最強SIMフリー!「arrows M02」APN編

富士通のSIMフリースマホ「arrows M02」とキャリアのSIM

防水・耐衝撃のタフさにスマホ史上最高の文字変換。魅力いっぱいの富士通のスマホ「arrows M02」ですが、もう一つの魅力は「SIMフリー」である事。NTTドコモとauの両方のvolteに対応する現状で最強のSIMフリースマホだったんです!

【2016年6月18日追記】楽天モバイルが「期間限定 イチオシ機種割引キャンペーン!」で防水・おサイフ対応の富士通「arrows M02(RM02)」を半額の税抜14900円で購入できるキャンペーンを開催中です!

楽天モバイル半額祭!RM02が底値の14900円

2016.06.19

スポンサーリンク

「arrows M02」はどれだけSIMフリー?実験してみた

富士通のSIMフリースマホ「arrows M02」とキャリアのSIM富士通のSIMフリーのスマホ「arrows M02」。通信会社を制限するロックがかかっていないので、色々な会社のSIMを入れて利用することが出来ます。

そこで、今日は「arrows M02」に手持ちの携帯会社のSIMを入れてテストしてみました。

「arrows M02」は果たしてどこまでSIMフリーなのでしょうか?

「arrows M02」のモバイルデータ通信の設定画面

モバイルデータ通信の設定画面

「arrows M02」はLTE通信を利用した高品質の通話「volte」(ボルテ)に対応しています。

その為、SIMの携帯会社がvolteのサービスを提供していれば利用することが出来ます。

【NTTドコモ】 SPモードが使用可能!

「arrows M02」のAPN設定画面

SPモードのAPN設定画面

従来、NTTドコモのSIMをSIMフリー機で利用する場合、「moperaスタンダード」(月額税抜500円)の契約が必要でした。

しかし、今年5月のSIMロック解除義務化で方針を変えたのか、10月下旬以降NTTドコモはSPモードでもSIMフリー端末での接続が可能になりました。公式アナウンスは無く、ひっそりと制限を撤廃していました。

ネット上の噂しか確認していなかったので、この日初めて実際に実験してみたのですが、「arrows M02」のAPN設定画面でAPNの欄に「spmode.ne.jp」と入れるだけでデータ通信が繋がりました。 (他の欄は未設定でOK)

SPモード解禁でドコモメール化が楽に!?

「arrows M02」はSPモードでデータ通信が可能

SPモードでデータ通信が可能

SPモード通信がSIMフリー機で出来るようになると、余計なmoperaの料金を節約する事が出来ます。

また、ドコモのメールアドレスを他端末で送受信するために「ドコモメール化」する際、従来はSPモード通信が出来るFOMAのスマホが原則必須でしたが、SIMフリー機でSPモード接続が出来れば、わざわざFOMAのスマホを用意する必要が無くなるかもしれません。(そのSIMフリー機がFOMAのSIMを認識することが条件)

ドコモのメアドを変えずに格安SIMにMNPする裏技

2015.09.07

この件に関してはまた実証する機会があれば直ぐに報告したいと思います。

【au 4G LTE契約のSIM】データ通信は可能、通話・SMSは不可!

「arrows M02」auのLTE契約のSIMのAPN

auの4GLTE契約のSIMのAPN

次にauの4G LTE契約(iPhone5以降と LGL24など型番の末尾がLの機種の契約)のSIMを「arrows M02」に入れてみます。

購入時の状態ではauに接続する為の設定が無いので、APN設定画面に入力していきます。

「arrows M02」にauのLTE契約のSIMを入れてAPNを設定しても通話できない

auの4GLTE契約のSIMでは通話出来ない

正しくAPNが設定されると、「arrows M02」のアンテナマークの横にLTEのマークが。

データ接続は出来るのですが、通話とSMSが出来ません。

残念ながら「arrows M02」の本体はauの3G通信には対応していないので、auの4GLTE契約の場合、「arrows M02」では音声通話とSMSは利用することが出来ません。

データ通信は利用できるので、auのiPhone6など毎月割の金額が大きいSIMを余らせている人はデータ通信用に使ってもいいかもしれません。ただ、公式に認められている接続方法ではないので、パケット料金が青天井になる可能性がゼロではないので、あくまで自己責任で利用してみて下さい。

【au 4G LTE契約のSIM】APN設定まとめ

LTE NET
APN uno.au-net.ne.jp
ユーザー名 685840734641020@uno.au-net.ne.jp
パスワード KpyrR6BP
MCC 440
MNC 50
認証タイプ CHAP
APNタイプ default,supl,mms,hipri
APNプロトコル IPv4/v6
LTE NET
(テザリングオプション利用時)
APN unitrg.au-net.ne.jp
ユーザー名 X36yN3Dhe9UjPhzm@unitrg.au-net.ne.jp
パスワード KpyrR6BP
MCC 440
MNC 50
認証タイプ CHAP
APNタイプ dun
APNプロトコル IPv4/v6
LTE NET for DATA※
APN au.au-net.ne.jp
ユーザー名 user@au.au-net.ne.jp
パスワード au
MCC 440
MNC 50
認証タイプ CHAP
APNタイプ default,supl,mms,hipri
APNプロトコル IPv4/v6
LTE NET for DATA
(テザリングオプション利用時)※
APN autrg.au-net.ne.jp
ユーザー名 user@autrg.au-net.ne.jp
パスワード au
MCC 440
MNC 50
認証タイプ CHAP
APNタイプ dun
APNプロトコル IPv4/v6

※auのタブレットの契約のSIMカードはIMEI制限で接続できないようです。

【au volte契約のSIM】通話・SMSはLTENET無しで出来る!

「arrows M02」はauのvolte契約のSIMで通話可能

auのvolte契約のSIMで通話可能

次に、去年の年末から登場しているauのvolte対応機種(LGV31など型番の末尾がVの機種 )の契約のSIMを入れてみました。

まず、パケット定額もLTENETも無い状態でSIMを入れると、何も設定しなくてもアンテナマークが立ちます。

そして、auのお客様センターの157に電話するとちゃんと繋がります。しかもvolte通話なので即繋がって、しかも高音質でした。

volteはLTE通信を使いますが、ネット接続用のLTENETのオプションは必要無いことが確認出来ました。

「arrows M02」はauのvolte契約のSIMでSMSが可能

auのvolte契約のSIMでSMSが可能

さらにはそのまま設定無しでSMSの送受信も出来ました。

volte機の場合、SMSの送受信にもLTE通信を使っている事が分かりました。こちらもLTENETの契約が無い状態で大丈夫でした。

【au volte契約のSIM】データ通信もAPN設定すればOK!

「arrows M02」のauのvolte契約のSIMのAPN設定画面その1

auのvolte契約のSIMのAPN設定画面その1

「arrows M02」のauのvolte契約のSIMのAPN設定画面その2

auのvolte契約のSIMのAPN設定画面その2

さらにauのvolte契約のSIMにLTENETのオプションを付けて、APNを上記のように設定しました。

いがモバはここで引っかかってしまったのですが、ネット上でLTENET接続用のAPNを検索すると、4GLTE契約用のAPNがすぐに見つかるので、その情報を入れてしまいがちなのですが、auのvolte用のsimの場合、LTENETに接続する為の設定が1部分だけ違います。

それは、「MNC」の欄が「51」であることです。

auのvolte契約のSIMを入れると、APN設定画面が初期状態でMNCの欄に51の数字が入っているので、それを変えないように気を付けて下さい。

「arrows M02」でauのvolte契約のSIMでデータ通信が可能

auのvolte契約のSIMでデータ通信可能

正しく設定すると、このようにLTEマークが立ってデータ通信が出来ます。

もちろんvolte通話やSMSの送受信もOKです。

【au volte契約のSIM】APN設定まとめ

LTE NET
(volte契約)
APN uno.au-net.ne.jp
ユーザー名 685840734641020@uno.au-net.ne.jp
パスワード KpyrR6BP
MCC 440
MNC 51 ※ここに注意!
認証タイプ CHAP
APNタイプ default,supl,mms,hipri
APNプロトコル IPv4/v6

まとめ「arrows M02」は現状最強のSIMフリースマホ!

「arrows M02」に入れたSIMの結果
 M02 volte通話 データ通信
ドコモ
au
(LTE契約)
×
(SMSも×)
au
(volte契約)

今までauの販売するスマホ以外でauのvolte契約のSIMでvolte通話やSMSが出来るandroidスマホはありませんでした。

その為、現状で国内のSIMを入れ替えて使うSIMフリーの端末としては最強のスマホと言えそうです。

ソフトバンクやワイモバイルのSIMもarrows M02のLTEや3Gの周波数が対応しているので恐らく利用可能だと思われます。今はこの2社のSIMカードを持っていないので、今後機会があれば検証してみたいと思います。

このように、富士通の「arrows M02」はその名に恥じない最高のSIMフリースマホでした!いがモバも愛用して行きたいと思います。

「arrows M02」主な仕様

 
外寸
(H×W×D)
約141mm×68.9mm×8.9mm
重さ 約149g
電池 2330mAh
画面 約5.0インチHD有機EL
(720×1280)
OS Android 5.1
カメラ
(背面)
約810万画素 CMOS
カメラ
(前面)
約240万画素 CMOS
CPU MSM8916
1.2GHz Quad Core
メモリ ROM:16GB
RAM:2GB
通信 LTE/3G/GSM
LTE周波数 2.1GHz(1)、1.7GHz(3)、
900MHz(18)、800MHz(19)
SIMサイズ nanoSIM
Wi-Fi IEEE802.11b/g/n
テザリング対応
その他 microSD/GPS/NFC/
FeliCa/Bluetooth 4.1
by カエレバ

 

いがモバ
3回に渡って紹介してきた富士通のSIMフリースマホ「arrows M02」。その魅力が少しでも伝われば幸いです。この秋冬に格安スマホにデビューする人に一番お勧めの端末です。【12月14日追記】今日からモバイルSuicaにも対応し、ますます魅力的な端末になっています!

上海で撮影!arrows M02カメラレビュー

2015.12.05

神変換&神通話「arrows M02」中身も凄い!

2015.11.07

タフ&コスパ「arrows M02」が凄い!本体編

2015.11.03

【2016年6月18日追記】楽天モバイルが「期間限定 イチオシ機種割引キャンペーン!」で防水・おサイフ対応の富士通「arrows M02(RM02)」を半額の税抜14900円で購入できるキャンペーンを開催中です!

楽天モバイル半額祭!RM02が底値の14900円

2016.06.19

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

いがモバ 五十嵐 貴文

LCCジャーナリスト・モバイルブロガー。元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材しています。日経トレンディ・MONOQLO旅行ムックなどLCC特集にも掲載。中部国際空港・セントレアのLCCポータルサイトの監修・執筆も担当しています。