黒沢清監督が人生初の手形!釜山国際映画祭2016

第21回釜山国際映画祭(BIFF2016)で人生初の手形を残した黒沢清監督

韓国・釜山で「第21回釜山国際映画祭」(BIFF2016)が開幕。台風18号の影響で海雲台ビーチの特設会場が被害を受け、一部イベントは「映画の殿堂」に会場を変更。8日には日本の映画監督・黒沢清さんが登場し、人生初となる「手形」を残しました!

スポンサーリンク

釜山国際映画祭の開幕直前に台風!海雲台ビーチの特設会場が被害に

台風18号の被害で海雲台ビーチの「BIFFビレッジ」会場は中止に

台風18号の被害で海雲台ビーチの「BIFFビレッジ」会場は中止に

LCC「エアプサン」に乗って韓国・釜山にやってきたいがモバ。

釜山ではちょうど10月6日~15日までの期間中、アジア有数の映画祭「第21回釜山国際映画祭」(BIFF2016)が開催中です。ただ、今年は開幕直前に台風18号が接近し、海雲台ビーチの特設会場「BIFFビレッジ」が高波により被害を受けてしまいました。

本来であればこのビーチの特設会場で様々なイベントが行われるのですが、今年はセンタムシティにあるメイン会場の「映画の殿堂」に集約されることになりました。

釜山国際映画祭のメイン会場「映画の殿堂」

釜山国際映画祭のメイン会場「映画の殿堂」

釜山国際映画祭のメイン会場「映画の殿堂」

こちらが「釜山国際映画祭」(BIFF)のメイン会場となる「映画の殿堂」(釜山シネマセンター)です。

釜山地下鉄2号線の「センタムシティ」駅から北へ徒歩約10分。世界最大の売り場面積を誇る新世界百貨店の北側に隣接しています。

上映映画の当日券も購入可能

上映映画の当日券も購入可能

会場はすっかり本番モード。釜山国際映画祭で上映される映画のチケットもここで購入できます。

4000人収容可能な野外ステージ

4000人収容可能な野外ステージ

「映画の殿堂」(釜山シネマセンター)には約4000人収容可能な野外ステージ(屋根あり)があります。

イベント開催時以外は自由に見学する事ができます。

レッドカーペットの上を歩ける

レッドカーペットの上を歩ける

こちらは芸能人などが入場するレッドカーペット。

こちらもイベント時以外は自由に歩けるので、ちょっとした芸能人気分も味わえます(笑)。

映画のチケットが無くてもOK!「釜山国際映画祭」のオリジナルグッズが買える

「映画の殿堂」の中のBIFFグッズショップ

「映画の殿堂」の中のBIFFグッズショップ

「映画の殿堂」の中には映画祭のグッズを販売するショップもあります。

映画のチケットを持っていなくても自由に入る事ができます。

2016年のBIFFグッズが販売中

2016年のBIFFグッズが販売中

トートバックやブランケット、ポストカードなど2016年の釜山国際映画祭の限定グッズが販売されています。

バッジが一番売れていた

バッジが一番売れていた

一番売れていたのがこちらのBIFF2016オリジナルバッジ。

レッドカーペットの上を歩く人の姿が描かれています。ちょっとカワイイ。

台風被害を受けたBIFFへ寄せられた支援のメッセージを展示

台風被害を受けたBIFFへ寄せられた支援のメッセージを展示

映画の殿堂の中には、台風被害で開催が危ぶまれた釜山国際映画祭へ世界中から寄せられたメッセージが展示されていました。

日本では釜山の被害はあまり大きく報道されませんでしたが、こうして集まった温かいメッセージは運営側の大きな力に繋がったと思います。

映画の俳優・監督に目の前で会える!

映画「The Table」の公開イベント

映画「The Table」の公開イベント

「映画の殿堂」では映画祭の開催期間中、様々なイベントが行われます。

こちらは韓国の映画「The Table」(ワールドプレミア)の公開イベント。

「The Table」のキム監督(右)と女優のハンさんが登壇

「The Table」のキム監督(右)と女優のハンさん(左)が登壇

会場には「The Table」の監督のキムさんと女優のハンさんが登壇。

映画にかける思いなどをインタビューで答えていました。

最後に観客と一緒に記念撮影も

最後に観客と一緒に記念撮影も

イベントの最後には観客と一緒に記念撮影も。

ちなみに一連の公開イベントは映画のチケットが無くても自由に入れて、しかもカメラ撮影もOKなんです。日本ではなかなか無い自由な距離感にビックリです。

日本の映画監督・黒沢清さんが登場!

午後4時 日本の映画監督・黒沢清さんのイベントが開催

午後4時 日本の映画監督・黒沢清さんのイベントが開催

10月8日の午後4時からは日本の映画監督・黒沢清(くろさわ・きよし)さんが登場。

黒沢監督の最新作「ダゲレオタイプの女」は釜山国際映画祭の「ガラプレゼンテーション部門」にも出品されていて、オール外国人キャスト&全編フランス語が話題になっています。(10月15日~全国公開予定)

黒沢清監督が手形とサインを行う

黒沢清監督が手形とサインを行う

今回、釜山国際映画祭では黒沢監督の映画界への貢献を記念して「ハンドプリンティング」(手形)を残すイベントが行われました。

ちょっと緊張した表情で手形とサインを残す黒沢監督。

人生初の「手形」に (写真左は執行委員長のカン・スヨンさん)

人生初の「手形」に (写真左は執行委員長のカン・スヨンさん)

黒沢監督はこの後のインタビューで、手形を残すのは「人生初」だったことを告白。初めての手形が釜山国際映画祭だったことをとても光栄に思うと述べていました。

釜山国際映画祭で「ハンドプリンティング」を行ったのは、日本人監督では北野武さん・今村昌平さん・鈴木清順さん・若松孝二さんに続いて5人目。

記念すべき瞬間に立ち会うことができて、いがモバもとても嬉しく思います。おめでとうございます!

第21回釜山国際映画祭は10月15日まで開催中

第21回釜山国際映画祭(BIFF2016)は10月15日まで開催されています。期間中メイン会場の「映画の殿堂」では様々なイベントが開催され、映画のチケットを持っていない人でも自由に見学できます。

世界でいち早く上映するワールドプレミアの映画も沢山あるので、こちらも必見です!

WWW.BIFF.KRㅣ6-15 October, 2016WWW.BIFF.KRㅣ6-15 October, 2016

釜山の観光にも大活躍!韓国の格安LTEルーターを日本で事前に簡単レンタル

グローバルモバイル社のLTE使い放題の韓国用レンタルモバイルルーター

グローバルモバイル社のLTE使い放題の韓国用レンタルモバイルルーター

今回の釜山国際映画祭など、韓国滞在中にインターネットに繋がると調べものができると何かと便利ですよね。そこでオススメなのが現地の通信会社の回線を利用したモバイルルーターです。

日本の携帯会社のローミングをそのまま使うとパケット代金が1日1980円~2980円かかってしまいます。3~4日間だと結構な金額になってしまいますよね。

いがモバがいつも韓国で使っている「グローバルモバイル社」のルーターは1日690円で高速のLTE通信がし放題で、送料・返却料もかからないお得なルーターです。

他社のルーターや3GのプリペイドSIMなども試してきましたが、いがモバ的にはこれが現状韓国で「最強・最安」のルーターだと思います。

実際の使用感は以前の記事で紹介しているので、お時間のある時にチェックしてみてくださいね。

LTE無制限!韓国お得WiFiルーター快適ネット

2016.01.15

グローバルモバイルの申し込みはこちら!

いがモバ
今年も始まった「釜山国際映画祭」。台風の影響でいつもの海雲台ビーチの会場が無くなってしまったのは残念ですが、「映画の殿堂」での公開イベントは華やかでとても素敵でした。韓国・釜山へはLCCも飛んで身近な都市になっているので、こういったイベントに合わせて行くのもオススメです!
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

いがモバ 五十嵐 貴文

LCCジャーナリスト・モバイルブロガー。元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材しています。日経トレンディ・MONOQLO旅行ムックなどLCC特集にも掲載。中部国際空港・セントレアのLCCポータルサイトの監修・執筆も担当しています。