欲しい車ランキング発表!東京モーターショー2015

東京モーターショー2015で世界初出展された日産の「TEATRO for DAYS(テアトロフォーデイズ)」

東京ビッグサイトで開催中の「東京モーターショー2015」。広い会場を歩いて回るのは結構大変ですよね。そこで、効率よく回る際の参考になるように、実際の展示を見て「これ欲しい!」と思った車をランキングにしてみました。

スポンサーリンク

実際に見て「欲しい!」と思った車をランキングにしてみた

東京モーターショー2015で世界初出展のスズキの「MIGHTY DECK」

世界初出展のスズキ「MIGHTY DECK」

「東京モーターショー2015」の会場の東京ビッグサイトはかなり広大です。そこを歩いて回るのは中々大変ですよね。

そこで、会場を効率よく回る際の参考になるように、魅力的な車の数々から、いがモバが実際に見て「これ欲しい!」と思った車をランキングにしてみました。

では早速5位から紹介していきます!

【5位】 ダイハツ「NORIORI」

東京モーターショー2015で世界初出展されたダイハツの「NORIORI(ノリオリ)」第5位はダイハツの「NORIORI」(ノリオリ)

世界初出展の「NORIORI」は、車の「乗り降り」に注目したコンセプトカーで、超低床フロアを採用しています。

いがモバ的には、低床の部分よりも、「両側に開くスライドドア」に注目しました。

両側に開くスライドドアであれば、狭い空間でも和室のふすまのように大きく開くことが出来ます。日本の狭い道や駐車場にはぴったりなんです!

ぜひ早い時期にダイハツから「両側にスライドで開くミラクルオープンドア」の実現を叶えてほしいと思います。

コンセプトカー NORI ORI|第44回東京モーターショー2015【ダイハツ】コンセプトカー NORI ORI|第44回東京モーターショー2015【ダイハツ】

【4位】日産「TEATRO for DAYS」

東京モーターショー2015で世界初出展された日産の「TEATRO for DAYS(テアトロフォーデイズ)」第4位は日産の世界初出展のコンセプトカー「TEATRO for DAYZ」(テアトロ・フォー・デイズ)。

観音開きに開くドアや近未来的な内装が印象的ですが、いがモバが注目したのは、この車が「軽の電気自動車」だという事です。

販売が伸び悩んでいる電気自動車ですが、日産の「ブランド」、税金が安い「軽自動車」、ランニングコストが安い「電気」、使いやすい「車内空間」と条件が揃えばブレイクする事間違いなし!日産さん、早く販売して下さい!

日産のHP:第44回 東京モーターショー 2015 | TEATRO for DAYZ

【3位】 STYLE-D「piana」

東京モーターショー2015に出展されたSTYLE-Dの「piana」第3位は超小型モビリティのコンセプトカー「piana」(ピアーナ)

岐阜県関市にある「株式会社STLYE-D」(スタイルディー) が開発した電動の2人乗りの超小型モビリティーです。

いがモバが心惹かれたのは、まずはその形。なんとフロントがドアになっているんです!

東京モーターショー2015に出展されたSTYLE-Dの「piana」ドアを開けると、助手席側が空間になっているので、そこから乗り込むことが出来ます。

フロントがドアになっていることによって、車がバックで入る空間さえあれば、乗り降りする事が出来るんです!日本の都市部の狭い環境では大活躍しそうです。

超小型モビリティーは車体価格を抑える為、質素な内装の車が多くなっていますが、「piana」はレザーで出来たラグジュアリーな車内空間になっていて、所有欲も満たしてくれそうです。

今はまだコンセプトカーの段階ですが、今から楽しみな車の一つです!

株式会社STYLE-D | スタイルD piana株式会社STYLE-D | スタイルD piana

【2位】 スズキ「ALTO WORKS」

東京モーターショー2015に世界初出展されたスズキの「ALTO WORKS(アルトワークス)」第2位はスズキがサプライズ発表した軽自動車の「アルトワークス」

1987年に初代が発売されたアルトワークスは、強力なエンジンによる力強い走りに沢山の愛好家がいますが、2000年のマイナーチェンジで惜しまれながらも廃止されてしまいました。アルトワークスは、ある意味伝説化してしまった軽自動車だったんです。

それから約15年の時を経て、奇跡の復活です!

東京モーターショー2015に世界初出展されたスズキの「ALTO WORKS(アルトワークス)」は5MTアルトワークスにはマニュアル派の方に嬉しい、本格的な5速MTのシフトノブが備わっています。レカロ社のシートは身体にぴったりとフィットし、左右に体がぶれるのを防いでくれます。

会場に来ていた見学者も、実際に乗ってレカロシートやシフトノブを触ると、その出来の良さに「これいいね!」を連発していました。

東京モーターショー2015に世界初出展されたスズキの「ALTO WORKS(アルトワークス)」の後席の足元は驚くほど広いそんなアルトワークスを2位に選んだのは、「実用性を兼ね備えている」からなんです。

新型アルトの車体をそのまま使っているので、後席は足が延ばせるほど広い空間になっています。

4ドアで日常生活の利便性はそのままで、力強いターボエンジンを5MTのシフトノブで操り、レカロのシートで走りを楽しむ。趣味と実益を兼ね備えた良い車だなあと感心しました。

開発担当の方が横にいたので聞いてみると、「具体的な時期はまだ言えないが、近いうちに発売できる段階まで来ている」との事。価格も「現実的な買いやすい値段に」という事だったので、期待大ですね!

ハスラーの大ヒットに続く、スズキの人気モデルになる予感大です!

アルト ワークス | 第44回東京モーターショー2015 | スズキアルト ワークス | 第44回東京モーターショー2015 | スズキ

【1位】ダイハツ「TEMPO」

東京モーターショー2015に出展されたダイハツの「TEMPO」第1位はダイハツの世界初出展のコンセプトカー「TEMPO」(テンポ)。

「TEMPO」は「新ジャンルスペース系商用車」としてダイハツが開発した車で、助手席側の窓を開けると、そのまま移動販売車のカウンターとして使えるようになっています。

いがモバは会場でこの車を見た時に「これはいい!」と一目ぼれしてしまいました。

東京モーターショー2015に出展されたダイハツの「TEMPO」いがモバがこの車を1位に選んだ理由は、車を見た時に「色々な未来を想像できた」からです。

「どんな店を出そう」「移動オフィスにも使えちゃいそう」色々な想像が湧きます。

車を見た時に、どれだけのワクワク感があるかが、その車の魅力だと個人的に思っているので、「TEMPO」はそのワクワク感が一番大きい車でした。

しかも「TEMPO」は夢物語に終わらず、軽自動車の「ウェイク」や「タント」と同じ、エンジンが前方にある「FFプラットフォーム」を使用しているので、商品化もかなり現実的なんです。

商品化された際には是非買いたい車です!

コンセプトカー TEMPO|第44回東京モーターショー2015【ダイハツ】コンセプトカー TEMPO|第44回東京モーターショー2015【ダイハツ】

会場限定のお土産も!

東京モーターショー2015の会場限定で発売されている「コップのフチ子」東京モーターショー2015では、会場でしか買えない限定のお土産があります。

注目は、東京モーターショー限定の「コップのフチ子」(3,000円)です。

3色の東京モーターショーのTシャツを着た天使フチ子さん。全長約15センチと少し大きめなので、コップのフチだけでなく、色々な所に飾れそうです。

なぜフチ子さんなのかは謎ですが、フチ子コレクターの方は必須のお土産になりそうです。その他のオフィシャルグッズはHPをチェックしてみて下さいね。

オフィシャルグッズ | TOKYO MOTOR SHOW WEB SITEオフィシャルグッズ | TOKYO MOTOR SHOW WEB SITE

閉会時間直前にはサプライズ撮影会も!

東京モーターショー2015のパイオニアブースでのコンパニオン撮影会29日のプレビューデーの閉会時間の直前にはちょっとしたサプライズも。

パイオニアのブースでは閉会時間直前にショーブースで働くコンパニオンさん達が一堂に会していたんです。

その立ち姿は圧巻で、さながら「パイオニアガールズ」といった所でしょうか?(笑)。芸能人の撮影会みたいになっていました。

詳しい事は分かりませんが、閉会時間直前には展示業務を終えたコンパニオンさんを撮影する時間を設けているブースもあるかもしれません。

美しいコンパニオンさんの撮影メインの方は(笑)、閉会時間直前が狙い目かもしれませんね。

パイオニア 「東京モーターショー 2015」に出展 | 報道資料 | ニュース・イベント・ショールーム | パイオニア株式会社パイオニア 「東京モーターショー 2015」に出展 | 報道資料 | ニュース・イベント・ショールーム | パイオニア株式会社

半額以下!お得なチケット「アフター4入場券」で遊びに行こう

東京モーターショー2015のHPより

東京モーターショー2015のHPより

見どころ盛りだくさんの東京モーターショー2015。

今年から新設された「アフター4入場券」は通常の半額以下で楽しめるお得なチケットです。午後4時からの入場になりますが、夕方以降は見学客が確実に減るので、展示も幾分見やすくなっています。

開催期間は11月8日(日)まで。2年に1度のお祭りイベントをお見逃しなく!

第44回東京モーターショー2015
会場:東京ビッグサイト
期間:10月30日(金)~11月8日(日)
時間:午前10時~午後8時
(最終日は午後6時まで)
詳しくは公式HPをチェック!

TOKYO MOTOR SHOW WEB SITETOKYO MOTOR SHOW WEB SITE
いがモバ
東京モーターショー2015の会場では「グルメキングダム」と称して、全国の有名グルメが味わえます。いがモバも期間中もう一度遊びに行って、グルメも楽しんでみたいと思います!

スマホと車の未来は?東京モーターショー2015レポ

2015.10.30
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

LCC STYLE編集長・メディアディレクター 五十嵐 貴文

元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材。日本初LCC専門ポータルサイト「LCC STYLE」編集長、ANA動画ニュース「ANA TV」監修、中部国際空港LCCポータルサイト監修。雑誌「MONOQLO」・NHKラジオなどマスメディアにも出演。書籍「LCCスタイル」(ゴマブックス社)はamazon旅行ガイド部門で1位を記録(2017年4月21日付)。