサファイヤブルーに惚れた

ファーウェイの「榮耀8(honor8)」のサファイヤブルー

「榮耀8(honor8)」のサファイヤブルー

いがモバが感動したのが、「榮耀8(honor8)」のサファイヤブルー

深みのある青色なのですが、このサファイヤブルーの背面が素晴らしいんです!

この青色がiPhone7に欲しかった!「榮耀8(honor8)」のサファイヤブルー

見る角度で表情を変える美しい「榮耀8(honor8)」のサファイヤブルー

見る角度で表情を変える美しい「榮耀8(honor8)」

こちらが「榮耀8(honor8)」のサファイヤブルーの背面です。

何という事でしょう(笑)、見る角度によって色の表情が変わるんです!

特殊な2.5D加工が施されているのですが、いがモバはこんなに素敵に輝く青色を見たことがありません。まさに宝石のような「サファイヤブルー」です。

男性・女性を問わず、手に取るときっと「美しい」と感じると思います。

個人的にはiPhone7にはこの「榮耀8(honor8)」のサファイヤブルーのような色が欲しかったんだよな~と、サイズ感が同じなだけにより強く感じました(笑)。

良スマホを連発しているファーウェイ

P9に続く良スマホの予感の「榮耀8(honor8)」

P9に続く良スマホの予感の「榮耀8(honor8)」

「HUAWEI P9」「P9 Lite」と良スマホを連発し、最近日本でも存在感が高まってきているファーウェイのSIMフリースマホ。

今回の「榮耀8(honor8)」も手に取ると、サクサク動くだけでなくその質感の良さに心が動かされる良スマホでした。

このサファイヤブルーの美しさは日本の方にもぜひ体感してもらいたいと思います。

【9月14日追記】日本の楽天モバイル&楽天市場限定で「honor8」の販売決定!

楽天モバイルでhonor8の販売決定

楽天モバイルでhonor8の販売決定(HPより)

【9月14日追記】日本でも「楽天モバイル」から「honor8」が販売されることが決定しました!(色はミッドナイトブラック除く)。

9月21日から予約を受け付け(MNP契約については9月25日から)、9月28日以降に発送・店頭販売が行われます。

販売価格は42800円(税抜)と中国での販売価格(2699元・41800円)に近く、事前予約した場合はなんと35800円で購入できます。中国で買うよりお得です。

技適マークありで日本で堂々と使える事を考えると、「honor8」に興味のある方は日本版をゲットしたほうがいいかもしれませんね。

「honor8」の予約はこちらから(9月21日~)

また、楽天市場のファーウェイ公式ストア「Vモール」でも「honor8」が9月21日から予約開始されます。こちらも9月28日以降の出荷・販売になります。

ファーウェイ・オンラインストア

ファーウェイ「榮耀8 (honor8)」スペックまとめ

品名 ファーウェイ
「榮耀8 (honor8)」
OS Android6.0
Emotion UI 4.1
CPU HiSilicon Kirin 950
8コア
(4×2.3 GHz Cortex-A72
4×1.8 GHz Cortex A53)
GPU Mali-T880 MP4
メモリ
(RAM)
3GB/4GB
※日本版は4GB
容量 32/64 GB
※日本版は32GB
(microSDスロットあり
SIM2兼用)
画面 5.2インチ液晶
(1920×1080)
423ppi
カメラ メイン:デュアル1200万画素
F値2.2
フロント:800万画素
F値2.4
電池 3000mAh(内蔵型)
その他 GPS
NFC
Wi-Fi a/b/g/n/ac準拠
(2.4/5.0GHz)
Bluetooth v4.2 with BLE
指紋認証センサー
USB-TypeC
急速充電
赤外線リモコン対応
ジャイロセンサー
SIM nanoSIM×1
microSIM×1
通信 (日本版)
FDD-LTE

B1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20
(CA DL cat6
 B1+B19/B3+B19/B1+B8)
TDD-LTE
B38/B40
WCDMA
B1/B2/B4/B5/B6/B8/B19
GSM
850/900/1800/1900MHz

(中国版)
FDD-LTE

B1/B3/B4/B7
TDD-LTE
B38/B39/B40/B41
TD-SCDMA
B34/B39
WCDMA
B1/B2/B4/B5/B8
CDMA2000/1X
BC0
GSM
850/900/1800/1900MHz

寸法 145.5×71.0×7.45ミリ
(高さ×幅×厚さ)
重さ 約153g
本体色 パールホワイト
ミッドナイトブラック(日本未発売)
サファイヤブルー
サンライズゴールド
価格 【日本版】
42800円(税抜)
35800円(税抜)※
(※楽天モバイル・事前予約価格)【移动/联通版・3GB+32GB】
1999元
【全网通版・4GB+32GB】
2299元
【全网通版・4GB+64GB】
2699元

honor8の並行輸入品がamazonでも販売中!

by カエレバ
いがモバ
あまり注目していなかったファーウェイの「榮耀8 (honor8)」。実機は驚くほど質感が高く、サファイヤブルーの輝きに感動してしまいました。【9月14日追記】日本での発売も決定しました!ぜひサファイヤブルーの輝きを実際に手に取って見てくださいね!

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

LCC STYLE編集長・メディアディレクター 五十嵐 貴文

元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材。日本初LCC専門ポータルサイト「LCC STYLE」編集長、ANA動画ニュース「ANA TV」監修、中部国際空港LCCポータルサイト監修。雑誌「MONOQLO」・NHKラジオなどマスメディアにも出演。書籍「LCCスタイル」(ゴマブックス社)はamazon旅行ガイド部門で1位を記録(2017年4月21日付)。