防水?カメラ?2017年の夏スマホどれを選ぶ?

2017年6月9日に発売されたファーウェイの「HUAWEI P10」

6月に入りスマホの新機種が続々と登場しています。水没後調子の悪いZenfone3の後継機種は何が良いのか日々悩み中のいがモバ。2017年夏スマホの本命候補の良い点・悪い点を書いていきます。

スポンサーリンク

インカメラもライカに「HUAWEI P10」・盛り機能は控えめ

Leicaカメラがさらにパワーアップした「HUAWEI P10」

Leicaカメラがさらにパワーアップした「HUAWEI P10」

6月に入ってスマホの新機種が続々と発売されていますね。奄美大島で水没させてしまってから調子の悪いZenfone3の後継機種を探しているいがモバにとって物欲が刺激される毎日です。

今日は空き時間にヨドバシカメラで2017年6月9日に発売されたばかりのファーウェイのSIMフリースマホ「HUAWEI P10」の実機を触ってきました。

P9からさらに進化したLeicaダブルレンズを搭載したメインカメラ。ビシッビシッと切り取る絵はもうデジカメ越えのクオリティ。引きの絵であればそのまま仕事につかえるクオリティです。凄すぎ!

ただ、P10にも若干残念な点も。今回、P10・P10PlusはインカメラもLeicaレンズを搭載しているのですが、画質がアップした分、その画面に映し出される顔はかなりリアルなものに。美肌にしたりと、いわゆる「盛る」機能の「ビューティーレベル」もあるのですが、この効果が最大でも弱く、なぜか「リアル主義」に振った設計になっていました。サードパーティーのアプリもありますが、このままだと女性層には売れないかも。

ASUSのZenfone3はインカメラでリアルタイムに「盛り」の効果を確認しながら撮影できるのですが、その「盛り具合」に慣れてしまうと、ファーウェイの実直さに物足りなくなってしまうという、悲しい現実。

お値段は71060円にポイント10%、実質6万円台中盤とまだ気軽な価格ではないので、一旦見送ることにしました。


amazonのP10販売ページ

SIMフリー&おサイフ!「NuAns NEO [Reloaded]」

TrinityのSIMフリースマホ「NuAns NEO [Reloaded]」(HPより)

TrinityのSIMフリースマホ「NuAns NEO [Reloaded]」(HPより)

「Windows 10 Mobile」を採用したオシャレスマホとして話題になった「NuAns NEO」。この後継機種「NuAns NEO [Reloaded]」が6月に発売されました。

今回はOSに「Android 7.1」を採用し、防塵防滴性能、おサイフケータイ機能もあるなど、個人的には欲しいスペックが盛り込まれたかなり理想的な機種。

期待を込めて実機を触りに行ったのですが、、、、あれ何か写真のイメージよりボテッとしている。。。

カバーが着せ替え式という事もあって、装着した状態だとかなり分厚いのが率直な印象でした。「新しい物を買う」というワクワク感が分厚さで消されてしまっている、と感じてしまったので、この機種も見送ることにしました。残念。


amazonの「NuAns NEO [Reloaded]」販売ページ

隠れた名機!「isai Beat LGV34」

LGエレクトロニクスの「isai Beat LGV34」

LGエレクトロニクスの「isai Beat LGV34」

そして、今一番いがモバが欲しい機種が、LGエレクトロニクスのau向けに発売したスマホ「isai Beat LGV34」です。2016年11月に発売されたスマホで、既に半年が経過したスマホです。

先日沖縄に行った際、沖縄在住で人気ブログ「Creator Clip」を運営する「とくめい」さんが愛用していたのが「isai Beat LGV34」。ハイレゾ音源の再生に対応したDACチップを搭載していて、高音質な音楽再生ができるのがウリのスマホです。

そんな音楽スマホの「isai Beat LGV34」ですが、いがモバが感動したポイントは背面に搭載した約135度の超広角レンズ。

スマホの写真あるあるで、撮影しようと思いカメラを起動すると被写体が画面に収まっておらず、2・3歩下がるというシーンがよくあると思います。ところがこの広角レンズだとその心配が一切ありません。

空間的に後ろに下がれない、でも広い絵を撮りたい、というブロガー泣かせのシーンも「isai Beat LGV34」なら取りこぼしなく撮影ができます。防水・おサイフケータイ対応なのも嬉しいポイントです。

ただ、あまりに売れなかった為、世の中に流通している数も少なく、本体のみの「白ロム」もほとんど出回っておらず、価格も割高です。もう少し価格が落ち着いたら絶対ゲットしたいスマホです。

LGエレクトロニクス  「isai Beat LGV34」商品ページ

一長一短の2017年夏スマホ・後継機種はどうする?

沖縄にて

沖縄にて

という訳で、買う気満々だったわりに決め手がなかった2017年6月時点のスマホ選び。

夏なので防水機能はやっぱり欲しい、カメラも綺麗な物が良い、でも値段は抑えめで。なかなか難しいですね。

この夏はZenfone4などまだまだ新製品が出てくる予定です。Zenfone3にはもう少しだけ頑張ってもらって、これから出てくるスマホに期待したいと思います。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

LCC STYLE編集長・メディアディレクター 五十嵐 貴文

元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材。日本初LCC専門ポータルサイト「LCC STYLE」編集長、ANA動画ニュース「ANA TV」監修、中部国際空港LCCポータルサイト監修。雑誌「MONOQLO」・NHKラジオなどマスメディアにも出演。書籍「LCCスタイル」(ゴマブックス社)はamazon旅行ガイド部門で1位を記録(2017年4月21日付)。