タフ&コスパ「arrows M02」が凄い!本体編

楽天モバイルが販売した富士通のSIMフリースマホ「arrows RM02」の防水テスト

楽天モバイルで購入した富士通のSIMフリースマホ「arrows M02」。米国MIL規格に準拠し、防水・防じん・耐衝撃性を兼ね備え、日本製なのに値段はなんと税抜29,800円!コスパ最高、大本命の格安スマホを詳しく紹介します!

【2016年6月18日追記】楽天モバイルが「期間限定 イチオシ機種割引キャンペーン!」で防水・おサイフ対応の富士通「arrows M02(RM02)」を半額の税抜14900円で購入できるキャンペーンを開催中です!

楽天モバイル半額祭!RM02が底値の14900円

2016.06.19

スポンサーリンク

富士通「arrows M02」は格安スマホの大本命!

富士通のSIMフリースマホ「arrows M02」

富士通のHPより

富士通のSIMフリースマホ「arrows M02」(アローズ・エム・ゼロツー)。いがモバがこのブログでこの機種をおすすめしているのは理由があります。

この機種の魅力はそのコスパ。5インチ大画面・クアッドコア・メモリ2GB・android5.1・防水防じん・おサイフケータイ対応と隙の無いスペック。

なのに販売価格が楽天モバイルの場合、税抜きで29,800円なんです!日本製のSIMフリースマホとしては最高のコストパフォーマンスで、この冬の格安スマホの大本命と言えそうです。

楽天モバイル版は楽天関係のアプリが入っているので「RM02」という型番になっていますが、仕様は全く同じです。このページではすべて「arrows M02」として表記していきます。

さっそく「arrows M02」を開封!

楽天モバイルが販売した富士通のSIMフリースマホ「arrows RM02」の付属品一式楽天モバイル銀座店で購入した「arrows M02」。本体のほかに、充電器、充電台、説明書、保証書が付いてきます。

楽天モバイルが販売した富士通のSIMフリースマホ「arrows RM02」に付属する充電台「arrows M02」には最近では珍しくなった充電台が付属してきます。

充電台は防水じゃないのが残念ですが、家に帰ってきた時に置くだけで充電出来る気軽さは、スマホデビューの人にもピッタリそうです。

「arrows M02」本体を徹底レビュー

楽天モバイルが販売した富士通のSIMフリースマホ「arrows RM02」の本体正面まずは、正面から。

画面は5インチの有機EL。色が鮮やかです。ギリギリまで画面になっているので、片手でも持ちやすい大きさです。

上部と下部にアンテナが内蔵されているので、その部分を手で覆うと「通信品質に影響を及ぼすことがある」と説明書に注意書きがありました。

楽天モバイルが販売した富士通のSIMフリースマホ「arrows RM02」の右側面本体右側面は音量キーのみでスッキリしています。

楽天モバイルが販売した富士通のSIMフリースマホ「arrows RM02」の左側面本体左側面には電源キーとSDとSIMカードをいれるスロットがあります。防水カバーに覆われているので、劣化を防ぐためあまり開けないほうが良さそうです。

楽天モバイルが販売した富士通のSIMフリースマホ「arrows RM02」のSIMサイズはnano「arrows M02」のSIMカードのサイズはnanoです。今使っている機種がmicroサイズや標準サイズの人はそのままではSIMカードが入らないので注意してください。

楽天モバイルが販売した富士通のSIMフリースマホ「arrows RM02」の上部本体上部にイヤホン端子があります。ここはむき出しで防水に対応しています。

楽天モバイルが販売した富士通のSIMフリースマホ「arrows RM02」の底部充電や転送に使うmicroUSB端子はキャップ式防水です。

最近では蓋のないキャップレス防水を採用しているスマホが多いので、この部分は少し残念なポイント。

楽天モバイルが販売した富士通のSIMフリースマホ「arrows RM02」はストラップホール付き「arrows M02」にはストラップホールがあります。最近のスマホには無い物も多いので、この辺の心配りは日本メーカーならではですね。

楽天モバイルが販売した富士通のSIMフリースマホ「arrows RM02」の背面鮮やかな金色は楽天モバイルの限定色です。

「フッ素系ハードコーティング」で塗装がはがれにくく、キズや指紋もつきにくくなっています。

背面には通話時のノイズキャンセリングなどに利用するマイクも内蔵されています。

楽天モバイルが販売した富士通のSIMフリースマホ「arrows RM02」はおサイフケータイ対応「arrows M02」はSIMフリーのスマホでありながら、おサイフケータイ機能が内蔵されています。

10月29日現在「arrows M02/RM02」が対応しているおサイフケータイのサービスは、モバイルWAON、楽天Edy、QUICPay モバイル、ローソンモバイルPonta、モバイルスターバックスカード、mobile members、東京ドーム TDモバイル2、ticket board、スマートフォンSkipサービスです。(富士通HPより)

【12月14日追記】祝!モバイルSuica本日より対応!

JR東日本のモバイルSuicaのHPより抜粋したモバイルSuica対応機種

JR東日本のモバイルSuicaのHPより抜粋

きょう12月14日から、JR東日本のモバイルsuicaに対応しました!メイン使いにも耐えうる神スマホに進化です!

楽天モバイルが販売した富士通のSIMフリースマホ「arrows RM02」は日本製「arrows M02」の背面には「MADE IN JAPAN」の文字が。

日本製のSIMフリーのスマホが税抜29,800円で買える事にビックリです。

「MIL規格準拠」は本当?耐衝撃テストをしてみた

楽天モバイルが販売した富士通のSIMフリースマホ「arrows RM02」を床に落とす準備「arrows M02」の売りはスリムな見た目に隠されたタフさ。

米国国防総省の調達基準「MIL規格」に準拠し、防水・防じん・耐衝撃などを兼ね備えています。

タフスマホが19800円!TORQUEレビュー本体編

2015.10.21

同じ「MIL規格準拠」の京セラのトルクの時と同じように、「arrows M02」をズボンのポケットを想定して、腰の高さから床に落としてみる事に。

楽天モバイルが販売した富士通のSIMフリースマホ「arrows RM02」を床に落とすとりゃーーーー!!!!

楽天モバイルが販売した富士通のSIMフリースマホ「arrows RM02」が床に落ちた後の姿ドスン!

「arrows M02」が床に鈍い音を立てて横たわっています。果たして大丈夫なのだろうか。。。。

楽天モバイルが販売した富士通のSIMフリースマホ「arrows RM02」は床に落ちても大丈夫だったジャーン!傷一つありません。素晴らしい。

「arrows M02」は画面の縁がほんの少しだけ高くなっているので、落としても画面が地面にあたりにくくなっています。

また、画面には「Corning Gorilla Glass 3」(コーニング・ゴリラ・ガラス・スリー)が使用されているので、傷がつきにくくなっています。

本当に防水かテストしてみた

楽天モバイルが販売した富士通のSIMフリースマホ「arrows RM02」の防水テスト「arrows M02」は 防水機能(IPX5/8)が付いています。そこで、本当に防水なのか実験することに!

IPX5とは、内径6.3mmの注水ノズルを使用し、約3mの距離から12.5L/分の水を最低3分間注水する条件であらゆる方向から噴流を当てても、通信機器としての機能を有することを意味します。IPX8とは常温で水道水の水深1.5mのところに端末を沈め、約30分間放置後に取り出したときに通信機器としての機能を有することを意味します。【富士通のプレスリリースより】

楽天モバイルが販売した富士通のSIMフリースマホ「arrows RM02」の防水テストジュワーーーー!!!勢い良く水がかかります。

前回、京セラのスマホを実験した時以上に過酷にすべく、この後完全に水没させてみました。

「arrows M02」は、生き残ることが出来るのでしょうか!?

楽天モバイルが販売した富士通のSIMフリースマホ「arrows RM02」は水に浸けても大丈夫だったジャーン!

バッチリ大丈夫です。しかも前より気持ちピカピカになったような(笑)。

「arrows M02」の防水機能は本物でした!

近くのお店で実際に触れる!

「arrows M02」はいがモバが購入した楽天モバイルのほか、Nifmo、mineo、IIJmio、ビッグローブ、DMM mobileなどの格安スマホを取り扱う会社で販売されています。

また、家電量販店のヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電気、コジマ、PCデポなどでも展示販売されているので、お近くの店で見つけた時はぜひ触ってみて下さいね。

 
「arrows M02/RM02」主な仕様
外寸(H×W×D) 約141mm×68.9mm×8.9mm
重さ 約149g
電池 2330mAh
画面 約5.0インチHD有機EL
(720×1280)
OS Android™ 5.1
カメラ(背面) 約810万画素 CMOS
カメラ(前面) 約240万画素 CMOS
CPU MSM8916 1.2GHz Quad Core
メモリ ROM:16GB/RAM:2GB
通信 LTE/3G/GSM
LTE周波数 2.1GHz(1)、1.7GHz(3)、
900MHz(18)、800MHz(19)
SIMサイズ nanoSIM
Wi-Fi IEEE802.11b/g/n
テザリング対応
その他 microSD/GPS/NFC/
FeliCa/Bluetooth 4.1
by カエレバ

 

いがモバ
「arrows M02」はスマートなのにMIL規格に準拠していて、素の状態でも安心して使っていられるスマホです。これが国産のSIMフリーで、しかも税抜29,800円で買えるなんて良い時代になってきましたね。このスマホの中身については、後日改めて紹介します。お楽しみに!

神変換&神通話「arrows M02」中身も凄い!

2015.11.07

最強SIMフリー!「arrows M02」APN編

2015.11.08

上海で撮影!arrows M02カメラレビュー

2015.12.05

【2016年6月18日追記】楽天モバイルが「期間限定 イチオシ機種割引キャンペーン!」で防水・おサイフ対応の富士通「arrows M02(RM02)」を半額の税抜14900円で購入できるキャンペーンを開催中です!

楽天モバイル半額祭!RM02が底値の14900円

2016.06.19

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

いがモバ 五十嵐 貴文

LCCジャーナリスト・メディアディレクター。元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材。大手企業の動画コンテンツなどメディアのディレクション業務も行っています。日経トレンディ・MONOQLO旅行ムックなどLCC特集にも掲載。中部国際空港・セントレアのLCCポータルサイトの監修・執筆も担当しています。