久しぶりのMNP!特価合わせ技で一括0円+CB!

久しぶりにMNP一括特価でauへ乗り換えをした

総務省の規制で以前のようなMNP特価が難しくなった今、ガラケーを組み合わせた「合わせ技」を使う事で最新機種がいきなり一括0円+キャッシュバックを手に入れることができます。以前お世話になった東京・大田区の携帯安売り店でMNPしてきました!

スポンサーリンク

キャッシュバック18万円!?ひっそりとMNP特価が爆発中!

2016年2月に始まった総務省の規制により難しくなったスマホの「一括0円&光学キャッシュバック」。格安スマホが本格的に売れ始める中で影を潜めていたMNP特価ですが、実はひっそりと復活しつつあるんです。


こちらは都内にある携帯安売り店「ヴィクトリー」のTwitterです。他社からauのガラケー型android「ガラホ」への乗り換え(MNP)で一括0円かつ、1台で55000円のキャッシュバック、2台同時で120,000円、3台同時だと180,000円の高額キャッシュバックが付く特価販売を今週末行っています。

この条件はiPhone6の下取りをした場合の金額ですが、これ以外の古いガラケー・スマホの引き取りでも1台1万円前後の減額で済み、解除が面倒な民間の有料コンテンツへの加入も必要がありません


そしてこちらは同じ「ヴィクトリー大森」のTwitterですが、2017年6月8日に発売されたばかりの最新スマホ「Galaxy S8 SCV36」も、他社からの乗り換えで一括32800円といきなりの激安価格です。余計な有料コンテンツもありません。

「Galaxy S8 SCV36」は毎月の割引が1,710円×24回付くので(auスマートバリュー加入時)、毎月割の合計金額は「41,040円」と既に本体の特価を上回っています。

そこで、先ほどのガラホへのMNPと「Galaxy S8 SCV36」への乗り換えを組み合わせる「合わせ技」を使えば、最新スマホをいきなり「一括0円+キャッシュバック」で手に入れることも可能です。キャッシュバックはあくまでガラホに対してのものなので、総務省の規制の対象外とお店では考えているそうです。

このように、以前ほど派手に告知はしていませんが、実はひっそりと携帯大手キャリアがお得な割引販売を復活させ始めています。

お世話になっているヴィクトリー大森へ

東京・大田区の携帯ショップ「ヴィクトリー大森」

東京・大田区の携帯ショップ「ヴィクトリー大森」

いがモバはきょう実際に東京・大田区のヴィクトリー大森に行ってMNPを行ってきました。

このお店に来るのは約1年ぶりです。以前は本当によく活用していました。

MNPで3回線同時発射!

3回線同時にMNP

3回線同時にMNP

今回は楽天モバイルで使っていなかった音声回線3回線を使ってauへMNP。(※3回線目は家族の利用者登録が必要)下取りでドコモのガラケー・スマホを提出しました。

楽天モバイルはMNPの予約番号発行の手続きがインターネット上でできて、申請から1日で発行されるなどとても簡単でした。

ヴィクトリー大森はいつも店員さんの対応が丁寧で、スムーズに気持ちよく手続きができます。

「合わせ技」で最新スマホを一括0円でゲット!

「合わせ技」で最新スマホのGalaxyS8も一括0円でゲット

「合わせ技」で最新スマホのGalaxyS8も一括0円でゲット

そして申し込み書を書いてから約1時間半で3回線が無事に開通。以前の開通センターの混雑とは大違いで、時代の流れを感じました。久しぶりにauへのカムバックです。

本当は一番条件の良かったガラホ 「GRATINA 4G」へ乗り換えたかったのですが、残念ながら在庫切れという事で、代替機種のガラホSHF33を2台と「Galaxy S8 SCV36」1台を「一括0円」、しかも当日に商品券による即日キャッシュバック2万円、さらに8月末にキャッシュバック3万円分(auウォレットへのポイント含む)が送られます。きっとおもっとお得な店もあると思うのですが、個人的には大満足です。

大手キャリアの回線という事で、維持費が高いイメージがあると思うのですが、実は今各種キャンペーンで維持費も格安スマホ並みの値段なんです。それも今回MNPを決断した決め手でした。詳しい機種ごとのプラン・キャンペーン・維持費についてはまた改めて紹介したいと思います。

今回のようなMNP特価案件は他のお店でも実施しているようなので、あす日曜日もぜひお店のTwitterなどを覗いてお得な案件を見つけてくださいね!

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

LCCジャーナリスト・メディアディレクター 五十嵐 貴文

元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材。日本初LCC専門ポータルサイト「LCC STYLE」編集長・ANA動画ニュース「ANA TV」監修・中部国際空港LCCポータルサイト監修。雑誌「MONOQLO」・NHKラジオなどマスメディアにも出演。書籍「LCCスタイル」(ゴマブックス社)はamazon旅行ガイド部門で1位を記録(2017年4月21日付)。