感動のシャンプー!バンヤンツリー・バンコク宿泊記

バンヤンツリーバンコクの客室でも使われているスパのアメニティ

「ひこ旅」のタイアップ企画の取材でバンコクの5つ星ホテル「バンヤンツリー・バンコク」に宿泊。いがモバが一番感動したのがバスアメニティの「シャンプー」でした。一体何が凄かったのか、「ひこ旅」の記事でお伝えしきれなかったこぼれ話を紹介します!

スポンサーリンク

憧れの5つ星ホテル「バンヤンツリー・バンコク」に宿泊

「セレニティ・クラブ」のベッド

「セレニティ・クラブ」のベッド

いがモバがお手伝いしている飛行機ニュースサイト「ひこ旅」の年末スペシャル企画として、バンコクの人気5つ星ホテル「バンヤンツリー・バンコク」の魅力を紹介する連載が始まりました。

【PR】5つ星ホテルの憧れを叶える バンヤンツリー・バンコク

連載は12月29日・30日、2017年1月2日・3日の計4回の予定。第1回はバンヤンツリー・バンコクが「5つ星」である理由を実際の宿泊を通して探っています。お時間のある時にぜひご覧ください。

日本人も嬉しいセレニティ・クラブの水まわり

セレニティ・クラブのバスタブ

セレニティ・クラブのバスタブ

きょうのいがモバでは「ひこ旅」の記事では紹介しきれなかった部分を紹介したいと思います。

今回の取材では去年2015年春に改装が終わったばかりの「セレニティ・クラブ」の部屋に宿泊させていただいたのですが、水まわりがかなり日本人好みになっていると感じました。

バスタブは深さがあり肩まで浸かれるので、湯船に毎日入りたい派のいがモバにとってはかなり助かりました。(シャワーブースは別にあるのでシャワー派の人もバッチリです)

セレニティ・クラブの55階以上の部屋にはウォシュレットも設置されていて、この点も日本人にとっては嬉しいポイントだと思います。

バンヤンツリーの「シャンプー」に衝撃を受ける

バンヤンツリー・バンコクのシャンプーなど

バンヤンツリー・バンコクのシャンプーなど

そしてバンヤンツリー・バンコクに滞在した中で、個人的に一番衝撃を受けたのがバスアメニティで用意されていた「シャンプー」でした。

タイの魅力の一つが香りの文化。ホテルのシャンプーは香りは良いけど洗った後にバサバサになってしまう。これ、良くある「タイのホテルあるある」だと思います。

ですが、バンヤンツリー・バンコクの部屋のシャンプーは洗っている最中に思わず笑顔になってしまうほど香りが豊かで、洗い上がりもしっとりサラサラ。タイの「香り」+日本の「機能性」の良い所どりをしたような素晴らしいシャンプーだったんです。

スパで使われている商品と全く同じ・納得のクオリティ

バンヤンツリー・スパで使用されているものと同じものが使われている(21階のショップで購入可能)

バンヤンツリー・スパで使用されているものと同じものが使われている(21階のショップで購入可能)

ホテルの方に伺ってみると、バンヤンツリー・バンコクの客室に提供されているシャンプー・コンディショナーなどのバスアメニティは、併設されているホテルスパ「バンヤンツリー・スパ・バンコク」で実際に使用・販売されているものと全く同じものが使われているそうです。

「バンヤンツリー・スパ・バンコク」と言えば、バンコクのホテルスパ好きの人なら誰もが知っている人気店。そのバスアメニティが客室でも使えるというのはなんという贅沢でしょう。

「THAI CHAMANARD」の主成分

「THAI CHAMANARD」の主成分

いがモバが滞在した2016年11月の時点で客室に提供している商品は「THAI CHAMANARD」(タイ・チャマナード)というお花を使ったものでした。

指通りをよくするオリーブオイルや潤いを与えるビタミンB5、頭皮のバリア機能を改善するビタミンEなど、含まれている成分の機能面も充実。シャンプーがあまりに素晴らしかったので、21階のスパ併設ショップでミニボトルのセットを自分へのお土産に買って帰りました。

日本でそのシャンプーを使うたびにバンヤンツリーでの滞在を思い出すことができます。香りと記憶って本当に強く連動しているんですね。

大切な癒しのひと時に

バンヤンツリー・バンコク21階のプール

バンヤンツリー・バンコク21階のプール

今回バンヤンツリー・バンコクに滞在させて頂いた11月下旬はその前後で複数の仕事が重なってしまい、実は心身ともにボロボロの状態でタイ行きの飛行機に飛び乗っていました。

そんな中でバンヤンツリー・バンコクでの滞在を通して、良い食事、良い睡眠をとり、日を重ねるごとに自分のコンディションが改善していくのを実感しました。

自分の使える時間が限られている場合、その中で質の良い時間を過ごしていくのがとても大事だと最近痛感しています。

飛行機に乗っている時間とホテルで滞在する時間を比べると、やはりホテルの方が長いですよね。LCCで移動の費用を抑えて、そのお金をホテルに使うのはとても現実的な選択肢だなと思います。

タイ・バンコクを訪れた際はぜひ一度バンヤンツリー・バンコクに宿泊して、豊かな時間を過ごしてみてくださいね。

Banyan Tree Bankgkok
バンヤンツリー・バンコク
21/100 South Sathon Road, Sathon, Bangkok 10120 Thailand
電話番号:+66 2 679 1200
日本からの予約 0120-778-187
URL: http://www.banyantree.com/en/ap-thailand-bangkok

バンヤンツリー・バンコク 公式HP
バンヤンツリーバンコク・バナー

いがモバ
今回の取材は「ブロガーGo!」旅で知り合った文筆家・写真家・出版プロデューサーの泉美咲月様のご尽力により実現する事ができました。泉美様、そしてバンヤンツリーの皆様、誠にありがとうございました。明日以降の「ひこ旅」の連載もどうぞお楽しみに!

泉美様のブログ「maczu:cafe | 泉美 咲月の開運は一日にして成らず

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

いがモバ 五十嵐 貴文

LCCジャーナリスト・モバイルブロガー。元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材しています。日経トレンディ・MONOQLO旅行ムックなどLCC特集にも掲載。中部国際空港・セントレアのLCCポータルサイトの監修・執筆も担当しています。