ロボ電話&ドコモ冬モデル!シーテック2015前編

シーテックジャパンのシャープブースでロボホンを手にするモデル

アジア最大級のIT・エレクトロニクスの展示会 「CEATEC JAPAN」(シーテック・ジャパン)。2015年も今日から千葉県の幕張メッセで一般公開されています。いがモバも早速現地で取材してきました。話題の「ロボット電話」やドコモの冬モデルも発見しました!

【2016年10月4日追記】2016年のシーテックジャパンが始まりました。今年も注目の新製品・新技術が満載です!

近未来スマホの予感!シーテック2016レポート

2016.10.04
スポンサーリンク

「CEATEC JAPAN 2015」へ行ってみた

シーテックジャパン2015の会場東京駅からJR京葉線で約30分。千葉県の幕張メッセでアジア最大級のIT・エレクトロニクスの展示会「CEATEC JAPAN 2015」が開催されています。いがモバも早速現地へ行ってみました。事前にHPで登録すれば無料で入場できます。

CEATEC JAPAN 2015 ( シーテック ジャパン 公式サイト )CEATEC JAPAN 2015 ( シーテック ジャパン 公式サイト )

日本進出10周年のファーウェイ

シーテックジャパン2015のファーウェイブースファーウェイ・ジャパンとして日本に進出して今年で10周年。赤が基調のファーウェイのブースは会場でも一際目を惹きます。

シーテックジャパン2015のファーウェイブースで展示されていたG8ファーウェイのブースでは「P8 lite」など既に日本でSIMフリースマホとして発売されている機種の他にも、世界で販売している「HUAWEI G8」や「HUAWEI Mate S」なども展示されていました。

G8は液晶の縁がiPhoneのように湾曲していて、美しいデザインです。日本でも発売されれば人気が出そうです。

シーテックジャパン2015のファーウェイブースで保温マグをプレゼントアンケートに答えると、なんと魔法瓶をプレゼントでもらえました。ラッキー。10周年だけあってファーウェイも気合が入っているのかもしれませんね。

シーテックジャパン2015のファーウェイブースのHuawei Watchを身に付けるモデル綺麗なモデルさんが手にしているのは、一見普通の時計に見えますが、、、先日発表したばかりの「Huawei Watch」(ファーウェイ・ウォッチ)です。

シーテックジャパン2015のファーウェイブースのHuawei Watch「Huawei Watch」はGoogle Android Wearを搭載したスマートウォッチで、スマホと連携して様々な通知や案内を受け取ることが出来ます。心拍センサーなど各種センサーも内蔵しているので、健康管理も出来る時計になっています。日本では10月16日(金)から税別45,800円から81,800円で販売されます。

Japan 10 years HuaweiJapan 10 years Huawei

シャープは衝撃のロボット電話「ロボホン」を展示!

シーテックジャパン2015のシャープのブースのロボット電話のロボホンシャープのブースでお姉さんが手にしているのは、モバイル型ロボット電話の「RoBoHoN」(ロボホン)です。これはギャグではなく、真剣に来年の販売を目指している商品だという事です。

LTEなどの通信機能が内蔵されていて、背中の液晶画面を直接操作すれば普通に電話やネットが出来ます。しかもカメラとプロジェクターを内蔵し、撮影した写真やネット上の映像を机や壁に映し出す事も出来ます。

人とのコミュニケーションは音声でスムーズに行われていて、これはシャープのスマホに搭載されている音声認識コミュニケーションソフトの「エモパー」で培った技術が活かされているそうです。

ココロ、動く電話。RoBoHoN(ロボホン)公式サイト/シャープココロ、動く電話。RoBoHoN(ロボホン)公式サイト/シャープ

 

シーテックジャパン2015のシャープブースで展示されているドコモの新スマホSH-01HブースではひっそりとNTTドコモの新型スマホ「AQUOS ZETA SH-01H」の展示もありました。

シーテックジャパン2015のシャープブースで展示されているドコモの新スマホSH-01HのハイスピードIGZO

画面右側が「ハイスピードIGZO」。残像がない。

SH-01Hの新機能でびっくりしたのが、液晶の「ハイスピードIGZO」です。

最大120Hzで液晶が動くので、映像の残像が残らず、ヌルヌルと操作することができます。スマホの画面が全く新しい感覚になっているので、さすが液晶のシャープといった所です。解像度だけではなく、この液晶「スピード」の競争も今後広がりそうです。

新型スマホに注力!富士通のブース

シーテックジャパン2015の東芝ブースで展示されている新型スマホ富士通ブースでは新型スマホの展示に力が入っていました。

シーテックジャパン2015の東芝ブースで展示されているドコモの冬春モデルのF-02HスマホNTTドコモの新型スマホの「arrows NX F-02H」。5.4インチの大画面液晶ながら厚さが最薄で7.9ミリと薄く、サクサク動くのが好印象でした。

arrows NX F-02H - スマートフォン - FMWORLD.NET(個人) : 富士通arrows NX F-02H – スマートフォン – FMWORLD.NET(個人) : 富士通

 

シーテックジャパン2015の富士通ブースで展示されている新型SIMフリースマホのM02いがモバが富士通ブースで注目したのはこれ。SIMフリースマホの「arrows M02」です。

5インチHD液晶、1.2GHzクアッドコア、2Gメモリと標準的なスペックですが、お財布ケータイ対応や米国のMIL規格の防水性やタフネス機能を兼ね備えています。

シーテックジャパン2015の富士通ブースで展示されている新型SIMフリースマホのM02しかも、なんとメイドインジャパンなんです!

SIMフリーのスマホの殆どが中国製だという事を考えると、この「日本製」の安心感は大きいかもしれません。動きもサクサクして心地良い仕上がりでした。

今月下旬から販売開始予定で、格安SIM(MVNO)の会社経由でも購入する事が出来ます。価格も既に発表しているnifmoでは税抜きで33,334円と、SIMフリースマホの激戦区となっている「3万円スマホ」に日本メーカーも本格参入で、面白くなりそうですね。

arrows M02 - スマートフォン - FMWORLD.NET(個人) : 富士通arrows M02 – スマートフォン – FMWORLD.NET(個人) : 富士通

 

 

いがモバ
久しぶりに訪れたシーテックジャパン。スマホ関連ではSIMフリーの端末を扱うファーウェイの勢いを感じました。ドコモの冬モデルも進化が良く分かる快適さでした。明日はブースを回って面白いと感じた数々の商品を紹介します。お楽しみに!

【2016年10月4日追記】2016年のシーテックジャパンが始まりました。今年も注目の新製品・新技術が満載です!

近未来スマホの予感!シーテック2016レポート

2016.10.04
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

いがモバ 五十嵐 貴文

LCCジャーナリスト・モバイルブロガー。元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材しています。日経トレンディ・MONOQLO旅行ムックなどLCC特集にも掲載。中部国際空港・セントレアのLCCポータルサイトの監修・執筆も担当しています。