バニラエア初の海外ビーチ路線!セブ初便レポート

バニラエアのセブ初便の就航記念式典

12月25日、LCCバニラエアが成田〜セブ線に新規就航。日本のLCC初のセブ直行便で、バニラエア初の海外ビーチリゾート線は大反響。成田空港で開催された記念式典にはスペシャルコラボ中の人気キャラも登場!式典の詳細レポートをお届けします!

スポンサーリンク

成田〜セブ線開設 バニラエア初の海外ビーチリゾート路線に

バニラエアのセブ初便のチェックインカウンターの行列

バニラエアの成田発セブ行き初便のチェックインカウンターの行列

成田空港を拠点に運航する格安航空会社・LCCのバニラエア(Vanilla Air/香草航空)。きょう2016年12月25日に成田〜セブ線に新規就航しました。

成田→セブ

(12/25-2/18)
JW603便 (毎日運航)
成田空港(NRT) 13:20 発
マクタン・セブ国際空港(CEB) 17:35 着

(2/19-3/25)
JW691便 (毎日運航)
成田空港(NRT)14:45 発
マクタン・セブ国際空港(CEB)19:00 着

セブ→成田

(12/26-3/25)
JW602便 (毎日運航)
マクタン・セブ国際空港(CEB)10:55 発
成田空港(NRT)16:25 着

成田〜セブ路線は、同じバリューアライアンスに加盟するフィリピンのLCC「セブパシフィック航空」が既に直行便を運航していますが、日本のLCCとしては初の直行便の就航で、バニラエア初の海外ビーチリゾート路線として注目されています。

この日の成田発セブ行きのJW603便の初便は幼児3名を含む180名の乗客でほぼ満員。セブは留学やリゾートとしてすでに人気の渡航先なので、その反響の大きさを実感しました。

常夏リゾートへ!バニラエア成田~セブ線12月就航

2016.09.14

バニラエア 成田〜セブ線就航記念式典レポート

バニラエアのセブ行き初便の就航記念レポート

バニラエアのセブ行き初便の就航記念レポート

バニラエアの成田〜セブ線の新規就航を記念して、きょう成田空港第3ターミナルの搭乗ゲート前で就航記念式典が行われました。

式典にはスペシャルゲストとしてバニラエアとスペシャルコラボレーション中の人気キャラクター「スポンジ・ボブ」も登場。

五島社長「セブ線就航の日を心待ちにしていた」

バニラエアの代表取締役社長 五島勝也氏

バニラエアの代表取締役社長 五島勝也氏

式典では、バニラエアの五島勝也(ごとう・かつや)代表取締役社長が挨拶しました。

バニラエア五島社長 セブ就航式典 挨拶(一部抜粋)

「本日は成田発セブ行きの603便をご利用いただきまして誠にありがとうございます。私どもバニラエアはお陰様で先日12月20日をもちまして就航から丸3年が経ち、4年目に無事入る事ができました。

今では航空機を11機を保有し、国際線は1日7路線・11往復、国内線は来年2月に開設する成田~函館線、成田~関西空港線入れて1日6路線・最大14往復を運航するに至りました。

これまで累計440万人のお客様にご利用いただいており、これもご利用いただいたお一人おひとりのお客様のお陰で、深く感謝しております。従業員を代表して御礼申し上げます。ありがとうございます。

私たちバニラエアはリゾート・レジャーのデスティネーション(目的地)に就航していくことを目指しており、これまでビーチリゾートとして国内線では沖縄や奄美大島に就航してまいりました。

海外といいますと、実はこのセブ線が(ビーチリゾートとして)初めてになります。セブ線に就航している日本の航空会社は、これまでありませんので、私たちが初めてということになります。そういう意味からも私もセブ線の就航の日を心待ちにしておりました。

セブといますと真っ白な砂のビーチ、宝石のように青く透き通る海、といったものが非日常的な雰囲気を醸しだしてくれまして、解放感に浸れる非日常的な楽しみが待っております。そういう意味で世界屈指のビーチリゾート地の一つともいわれております。

空港のあるマクタン島は1521年、大航海時代に(フェルディナンド・)マゼランが上陸し、現地の大酋長に大いなる戦いを繰りひろげた、といったことでも有名です。ローカルなグルメやショッピングを楽しむこともできます。

また、橋を渡りまして、セブ島のセブシティはスペインの統治時代の名残の残る教会や要塞、博物館などを散策する事ができます。ビーチリゾート、そして歴史の薫るセブをぜひ多くの皆様に訪問していただければと思っております。

これからも私たちバニラエアは、安全運航と高い運航品質を守りながらお求めやすい航空運賃をお客様に提供し、多くの方に喜んでいただきたい、という事を目指してまいります。

みなさんから選ばれるLCCでありたい、そして、ご搭乗の皆様にはワクワクするように楽しんでいただきたい、こういうフライトを実現するためにこれからも努力してまいります。ぜひ皆様のご利用をお待ち申しあげます。

まもなく皆様を機内にご案内いたします。ぜひクリスマスというメモリアルな日の
セブ線就航便、ぜひお楽しみください。本日は誠にありがとうございます。」

五島社長の温かいメッセージに会場から拍手が沸き起こりました。

バニラエアとコラボ中の「スポンジ・ボブ」も登場

「スポンジ・ボブ」とのふれあいも楽しめる

会場ではスペシャルゲストのスポンジ・ボブと乗客が自由に触れ合うことができました。

セブ島行きの初便に乗る子どもたちも大喜びです。ちょっと羨ましい(笑)。

五島社長自らがお見送り

五島社長自らがお見送り

搭乗ゲートではバニラエアの五島社長自らが乗客一人ひとりにお見送り。

バニラエアでおなじみのビッグハンドでハイタッチのお見送り

バニラエアでおなじみのビッグハンドでハイタッチのお見送り

手に付けているのはバニラエアの機内でおなじみの「ビッグハンド」。

乗客とハイタッチをしてお見送りです。初便の高揚感もあってみんな嬉しそうです。

気になるセブ初便の記念品は?

セブ行き初便の記念品がゲートで配られた

セブ行き初便の記念品がゲートで配られた

そして初便といえば、楽しみなのが記念品ですよね。搭乗ゲートの入口で黒い袋が配られました。

セブ行き初便の記念品

セブ行き初便の記念品

「It’s more fun in the Phillippines」(もっと楽しいフィリピンへ・直訳)と書かれた袋の中にはセブの旅行ガイドとNAA(成田国際空港株式会社)のペンとメモ帳、そしてバニラエアのセブ線初便の搭乗証明書が入っていました。

バニラエアのセブ行きの初便搭乗証明書

バニラエアのセブ行きの初便搭乗証明書

こちらがバニラエアの成田発セブ行きのJW603便の「初便搭乗証明書」です。

これはこの日の乗客のみに配られる激レアグッズです。いがモバを始めとした取材陣は写真撮影のみ。あ~初便に乗りたかった(笑)!

バニラエアのセブ行き初便の機体

バニラエアのセブ行き初便の機体

セブ行きの乗客が全て飛行機に搭乗し、出発の準備が整いました。すると、、、

お見送りをするバニラエアの職員

お見送りをするバニラエアの職員

飛行機の窓の外には、サンタのコスチュームを着たバニラエアのスタッフが横一列に並んで乗客をお見送り。

「いってらっしゃい」と手を振る姿は、きっと乗客の記憶に残るでしょう。こういうのって嬉しいですよね。

ダブルレインボーに見送られながらセブ線が出発

放水車によるお見送りの放水アーチ

放水車によるお見送りの放水アーチ

そして、セブ行きのJW603便は放水車によるウォーターキャノンでお見送り。ちょうど気象条件が重なり、バニラエアの機体の周りには2つの虹ができていました。

めったに見られないダブルレインボーだなんて、幸先の良いスタートですね!就航おめでとうございます!

JW603便の初便は台風を避けたルートを通る影響で、沖縄・那覇空港に給油で立ち寄るというイレギュラーな運航ですが、これも旅の良い記念となるでしょう。(ある意味美味しい!?)

いよいよ始まったバニラエアのセブ直行便。みなさんもぜひ一度常夏のセブ島に遊びに行ってみてくださいね!

【公式】バニラエア (Vanilla Air) - 国内 海外 レジャー・リゾート路線のLCC 格安航空券の検索・予約【公式】バニラエア (Vanilla Air)
いがモバ
ついにバニラエアでセブに気軽に行ける日がやってきました。今後バニラエアがセブの魅力をどう打ち出していくのか注目ですね。いがモバでも年明けにバニラエアのセブ線を取材させていただく予定なので、楽しみにしていてくださいね!
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

いがモバ 五十嵐 貴文

LCCジャーナリスト・メディアディレクター。元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材。大手企業の動画コンテンツなどメディアのディレクション業務も行っています。日経トレンディ・MONOQLO旅行ムックなどLCC特集にも掲載。中部国際空港・セントレアのLCCポータルサイトの監修・執筆も担当しています。