定価30万円!中国天津の秋葉原で超高級スマホ発見

中国天津で販売されていた8848の19999元(約33万円)のスマホ「M3」

今月末にLCC「春秋航空日本」の直行便が就航し身近になる中国・天津。「鞍山道」駅の近くには秋葉原的な電気街があります。いがモバはスマホの店が集まるビルの中で定価30万円超の超高級スマホを発見!日本未上陸の面白ガジェットの数々を紹介します!

スポンサーリンク

スマホのお店が立ち並ぶ天津の「鞍山道」

中国天津の「鞍山道」駅周辺はスマホ関係の店が立ち並ぶ

中国天津の「鞍山道」駅周辺はスマホ関係の店が立ち並ぶ

LCC「春秋航空日本」の成田からの直行便が1月28日に就航する事になった中国の天津

中国といえば、今ではファーウェイ小米(シャオミ)など最新スマホが真っ先に販売される国となりましたが、天津の街にも日本の「秋葉原」的な電気街があるんです。

いがモバは11月の天津取材の際に、その電気街がある地下鉄の「鞍山道」駅周辺に行ってみました。

「鞍山道」駅を出ると、早速携帯キャリアのお店や「OPPO」などスマホのお店が並んでいます。これぞ望んでいた電気街!ワクワクしますね!

小米のサービスセンターも入る「天津河川大廈」

スマホ関係のお店が入る「天津河川大廈」

スマホ関係のお店が入る「天津河川大廈」

鞍山道駅から歩いて5分ほどの所にある「天津河川大廈」というビル。

中に入ってみると、通信やスマホ関連のお店が集まる「スマホビル」のようです。小米のカスタマーセンターやサムスンの修理センターもこのビルに入っています。

ファーウェイ・VIVO・MEIZUなど人気メーカーのお店が一堂に

HUAWEI、OPPO、MEIZUなど人気スマホメーカーのお店が並ぶ

HUAWEI、VIVO、MEIZUなど人気スマホメーカーのお店が並ぶ

エスカレーターでビルの2階に上ると、スマホのお店がずらり。ファーウェイやVIVOMEIZUkoobeeなど中国で人気のスマホが一つのフロアに集まっています

ファーウェイのお店には、先月日本でも発売され人気を集めている「HUAWEI Mate9」も置いてありました。

戦略価格!HUAWEI Mate9 実機レビュー

2016.12.14

最近注目の「楽視(LeEco)」のスマホも

LeEco(楽視)の「Le Pro3 」(楽pro3)も販売中

LeEco(楽視)の「Le Pro3 」(楽pro3)も販売中

フロアの端には、中国で動画配信などを手がける楽視(LeEco)のスマホ売り場も。楽視のスマホはスペックに対して価格が安いので、そのコスパの良さで人気上昇中です。

売り場にはCPUに最新の「Snapdragon821」を搭載しながら定価が1799元(約29900円)と価格が安い「LePro3」も販売していました。

女子向けスマホの「Meitu」の展示も

Meituの「M6」・イメージキャラクターは日本でも活動するアンジェラ・ベイビー

Meituの「M6」・イメージキャラクターは日本でも活動するアンジェラ・ベイビー

売り場にはインカメラに2100万画素のカメラを搭載している「Meitu M6」もありました。

自撮りが綺麗に撮れることから、Meituのスマホは女性から支持されています。こういった女性向けのスマホが存在しているのも自撮り大好きな中国ならではですね。

ちなみにイメージキャラクターはモデル・女優として活動するアンジェラ・ベイビーさん。日本でもデビューしているので知っている方もいると思います。

「8848」?高級な雰囲気のお店を発見

ゴージャスな「8848」のブース

ゴージャスな「8848」のブース

そしてフロアで異彩を放っていたのが8848 Ti mobile phoneのブース。

一見すると宝飾店のようなゴージャスな店構え。その8848のお店で売っている商品がメチャクチャ凄かったんです!

残念ながら商品の写真撮影がNGだったので、公式HP写真を紹介します。

19999元!約33万円の超高級スマホを販売していた

19999元(約33万円)の超高級スマホ「M3」

19999元(約33万円)の超高級スマホ「M3」

その商品がこちら。「8848 Ti mobile phone」で販売されている金色に輝く「M3」というスマホです。

定価は19999元。日本円換算でなんと約33万円という超高級スマホなんです!

「M3」は熟練の職人が手作業で組み立てているそうで、クロコダイル革やサファイヤガラスなど、まるで高級時計のような素材を使用した贅を尽くした超高級スマホです。

こういった超高級スマホが商品として成立するのも中国ならではですよね。

子供向けスマートウォッチなど面白ガジェットも・天津はガジェット好きも大満足

面白ガジェットが盛り沢山だった中国・天津

面白ガジェットが盛り沢山だった中国・天津

売り場には普通のスマホだけでなく、2画面の折り畳み式スマホや、キーの大きいお年寄り向けガラケー、子供向けの通話もできるスマートウォッチなど、様々なガジェットを販売していました。どれも日本では販売されていないものばかりなので、見ているだけでワクワク大満足のガジェット散策タイムでした。

このようにガジェット好きにとって中国・天津はとても楽しめる街です。LCC「春秋航空日本」の直行便就航で関東からも気軽にに行けるようになるので、ぜひ遊びに行ってみてくださいね!

Spring Japan 春秋航空日本公式サイトSpring Japan 春秋航空日本公式サイト
いがモバ
最新のスマホや定価約33万円の超高級スマホまで様々なガジェットを見ることができた中国・天津。北京や上海と比べると人も少なく、観光しやすい街なので、個人的にはとてもオススメです!

中国・天津のスマホ関連の記事はこちら

人気モール内に移転オープン!天津小米之家の行き方

2016.11.19

プレミアムなファブレット!小米MIX実機レビュー

2016.11.23

超進化1万円スマホ!紅米4 Redmi4レビュー

2016.12.08

U2万円でDSDS!紅米Note4 実機レビュー

2016.12.01
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

いがモバ 五十嵐 貴文

LCCジャーナリスト・メディアディレクター。元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材。大手企業の動画コンテンツなどメディアのディレクション業務も行っています。日経トレンディ・MONOQLO旅行ムックなどLCC特集にも掲載。中部国際空港・セントレアのLCCポータルサイトの監修・執筆も担当しています。