新フリーテル!SNS無料・大容量プラン・DSDS

RAIJINもDSDS対応・税抜29800円・12月発売予定

10月6日、SIMフリーキャリア「フリーテル」が発表会を開催。50GBまでの大容量プランや、ツイッター・インスタグラムなどSNSのパケット無料化、大容量電池&DSDS対応の新スマホが登場。生配信された発表会の様子を速報レポートで紹介します!【文章を加筆しました】

スポンサーリンク

 「FREETEL World 2016 Fall/Winter」中継レポート

「FREETEL World 2016 Fall/Winter」の配信映像

「FREETEL World 2016 Fall/Winter」の配信映像

10月6日、SIMフリーキャリア「フリーテル」(FREETEL)が新サービス・新プランの発表会「FREETEL World 2016 Fall/Winter」を開催しました。

午後1時半から行われた発表会はUSTREAMで生中継され、世界中から見ることができるようになっていました。

プラスワン・マーケティングの増田薫CEOが登場

プラスワン・マーケティングの増田薫CEOが登壇

発表会には「フリーテル」ブランドを運営するプラスワン・マーケティング株式会社の増田薫(ますだ・かおる)CEOが登壇。

マッスーの愛称で親しまれる増田CEOが少し緊張した面持ちでプレゼンテーションを行いました。

SIM・端末・サービス・パッケージプランを発表

SIM・端末・サービス・パッケージプランを発表

「FREETEL World 2016 Fall/Winter」では、プラン・通話オプション・スマホ・パッケージプランについての新たな発表がありました。

FREETEL SIMの初期費用が299円に!

FREETEL SIMの初期費用299円パック

FREETEL SIMの初期費用299円パック

まず最初のトピックスはSIMカードの発行手数料を安くしたパッケージの販売です。

格安SIMの多くの会社はSIMカードの発行手数料として最初に税抜3000円程度の初期費用がかかります。

そこに着目したフリーテルは、その初期費用を税抜299円に値下げしたパッケージを10月18日から販売します。(※for iPhoneも同日発売)

299円パックはウェブで手続き・後日配送

299円パックはウェブで手続き・後日配送

この「299円パッケージ」は購入後にウェブで契約の申し込みを行います。

申し込み後に後日SIMカードが送られてきて、自分でSIMカードを入れて設定して使い始める形になっています。

これまでのSIMカードが同梱された3000円程度で販売されるパッケージは従来通り併売されます。こちらは即日開通が可能なので、時間がない方は従来からのパッケージを買った方が便利です。

パケット繰り越し・追加チャージが可能に

定額プランのパケット繰り越し・追加チャージが可能に(0.5GB・500円)

定額プランのパケット繰り越し・追加チャージが可能に(0.5GB・500円)

また、フリーテルSIMの定額プランの弱点だった「余ったパケット通信量の繰り越し」と「パケット量の追加チャージ」が11月1日から可能になります。

追加パケットの料金は500MB(0.5GB)で税抜500円です。

FREETEL SIMに待望の大容量プランが新登場

50GBまでの大容量プランを新設(使った分だけ~は20GBが上限に)

50GBまでの大容量プランを新設(使った分だけ~は20GBが上限に)

そして、多くの人が待望していた10GB超の大容量プランが11月1日から追加されます。

299円スタートの「つかった分だけ安心プラン」はこれまでの上限10GBから20GBが上限となります。

また、月の高速通信量をあらかじめ決めておく「定額プラン」に15GB・20GB・30GB・40GB・50GBが追加されます。ここまで大容量であれば固定回線の代替になるので、通信回線を1つにまとめる事もできますね。

インスタグラムなど4つのSNSアプリもパケット無料の対象に!

フリーテルSIMがTwitter・フェイスブック・メッセンジャー・インスタグラムも通信無料の対象に

フリーテルSIMがツイッター・フェイスブック・メッセンジャー・インスタグラムも通信無料の対象に

さらに、12月からFREETEL SIMのパケット通信の無料の対象がTwitterなどのSNS関連のアプリにも拡大します。

追加された4つのアプリは月3GBの定額プランが対象に

追加されたアプリは月3GBの定額プランが対象に(インスタは5GB~)

具体的には、FREETEL SIMの定額プランの月3GB以上のプランでTwitter・Facebook・Facebook Messangerのパケット通信が無料に。

FREETEL SIMの月5GB以上のプランでInstagramのパケット通信が無料になります。

新しいフリーテルSIMの料金表

新しいフリーテルSIMの料金表

こちらが11月から新たに加わる大容量プランを含めたFREETEL SIMの料金表です。

これを見ると、Twitter・Facebook・Facebook Messangerのパケット通信が無料になる月3GBのプランはSMSなしのデータプランが月額税抜900円、Instagramのパケット通信が無料になる月5GBのプランはSMS無しのデータプランが税抜1520円になります。

やはりデータ量の多いInstagramが無料になる5GBのプランは一気に高くなるので、SMSなしデータプランの900円のプランでTwitterやFacebookを使い倒すというのが一番賢いかもしれませんね。

追加アプリのパケット無料は12月から開始予定

追加アプリのパケット無料は12月から開始予定

大容量プランの追加・パケット繰り越し・チャージは11月1日から。

SNS関連4アプリのパケット無料化は12月からを予定しています。

電話かけ放題アプリが他社ユーザーでも利用可能に

フリーテルでんわが他社ユーザーも利用可能に・10分カケホも新登場

フリーテルでんわが他社ユーザーも利用可能に・10分カケホも新登場

また、これまでFREETEL SIM契約者対象のオプションだった一定時間までの通話がかけ放題になるオプションが、11月下旬から他社ユーザーにも開放され「だれでもカケホ」という名称になります。

1分カケホは月額299円(税抜)に値下げされ、月額1499円(税抜)の10分カケホが新設されます。これはワイモバイルを強く意識したオプションだと思います。

10コア・DSDS対応の「極2」(KIWAMI 2)が12月発売へ!

10コア・DSDS対応の新端末「極 KIWAMI 2」

10コア・DSDS対応の新端末「極 KIWAMI 2」

発表会ではFREETELの2つの新しいSIMフリースマホが発表されました。

1つ目は「極 KIWAMI」の後継機種となるフラッグシップ機の「極 KIWAMI 2」。12月に発売予定です。

10コアのHelio X20を搭載し、容量64GB・メモリ4GB、フルメタルボディ、4G+3Gの同時待ち受け(DSDS)に対応していて、価格は税抜49800円です。

端末の新シリーズ「雷神」(RAIJIN)がデビュー!

端末の新シリーズ「雷神 RAIJIN」

端末の新シリーズ「雷神 RAIJIN」

そして2つ目はFREETELの新シリーズの「雷神 RAIJIN」です。

RAIJINは5000mAhの業界最大級の電池を内蔵

RAIJINは5000mAhの業界最大級の電池を内蔵

「雷神 RAIJIN」は業界最大級となる5000mAhの大容量電池を内蔵しているのが最大の特徴です。

雷神(RAIJIN)は大容量電池搭載でも厚さ8.65mm・183グラムに収めた

大容量電池搭載でも厚さ8.65mm・183グラムに収めた

大容量電池を内蔵したスマホは分厚く重くなりがちですが、「雷神 RAIJIN」は厚さ8.65ミリ、183グラムに収まっています。

RAIJINもDSDS対応・税抜29800円・12月発売予定

RAIJINもDSDS対応・税抜29800円・12月発売予定

「雷神 RAIJIN」は大容量電池のほかに、8コアCPU、64GBROM・4GBメモリ、4G+3G同時待ち受け(DSDS)対応で、価格は税抜29800円。12月に発売予定です。

個人的にはこちらの「雷神 RAIJIN」のコストパフォーマンスが良いので、いい意味でのFREETELらしさが出たこの冬注目のスマホだと思います。

RAIJINの実機を持つ増田CEO

RAIJINの実機を持つ増田CEO

発表会の途中、増田CEOが雷神 RAIJINの実機を紹介。

スペック通りで分厚さはなく、最初からandroid7.0搭載でサクサク動くとのこと。これは期待が持てそうです。(極2は後日7.0にアップデート予定。)

半年ごとに機種変更が可能に!「かえホーダイ」

かえホーダイの発表

かえホーダイの発表

発表会の最後には、これまでの「0円スタートプラン」を発展させた「いつでもスマホ かえホーダイ」が紹介されました。

半年ごとにフリーテルの新しいスマホに機種変更が可能(旧機種の返却で割賦残債がなくなる)

半年ごとにフリーテルの新しいスマホに機種変更が可能(旧機種の返却で割賦残債がなくなる)

「かえホーダイ」は端末代と通信料がコミコミになった月額料金を支払うことで、半年経過後に端末を返却すると次の機種に機種変更が可能という新しいサービスです。

フリーテルのかえホーダイの機種ごとの月額料金

かえホーダイの機種ごとの月額料金

「かえホーダイ」は機種ごとに毎月の料金が決まっています。

今日発表された「雷神 RAIJIN」「極 KIWAMI 2」も「かえホーダイ」の対象機種で、端末代金・月1GB分の高速通信・15分間の無料通話がコミコミの「XSプラン」の場合、「雷神 RAIJIN」の月額料金は税抜2990円とかなりお得です。

かえホーダイは既に公式オンラインショップで提供中

かえホーダイは公式オンラインショップで提供中

かえホーダイは公式オンラインショップで提供中

今回の新たに始まった「かえホーダイ」のサービス。公式オンラインショップの「FREETEL eSHOP」できょうからすでに提供が始まっています。

「FREETEL eSHOP」は送料無料なのはもちろん、午前11時までに申し込みが終われば当日に発送するというスピードが売りです。

「かえホーダイ」プランでスマホ本体も同時購入した場合はSIMが中に既に入っている状態で発送されるので、慣れないAPN設定をする手間もかかりません。MNP時の回線の切り替えも自宅で行えるようになり、本人確認書類を配送ドライバーが行う便利なオプションもあります。

待ち時間0分で24時間申し込める気軽さもあって、2人に1人は公式オンラインショップで購入しているそうです。自宅で全てが完結する新しい時代の格安SIM・格安スマホの買い方を試してみて下さいね。

公式オンラインショップFREETEL eSHOPへ

いがモバ
大容量プラン&SNS無料&DSDS対応SImフリースマホとユーザーの求めるものが詰まっていたフリーテルの新サービス&新端末。今年の冬はフリーテルの人気がますます高まりそうです!
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

LCC STYLE編集長・メディアディレクター 五十嵐 貴文

元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材。日本初LCC専門ポータルサイト「LCC STYLE」編集長、ANA動画ニュース「ANA TV」監修、中部国際空港LCCポータルサイト監修。雑誌「MONOQLO」・NHKラジオなどマスメディアにも出演。書籍「LCCスタイル」(ゴマブックス社)はamazon旅行ガイド部門で1位を記録(2017年4月21日付)。