即開通で便利!初の実店舗UQスポット上野体験レポ

2016年9月21日にオープンしたUQスポット上野

きょう9月21日、UQコミュニケーションズが初の実店舗「UQスポット」を上野と心斎橋にオープン。いがモバは開店と同時に第一号のお客としてUQモバイルの格安SIMを契約。手続き含め約30分で即開通し、リアル店舗の便利さを再確認しました!

スポンサーリンク

何かと縁のある東京の玄関口・上野へ

ヨドバシカメラ・京成上野駅・上野駅がある上野中央通り

上野中央通り

9月21日、いがモバは東京・台東区の上野中央通りにやってきました。

上野はヨドバシカメラで買い物したり、スカイライナーで成田空港に行ったりと、いがモバにとって何かと縁のある街です。

UQ初の実店舗「UQスポット」が上野にオープン!

オープン直前の「UQスポット上野」の様子

オープン直前の「UQスポット上野」の様子

この日はUQコミュニケーションズの初の実店舗「UQスポット」が東京・上野と大阪・心斎橋にオープンする記念すべき日。

午前11時のオープン直前、「UQスポット上野」のお店の前では関係者とキャンペーンガールがあわただしく準備を進めていました。

いがモバがUQスポット上野の第一号客に!

「UQスポット上野」の店内

「UQスポット上野」の店内

午前11時のオープンと同時にいがモバは店内へ。平日という事もあって、図らずもいがモバが第一号のお客さんになってしまいました(笑)。

「UQスポット上野」の店内にはUQコミュニケーションズの「UQ WiMAX」と「UQモバイル」の端末のほか、auのiPhone7などのスマホも販売していました。

UQスポット上野ではアクセサリー類も販売

アクセサリー類も販売

「UQスポット上野」の店内にはスマホのアクセサリー類も販売していました。シンプルながらオシャレな品ぞろえです。

UQモバイルの格安スマホの実機の展示も・ぜひUQモバイルのSIMを中に!

UQモバイルが販売する格安スマホの実機の一部も展示

UQモバイルが販売する格安スマホの実機の一部も展示

また、店内には「UQモバイル」が販売する格安スマホの実機の展示もありました。

展示機種は台湾ASUSの「Zenfone Go」富士通の「arrows M03」のみでしたが、実際に機械を触る事で安心して購入できるので、これは凄く良いと思いました。

ただ、少し残念な事に「UQ WiMAX」のルーターは実機展示が無かったのと、UQモバイルの格安スマホの実機にSIMが入っておらず、WiFi接続でUQモバイルの格安SIMの回線スピードが試せなかったので、今後対応するともっと良くなると思いました。

UQスポット上野店の第一号の客としてSIMカードを契約してみた

UQモバイルの店頭契約前の確認事項

契約前の確認事項

いがモバはUQモバイルのSIMをまだ持っていなかったので、きょうは絶好のチャンス。UQスポット上野店の第一号の客としてUQモバイルの格安SIMの契約を店頭でする事にしました。

契約前には注意事項の説明があります。▼20歳未満・法人名義は契約不可▼90日以内に同一名義で契約できる回線数は2回線まで、といったことが説明されます。

チェックマークを入れてサインをしたら次へ。

UQモバイルの契約申し込み書はこのようになっている

UQスポットのUQモバイルの契約申込書

UQモバイルの契約申込書

こちらがUQモバイルの契約申込書です。普通の携帯キャリアと同じように名前・住所・クレジットカード番号などを記入していきます。

「UQスポット上野」では即日開通・MNPに対応しているので、MNPで乗り換えする場合は予約番号を記入します。

必要事項を記入し免許書などの本人確認書類の照会が終わると、すぐに端末で加入審査が行われます。

「UQスポット上野」では店頭で事務手数料を支払う

店頭でSIMパッケージ代金の税抜3000円を払う

店頭でSIMパッケージ代金の税抜3000円を払う

審査自体はすぐに完了。「UQスポット上野」ではUQモバイルの事務手数料(SIMパッケージ代金)として税抜3000円を店頭で支払います。

楽天モバイルの実店舗などでは事務手数料を初月に合算するところもありますが、UQスポットではその場で支払いなので注意してくださいね。

その場ですぐSIMカードに番号書き込み!即開通が実店舗の良い所

加入審査とSIMカードの書き込みがすぐに終了

加入審査とSIMカードの書き込みがすぐに終了

加入審査・SIMカードの代金を支払うと、すぐにその場でSIMカードに番号が書き込まれます。(MNPの場合も引き継いだ番号が書き込まれる)

書き込み自体はすぐに終わるので、最初の説明開始から30分もかからずにSIMカードが貰えました。

欲しいと思った日にすぐに手に入る、このスピード感が即日開通に対応した実店舗の良さですね。

スマホ初心者には難しいAPN設定も無料でおまかせ!

UQスポット上野ではAPN設定も無料でやってくれる

UQスポット上野ではAPN設定も無料でやってくれる

「UQスポット上野」ではSIMカードの開通後にモバイルデータ通信をするためのAPN設定も無料でやってくれます。

格安スマホが初めての人にとってはAPN設定が一番最初に難しく感じてしまうポイントなので、この部分をお任せできるのは凄く良いと思います。

わずか30分でUQモバイルの格安スマホが完成!

無事に開通&APN設定が完了

無事に開通&APN設定が完了

こうしてSIMカードの契約申し込み・開通作業・APN設定は入店からわずか30分で終了。

「UQスポット上野」の一番最初のお客だったという事もありますが、このスピードで格安SIM・格安スマホを手に入れられるのは凄く便利です。

気になるUQモバイルの通信速度は?

9月21日水曜日に上野で計測したUQモバイルの速度テストの結果

上野で計測したUQモバイルの速度

格安SIMで気になるのが実際の通信速度ですよね。

UQモバイルのSIMカードの開通後にスピードテストを行ったところ、平日の午前11時半すぎで下り(ダウンロード)が約7Mbps、上りが約14Mbpsでした。

UQモバイルのデビュー当時に比べると速度は下がりましたが、格安SIMの中では比較的良好な結果と言えると思います。

「UQスポット上野」の前身はテルルモバイル上野店だった!

前身は「テルルモバイル上野店」だった

前身は「テルルモバイル上野店」だった

最後に領収書の控えが渡されます。発行者の欄をみると、そこにはなんと「テルルモバイル上野店」の文字が!!

都内の携帯好きの人は気付いていたかもしれませんが、この場所には元々携帯販売店の「テルルモバイル上野店」がありました。

店員さんに聞くと先月までテルルとして営業していて、営業形態を変えて「UQスポット上野」に生まれ変わったそうです。(店員さんも一部そのまま在籍)

「一括0円スマホ」が盛んだった時にいがモバも「テルルモバイル上野店」利用したことがあるのですが、だんだんと時代に合わせてこのように姿を変えていくのかもしれませんね。

「UQスポット上野」の隣にワイモバイル!格安サブブランド戦争の時代か

UQスポット上野の近くにワイモバイルショップがある

すぐ近くにワイモバイルショップがある

実は「UQスポット上野」のすぐ隣にはワイモバイルの店舗があります。

ワイモバイルは格安な料金のソフトバンクのサブブランドですが、auの格安サブブランドに位置付けられるUQモバイルの実店舗がすぐそばにオープンしたのは凄く興味深い現象だと思います。

総務省の規制により「一括0円&CB」が難しくなった今、携帯業界はこういった格安サブブランドやMVNOに主役が移っていくのかもしれませんね。

やっぱり実店舗は便利&安心!格安スマホデビューはリアル店舗も活用を

UQスポット上野で実店舗の便利さを再確認

実店舗の便利さを再確認

「UQスポット上野」で久しぶりに格安SIMを店頭で契約しましたが、分からない点をすぐ聞けたり難しい設定を全部お任せできるのは店員さんがいるからこそ。その便利さと安心感を再確認する事ができました。

きょうオープンした上野や心斎橋の他にも今後UQスポットが拡大していくそうなので、今後ますますUQのお得な通信サービスが身近になりそうですね。

最近ではmineo(マイネオ)が名古屋にリアル店舗を出すなど、2016年の後半以降も益々盛り上がる格安SIM・スマホ市場から目が離せません!

大須にマイネオの実店舗が!mineo名古屋訪問記

2016.09.18


UQスポット上野
住所:東京都台東区上野4-8-7 プラザU 1階
営業時間:午前11時~午後8時
年中無休

<サービス内容>
・UQ mobileの新規/MNP契約(SIM単体・端末セット)
※即日開通対応
・UQ WiMAXの新規契約
・auの新規・機種変更・auでんき契約など
・アクセサリー類販売

UQモバイルのメリットはキャリアメール!サービス内容とUQWiMAXについてはこちら

実質0円&キャリアメール!UQモバイルを選ぶ理由

2016.02.20

固定代わりにWiMAX!ギガ放題の規制後の速度は

2016.04.13

UQmobileのHPはこちらから

いがモバ
UQスポット上野は上野駅・京成上野駅・上野広小路駅のすべてから近く、アクセスも便利なので、ぜひお近くに来た際は足を運んでみてくださいね!SIMカードの即日開通・即日MNPにも対応しているので、とても便利です!
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

いがモバ 五十嵐 貴文

LCCジャーナリスト・メディアディレクター。元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材。大手企業の動画コンテンツなどメディアのディレクション業務も行っています。日経トレンディ・MONOQLO旅行ムックなどLCC特集にも掲載。中部国際空港・セントレアのLCCポータルサイトの監修・執筆も担当しています。