アドレス変えずに格安SIM!au・ソフトバンク編

前回の記事でドコモの携帯アドレスを残したまま格安SIMにMNPする裏技をお伝えしましたが、今回はau・ソフトバンクの場合のテクニックを紹介したいと思います。鍵になってくるのは【ルーター】です。

スポンサーリンク

パケット定額を外して、ルーターの活用で実質1台持ちに

wifiset

上に図にしてまとめてみました。今使っている携帯会社のパケット定額を外して通話プランとメールアドレスのプランのみにします。パケット定額の代わりに、格安SIMを入れたルーターのWi-Fiを使うというのが今回のテクニックです。ルーターをカバンの中に入れてしまえば、手元はスマホ一台のみで済みます。番号もアドレスもそのままでデータ通信に格安SIMを活用します。

auの場合

音声プランのLTEプラン+LTE NET(メールアドレス維持の為 )のみにして、ここに格安SIMを入れたルーターを組み合わせます。

au
LTEプラン 934円
LTE NET 300円
ルーター(楽天モバイルの場合)
月3.1GBプラン
(データのみ・SMSなし)
900円
合計(税抜) 2,134円
auの「電話かけ放題プラン」は今までは通話のみのプラン「電話カケ放題プラン (CP)」に出来ましたが、2015年の9月2日からデータ定額サービスが必須になりました。なのでLTEプランのみでこの方法が出来ます。

料金プラン・サービス等の改廃について | 2015年 | KDDI株式会社料金プラン・サービス等の改廃について | 2015年 | KDDI株式会社
auガラケーの人は、wifiで通信を安くすることはできないので、Eメールが使い放題のプランEシンプル(月額743円)へ変更して、格安SIMを入れたスマホとの2台持ちをおすすめします。
auの3Gスマホを使っている人は音声とメールのみのプランには出来ますが、モバイルデータ通信をOFFにしてもau.netに接続されてしまい料金が発生してしまう不具合があります(通称:パケ漏れ)。LTE契約への変更がおすすめです。

ソフトバンクの場合

ソフトバンクのスマホの場合は一部の契約を除いてパケット定額を外すことが出来ませんでしたが、新しく始まった通話し放題の【スマ放題】プランでは、表立っては書いてありませんがパケット定額を外すことが出来ます。

[スマ放題]通話し放題プランのみ加入できますか? | ソフトバンクモバイル[スマ放題]通話し放題プランのみ加入できますか? | ソフトバンクモバイル

パケット定額を外した後は、androidの人はSoftbankメールアプリで、iPhoneの人はi.softbank.jpのメールをWi-Fiで送受信することが可能です。i.softbank.jpのメールは携帯メール扱いなので、PCメールの受信拒否をしている人にも送信することが出来ます。ソフトバンクのiPhoneで通信料を安くしたい人はi.softbank.jpのメールの活用も検討してみて下さい。
毎月の料金は以下のようになります。

ソフトバンク
スマ放題 2,700円
S!ベーシックパック 300円
ルーター(楽天モバイルの場合)
月3.1GBプラン
(データのみ・SMSなし)
900円
合計(税抜) 3,900円
MNPで一括ゼロ円で機種を買った場合など、契約期間の途中でパケット定額を外すと違約金が発生する契約がSoftbankにはたくさんあるので、パケット定額を外す際は必ず自分の契約を確認して下さい。

格安SIMが入る2台持ちに便利なおすすめルーターはこれ!

モバイルルーター

今回の2台持ちを快適にするには、ルーターの電池持ちが重要になってきます。今発売されているルーターの中で、お得な価格・電池の容量が大きい・評判がいい、コスパの良い機種はドコモのL-01Gという機種です。

Wi-Fi STATION L-01G | 製品 | NTTドコモWi-Fi STATION L-01G | 製品 | NTTドコモ

ドコモで販売されている機種ですが、amazonなどでは通信契約なしで新品の本体のみを購入できるので、ここに格安SIMを入れて、アクセスポイントの設定をするだけで快適なWi-Fi環境を作ることが出来ます。

このルーターはドコモの機種なので、ドコモから電波を借りるOCN,IIJ,楽天モバイルなどの格安SIMカードが使えます。auから電波を借りるUQmobileなどは対応していないので自分の使いたい格安SIM会社をチェックしてみて下さい。
いがモバ
今回紹介したプランでは2台持ちにはなってしまいますが、ルーターの電波は意外に遠くまで飛ぶので、オフィスの喫煙室やトイレに行ってもWi-Fiが繋がるケースが多いです。ほとんどスマホ1台持ちと変わらない感覚で料金も安くなるのでおすすめです。次回からは発売が迫った新型のiphoneについてお伝えしていきます。
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

LCCジャーナリスト・メディアディレクター 五十嵐 貴文

元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材。日本初LCC専門ポータルサイト「LCC STYLE」編集長・ANA動画ニュース「ANA TV」監修・中部国際空港LCCポータルサイト監修。雑誌「MONOQLO」・NHKラジオなどマスメディアにも出演。書籍「LCCスタイル」(ゴマブックス社)はamazon旅行ガイド部門で1位を記録(2017年4月21日付)。