新型車両に感動!「鉄道技術展2015」に行ってみた

第4回鉄道技術展で展示された埼玉新都市交通ニューシャトルの2020系の車両

幕張メッセで開催中の「第4回鉄道技術展」。鉄道に関する最新技術や製品が展示される総合見本市です。専門的な展示会ですが、新型車両の実物や最新のホームドアを体験出来たりと、一般の人も楽しめちゃう展示会なんです。いがモバも会場で楽しんできました!

スポンサーリンク

「鉄道技術展2015」に行ってみた!

幕張メッセで開催中の「鉄道技術展2015」11月11日、「いい買い物の日」セールで爆買いした後、いがモバは仕事までの空き時間を使って千葉の幕張メッセに向かいました。

なぜ幕張メッセかというと、この日から3日間、「第4回鉄道技術展」(Mass-Trans Innovation Japan 2015)が開催中だったからなんです。

「鉄道技術展」は、車両・構造、運行管理、旅客設備、軌道、土木関連など、あらゆる鉄道分野の最新技術や製品が一堂に会する総合見本市です。

いがモバは飛行機好きで鉄分あまり多めではないのですが(笑)、「ある展示」を見たくて参加してみました。

目玉はニューシャトル「2020系」!

「鉄道技術展2015」の三菱重工業のブースで展示されていた埼玉新都市交通ニューシャトルの2020系の車両

埼玉新都市交通「2020系」の実物が展示

いがモバのお目当ての展示は、この新型車両です。

三菱重工業のブースに展示されているこの車両は、「ニューシャトル」の愛称で知られる埼玉新都市交通の新型車両、「2020系」です。

埼玉新都市交通ニューシャトルの2020系の車両の車内

埼玉新都市交通ニューシャトルの2020系の車内

この「2020系」は11月4日から埼玉新都市交通の伊奈線で営業運転が始まったばかりの新型車両です。

いがモバは親戚が伊奈線沿線に住んでいるので、たまに大宮駅からニューシャトルに乗るのですが、まだ新型車両には乗ったことが無かったので見てみたかったのです。

車内を見てみると、客席と運転席を仕切るガラスがとても大きく、「明るいな~!」というのが第一印象です。

「鉄道技術展2015」の三菱重工業のブースで展示されていた埼玉新都市交通ニューシャトルの2020系の車両の車内

埼玉新都市交通ニューシャトルの2020系の車内

気付いた人もいるかもしれませんが、「2020系」は車両が六角形の形になっています。

車両を製造した三菱重工業の担当者に教えて頂き初めて気が付いたのですが、これは座席の理想的な角度を取った場合に、車内を一番広く取る事が出来るからなんだそうです。

確かに少しくの字の形になっていて、あまり必要ない頭の空間は少なく、座席を置く部分は広くなっていますね。

軽自動車のように、車幅など制限がある場合に、工夫して力を発揮するのが日本メーカーの強みなのかなと思いました。

「鉄道技術展2015」の三菱重工業のブースで展示されていた埼玉新都市交通ニューシャトルの2020系の座席「G-Fit」の体験コーナー

2020系の座席「G-Fit」の体験コーナー

三菱重工業のブースでは、この「2020系」に採用された次世代の車両用シート「G-Fit」に実際に座ることが出来るコーナーもありました。

実際に座ってみると、左右のサイドが少し盛り上がっているのでしっかりと腰を支えてくれます。電車が加速・減速した時の身体のぶれを防いでくれそうです。

ちょっとしたスポーツカーのような身体のホールド感で、かなりリッチな気分になりました。

ニューシャトルで「2020系」に乗る機会がある方は、ぜひこの座り心地を体感してみて下さい。満足すること間違いなし!

三菱重工|埼玉新都市交通にニューシャトル向け新型車両の納入を開始三菱重工|埼玉新都市交通にニューシャトル向け新型車両の納入を開始

 

 

最新型のホームドアは画面付き!

株式会社京三製作所の透過型可動式ホーム柵

株式会社京三製作所の透過型可動式ホーム柵

会場で目に付いたのが、最新の「ホームドア」の展示です。

転落事故を防ぐ為に山手線など、都市部の駅で導入が進んでいますが、ホームドア自体も進化していました。

株式会社京三製作所が展示していたのは、透明なホームドアで圧迫感がなく、「メディアウォール」と呼ぶ画面には発着案内や広告なども表示できるようになっていました。

これから導入が進むホームドアは、新しい広告の媒体にもなるかもしれませんね。

製品・サービス|株式会社 京三製作所製品・サービス|株式会社 京三製作所

 

 

ローコストなホームドアも発見!

株式会社音楽館のバー構造型軽量ホームドアの試作機

株式会社音楽館のバー構造型軽量ホームドアの試作機

元カシオペアのキーボードで、音楽プロデューサーの向谷 実(むかいや・みのる)さんが代表を務める「株式会社音楽館」のブースでは、シンプルな構造のホームドアの試作機が展示されていました。

シンプルな構造にすることによって、設置のコストを抑えることが出来て、重さも軽いので工事も最小限に抑えることが出来るとの事です。

このようなローコスト面に着目したホームドアの開発が進めば、もっともっと導入が進むかもしれませんね。今後に期待です!

株式会社音楽館株式会社音楽館

運航管理や保守にスマホが大活躍!

近畿電気エンジニアリング株式会社の位置情報管理システム

近畿電気エンジニアリング株式会社の位置情報管理システム

今回、色々なブースで目に付いたのが、スマホやタブレットを運行管理や保守に活用する技術の展示でした。

「近畿電気エンジニアリング株式会社」のブースでは、保守係員の人の位置情報をタブレットで管理するシステムが展示されていました。

近畿電気エンジニアリング株式会社の位置情報管理システムの説明

位置情報管理システムの説明

このシステムでは保守係員の位置をセンターで一括管理することが出来るので、沿線で故障が発生した時に、一番近い人をすぐに現場に向かわせることが出来るとの事です。

Android端末であればシステムに対応できるそうなので、いがモバで以前お伝えしたTORQUE(トルク)のようなハードキーがあるタフスマホに導入されれば現場で活躍しそうですね。

近鉄電気エンジニアリング株式会社近鉄電気エンジニアリング株式会社

美少女キャラの展示には深い理由が!

「鉄道技術展2015」でのアイテック阪急阪神株式会社のブース

アイテック阪急阪神株式会社のブース

会場で一際目を引く展示をしていたのが「アイテック阪急阪神株式会社」。

鉄道やビル関連の事業をはじめ、インターネット事業(阪神タイガースや宝塚のHPも製作)やシステム開発・販売なども手掛けている会社です。

この会社のブースには、なぜか萌え系の美少女キャラのグッズが並んでいました。女の子の名前は「御影 愛」(みかげ あい)との事。

「鉄道技術展2015」でのアイテック阪急阪神株式会社のブースなぜに「美少女キャラ」なのか。ブースにいた会社の担当者の方に聞いてみると、そこには納得の理由がありました。

乗客数を増やすために、アニメや漫画のキャラクターを導入したいと考える鉄道会社は多いそうですが、その際に著作権料などのコストが負担になって、導入をためらう会社も多いそうです。

そこで、この会社が「無料で美少女キャラを提供する代わりに、グッズの販売・製作をやらせてもらい、その販売利益を貰う」というサービスを提供しているそうです。

アイテック阪急阪神株式会社が開発したソーシャルゲーム「きまぐれ鉄道ぶらり旅」

アイテック阪急阪神株式会社が開発したソーシャルゲーム「きまぐれ鉄道ぶらり旅」

「きまぐれ鉄道ぶらり旅」(通称:きま鉄)というソーシャルゲームも無料で提供されるサービスの一つで、すでに74社もの鉄道会社が参加しているそうです。

萌え系美少女キャラと鉄道の相性はかなり良いと思うので(笑)、こんなに面白い事業を展開する「アイテック阪急阪神株式会社」の動向には目が離せませんね。

きまぐれ鉄道ぶらり旅きまぐれ鉄道ぶらり旅

鉄分多めじゃなくても楽しめる「鉄道技術展」

株式会社音楽館の103系シミュレーター

株式会社音楽館のブースでは「103系」シミュレータも体験可能

周りはスーツ姿の業界人だらけの「鉄道技術展」ですが、展示内容自体は一般の人も楽しめる内容になっています。

入場料は2000円ですが、事前に公式ページで事前登録すると無料で入ることが出来ます。

「第4回鉄道技術展」は千葉の幕張メッセで明日13日まで開催中です。時間があう方は是非遊びに行ってみて下さいね。

安全・安心・快適・環境・省エネを追及 第4回 鉄道技術展安全・安心・快適・環境・省エネを追及 第4回 鉄道技術展
いがモバ
いがモバが良く行く携帯関係の展示会とはまた違った雰囲気で、短い時間でしたが凄く楽しむ事が出来ました。今月はこのほかにも色々な展示会が開催予定なので、いがモバも参加してみたいと思います!
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

LCC STYLE編集長・メディアディレクター 五十嵐 貴文

元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材。日本初LCC専門ポータルサイト「LCC STYLE」編集長、ANA動画ニュース「ANA TV」監修、中部国際空港LCCポータルサイト監修。雑誌「MONOQLO」・NHKラジオなどマスメディアにも出演。書籍「LCCスタイル」(ゴマブックス社)はamazon旅行ガイド部門で1位を記録(2017年4月21日付)。