SMS無しOK!格安SIMでアンテナピクト表示の裏ワザ

SMSなしのSIMを入れたiPhoneはアンテナ表示が出ない

iPhoneで格安SIMを使う時、SMS無しのプランだとアンテナピクトが上手く表示されません。自分のいる所の電波の強さが分からないと少し不便ですよね。でも大丈夫!実はある裏技を使えばアンテナピクトを表示することが出来るんです。

スポンサーリンク

アンテナピクトが出ないのは「SMS無し」だから

SMSなしの格安SIMを入れるとiPhoneでアンテナマークが正しく表示されない

SIMフリーのiPhone5s(iOS9.0.2)に「FREETEL SIM for iPhone/iPad」のデータ通信のみ(SMS無し)のSIMを入れた時の表示

先日いがモバが購入したiPhone専用の格安SIM「FREETEL SIM for iPhone/iPad」。

料金を一番安くするためにSMS無しのプランで購入したのですが、iPhoneに入れるとアンテナピクトの表示が〇のままで電波強度が分かりません。データ通信は正常に出来ますが、このままではちょっと不便ですよね。

AppStore通信料無料!iPhone専用SIM購入

2015.10.11

iPhone6以降ならVOLTEで回避も

iPhone6/6PlusのiOS8.3以降であればVOLTE機能をONにする事で、SMS無しの格安SIMでもアンテナピクトが正常に表示されるようになります。

でもこれはLTEのエリア内だけで、3Gのエリアに入るとまたアンテナマークが〇のままになってしまいます。VOLTE機能が無いiPhone5s以前の機種ではこの技も使えません(涙)。

裏ワザのカギは「フィールドテストモード」!

でも大丈夫!ある裏技を使うとアンテナピクトを表示させることが出来るんです。

その裏技とは、iPhoneに隠しメニューとして搭載されている「フィールドテストモード」を起動させる事です。さっそくその方法を紹介していきます。

iPhoneのフィールドテストモードへの入り方「電話」アプリを起動して、画面のように「*3001#12345#*」と入力し、通話ボタンを押します。

iPhoneのフィールドテストモードすると「フィールドテストモード」が起動しました。ここで色々な専門的な数値を見たり出来るのですが、今日はアンテナピクトの表示を切り替える事がメインなので他には何も触らないで下さい。

「フィールドモード」が起動すると、アンテナピクトが数値化されます。この数値を見る事でSMSのないプランのSIMでも、自分のいる所の電波の強度が分かるようになるんです。

ただ、この数値化された状態はホームボタンを押して通常の画面に戻ると戻ってしまうので、次のやり方で常に数値化した状態で固定します。

アンテナピクト数値化の固定の仕方

iPhoneのアンテナピクトを数値化するため電源キーを長押し「フィールドテストモード」を起動したら、電源キーを長押しします。

iPhoneのアンテナピクトを数値化するためにホームボタンを長押し電源を切るか確認する画面になるので、そこでホームボタンを6~7秒長押しします。すると通常のホーム画面に戻りますが、アンテナピクトを見てみると。。。!

フィールドテストモードでアンテナピクトが数値化したiPhone

このようにアンテナピクトが数値化されています!これでSMSの無いプランの格安SIMを使っていても、自分のいる所の電波の強さが分かるようになります

アンテナピクトの表示を元に戻したい時は、「フィールドテストモード」をもう一度起動した後、ホームボタンを押せば元に戻すことが出来ます。

こっちの方が便利かも!数値の目安

iPhoneのフィールドテストモードの数値とアンテナマークの相関図

@iPhoneWaza氏の解説図より

@iPhoneWaza氏が各キャリアのアンテナマークと数値の目安を分かりやすく図で解説しています。

図を見てみると、数値が小さいほど電波が強いことになります。慣れてくると5段階のざっくりしたアンテナ表示より、数値の方が具体的で便利かもしれませんね。

いがモバ
格安SIMのSMSオプションは100円ちょっとで付けられますが、サブで持つ時とかはそのお金も節約したいですよね。今回紹介した裏技を使えばSMS無しのプランのSIMでも電波の目安が分かるので、ぜひ利用してみて下さいね。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

LCC STYLE編集長・メディアディレクター 五十嵐 貴文

元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材。日本初LCC専門ポータルサイト「LCC STYLE」編集長、ANA動画ニュース「ANA TV」監修、中部国際空港LCCポータルサイト監修。雑誌「MONOQLO」・NHKラジオなどマスメディアにも出演。書籍「LCCスタイル」(ゴマブックス社)はamazon旅行ガイド部門で1位を記録(2017年4月21日付)。