神電池!Priori3S LTE購入速報レビュー

フリーテルのSIMフリースマホ「Priori 3S LTE」

きょう発売されたフリーテルの新スマホ「Priori3S LTE」。税抜17800円の激安価格ながら、4000mAhの大容量電池に5インチHD液晶・2GBメモリと大幅な進化を遂げた話題のスマホを購入!写真たっぷりの速報レビューをお伝えします。

スポンサーリンク

【2月14日更新】「Priori3S LTE」のカメラについて、中国武漢の街を旅しながら撮影した実際の撮影例のレビューを公開しました。

旅する武漢!「Priori3S」カメラレビュー 

2016.02.14

きょう発売!神電池で話題の「Priori3S LTE」

ヨドバシカメラ マルチメディア上野2号館のフリーテルコーナー

ヨドバシカメラ マルチメディア上野2号館

コスパの良いSIMフリースマホが大人気のフリーテル。新機種「Priori3S LTE」がきょう2月12日に発売されました。

いがモバは仕事後、成田空港へ向かう前に上野のヨドバシカメラに買いに行きました。

フリーテルコーナーで販売されていたフリーテルのSIMフリースマホ「Priori3S LTE」

税込19220円(ポイント10%:1922円分)

「Priori3S LTE」のヨドバシカメラでの販売価格は税込19220円。

ここにポイントが10%分付くので実質で税込み17298円。公式オンラインストアで買うよりお得に買えます。

フリーテルのSIMフリースマホ「Priori3S LTE」の強化ポイント

「Priori 3S LTE」の強化ポイント

新機種「Priori 3S LTE」と、ヒットした前機種「Priori3 LTE」との大きな違いは次の4点です。

・4000mAhの超大容量バッテリー (前機種の約2倍)
・5インチHD液晶 (前機種4.5インチ)
・2GBメモリ (前機種1GB )
・5点タッチ式液晶(前機種2点タッチ)

中でも最大の目玉は4000mAhの超大容量バッテリーです。海外では既に同等の電池を内蔵するスマホが販売されていますが、4000mAhの電池がついに日本のスマホにも搭載されるようになりました。

「Priori 3S LTE」のPREMIUM 2年保証(税込3758円)

PREMIUM 2年保証(税込3758円)

2年間有効の有料保証も販売していました。本体価格が安いので、いがモバはパスしました。

「Priori 3S LTE」外観 速報レビュー

フリーテルのSIMフリースマホ「Priori 3S LTE」「Priori 3S LTE」の付属品一式

「Priori 3S LTE」の付属品一式

「Priori 3S LTE」の付属品一式です。充電器も付いてきます。

5インチHD液晶

5インチHD液晶

「Priori3S LTE」の5インチHD液晶は綺麗な表示で好印象。

5インチもあるとやっぱり迫力があります。

「Priori 3S LTE」のホームボタンなどは液晶画面内に

ホームボタンなどは液晶画面内に

「Priori3」ではハードキーだったホームボタンは、「Priori3S LTE」では液晶画面内になりました。

ハードキーの方が好きな人も多いので、評価が分かれるところです。

「Priori 3S LTE」の背面パネル(ネイビー)

背面パネル(ネイビー)

白・黒・ネイビーと3色ある色の中で、いがモバはネイビーを選択。深みのある青色は高級感があります。

フリーテルのロゴマークが白色で処理されているので、色の邪魔をしません。ちょっと嬉しいポイントです。

「Priori 3S LTE」の800万画素メインカメラとLEDフラッシュ

800万画素メインカメラとLEDフラッシュ

背面の800万画素のメインカメラとLEDフラッシュです。

残念ながら通知用のLEDランプは見当たりませんでした。不在着信やLINEの通知で少し不便かもしれません。

「Priori 3S LTE」の本体右側側面

本体右側側面

本体右側側面に音量キーと電源キー。

「Priori 3S LTE」の本体左側側面

本体左側側面

本体左側側面には何もありません。

「Priori 3S LTE」の本体上部

本体上部

本体上部にはイヤホンジャックがあります。

「Priori 3S LTE」の本体底部

本体底部

本体底部には受話口のマイクと充電・転送に使うマイクロUSBの端子があります。

残念ながらストラップホールはありません。

背面パネルを取った所・電池着脱不可

背面パネルを取った所・電池着脱不可

背面パネルを取り外した状態です。「Priori3S LTE」は電池を取り外す事ができません。

大容量バッテリーと本体の薄型化とのトレードオフなので仕方ありませんが、少々残念な変更点です。

「Priori 3S LTE」のSIMスロットはnanoとマイクロ・microSDカードスロットあり

SIMスロットはnanoとマイクロ・microSDカードスロットあり

SIMスロットはnanoとmicroの2つあります。

最近は海外のプリペイドもnanoSIMが多くなってきたので、アダプターが不要なのでありがたいです。

「Priori 3S LTE」のSIM取り出し用ピック

SIM取り出し用ピック

SIMを取り出す際は付属品のピックを使用します。

「Priori 3S LTE」のSIM取り出し用ピックで取り出すところ

ピックでSIMを取り出すところ

ピックを隙間にさしてSIMを押し出すと取り出すことができます。

SIM取り出しは他のカードでもOK

「Priori 3S LTE」のSIM取り出しは他のカードでもOK

ただ、ピックを常に持ち歩くのもめんどくさいですよね。

そこで、ポイントカードの角を差し込んでみるとバッチリ代用ができました。

「Priori 3S LTE」中身速報レビュー

「Priori 3S LTE」の端末情報の画面

端末情報の画面

androidのバージョンは5.1。最近は6に対応している機種もあるので、今後のアップデートに期待です。

「Priori 3S LTE」は技適マーク表示可能

技適マーク表示可能

SIMフリースマホを日本で使うのに欠かせない技適マークもちゃんとあります。

「Priori 3S LTE」のホーム画面

ホーム画面

ホーム画面はほぼ素のandroidのランチャーに近いものになっています。

「Priori 3S LTE」の初期状態のプリインストールアプリその1

初期状態のプリインストールアプリその1

プリインストールアプリもほぼ素の状態です。

「Priori 3S LTE」の初期状態のプリインストールアプリその2

初期状態のプリインストールアプリその2

独自に入っているのは通話料を半額にする「半額でんわ」アプリぐらいです。

無駄なプリインストールアプリがないので好印象です。

「Priori 3S LTE」の初期状態の空き容量

初期状態の空き容量

初期状態の空き容量は約11GB。あまり多くはないので写真や動画はSDカードを有効活用したいところです。

「Priori 3S LTE」の初期状態の空きメモリ(RAM)

初期状態の空きメモリ(RAM)

素晴らしいのが空きメモリ。

「Priori3S LTE」は初期状態でなんと1.5GBもメモリに空きがありました。おかげで動きもサクサクです。

「Priori 3S LTE」はGoogle日本語入力がプリインストール

Google日本語入力がプリインストール

日本語入力は多くの人が使うグーグル日本語入力がインストールされています。

プリセットされているAPNの一部

「Priori 3S LTE」にプリセットされているAPNの一部

格安SIMを使う時にかかせないAPNも主要な会社のものがプリセットされているので、それを選択するだけでデータ通信を使うことができます。

SIMフリー端末を扱っている会社だけあって、APNのプリセットの充実度は素晴らしいですね。

「Priori 3S LTE」のSIM切り替えの画面

SIM切り替えの画面

今回の機種も2つのSIMを切り替えて使うことができます。

海外では4GLTEとGSMの同時待ち受けができます。

「Priori 3S LTE」は各種テザリングに対応

各種テザリングに対応

テザリングはWi-Fi・Bluetooth・USBに対応しています。

「Priori 3S LTE」のラジオの画面

FMラジオの画面

内蔵しているFMラジオは日本の周波数に対応しています。災害時に役立ちそうです。

フリーテルの「半額でんわ」アプリ

「半額でんわ」アプリ

プリインストールされてる「半額でんわ」アプリは通話料が30秒10円になるもので、格安SIMで通話料を抑えたい人に便利なアプリです。

通話料いきなり半額アプリはアンインストール可能

アンインストールが可能

ただほかのアプリを使っているなどで不要な場合はアンインストールすることができます。

「Priori 3S LTE」の「ジェスチャー操作」機能

「ジェスチャー操作」機能

今回の目を引いたのがジェスチャー機能。この機能を使って試しに画面ロックを解除してみたいと思います。

電源キーで画面を点灯

まず電源キーで画面を点灯

まず電源ON。画面を点灯させます。通常はここでスワイプ動作が必要ですが。。。

「Priori 3S LTE」に手をかざすと。。。

手をかざすと。。。

手をかざしてみると。。。

ジェスチャー操作機能で画面のロックが解除される

画面のロックが解除!

ロックが解除され、使い始めることができます。こりゃすごい!

残念ながら画面をダブルタップして点灯させる機能はついていないので、それと組み合わさればさらに便利だったのにな~と思いました。

「Priori 3S LTE」はHDR撮影に対応

HDR撮影に対応

カメラはHDR撮影にも対応していました。

「Priori 3S LTE」は豊富なカメラ設定メニュー

豊富なカメラ設定メニュー

カメラの設定メニューも豊富です。

グーグルマップのアプリ画面

グーグルマップのアプリ画面

GPSもまずまずの感度です。成田に向かうイブニングライナー乗車時もGPSはちゃんと追尾しました。

スマホの進行方向の矢印が中々定まらないのが少々気になりました。

AnTuTu Benchmark v6.0.4

AnTuTu Benchmark v6.0.4でチェック

最後にベンチマークソフトで中身をチェックします。

低負荷時は4つコアのうち3つが休んでいる

低負荷時は4つのうち3つのコアが休んでいる

4コアのCPUは、低負荷時はしっかり休んでいました。電池持ちにも貢献しそうです。

「Priori 3S LTE」に内蔵されているセンサー一覧その1

内蔵されているセンサー一覧その1

センサー類の一覧です。加速度センサーなどを内蔵しています。

内蔵されているセンサー一覧その2

内蔵されているセンサー一覧その2

近接センサーなども内蔵しています。

「Priori 3S LTE」は液晶が5点タッチ式

液晶が5点タッチ式

液晶のテストではスペック通りちゃんと5点タッチを検知しました。

6本目以上は指を置いても検知しませんでした。

「Priori 3S LTE」のAnTuTu Benchmark v6.0.4のテスト結果

AnTuTu Benchmark v6.0.4のテスト結果

そして気になるAnTuTuベンチマークのスコア。

結果は23498。もっと行くかと期待していたのですが、値段なりの結果になりました。

ベンチマークというより電池持ちで評価が決まりそうです。

「Priori 3S LTE」はネットもサクサク

ネットもサクサク

LTEにもばっちり繋がり、サクサクでネットが見れます。電池が大きいのでネット重視の人にはよさそうです。

「Priori 3S LTE」スペックまとめ

フリーテルのSIMフリースマホ「Priori 3S LTE」
機種名 Priori3S LTE(FTJ152B)
OS Android 5.1
CPU MT6735P クアッドコア1.0GHz(64bit)
RAM 2Gバイト
ROM 16Gバイト
(microSDXC128Gバイトまで対応)
画面 5.0インチHDIPS液晶
1280×720ピクセル
5点タッチ式
カメラ メイン:約800万画素CMOS
サブ:約200万画素CMOS
電池 4000mAh(取り外し不可)
待受時間 約500時間
通話時間 約840分
サイズ 高さ144mm×幅72mm×厚さ9.4mm
重さ 約161g
カラー マットブラック
パールホワイト
ネイビー
電波 FDD-LTE:Band 1/3/7/8/19
W-CDMA:Band 1/6/8/19
GSM:850/900/1800/1900MHz
Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n
(2.4・5GHz対応)
Bluetooth Version4.0 LE対応
SIM microSIM・nanoSIM
(2スロット)
その他 GPS搭載 (A-GPS対応)
加速度センサー
近接センサー
重力センサー
光センサー
e-compass
いがモバ
ついに「Priori3S LTE」が発売されました!今のところサクサクで良機種の予感です。4000mAhの電池は果たしてどんな活躍をしてくれるのでしょうか?今後、カメラの撮影例のレビューなどもお伝えする予定です。お楽しみに!

【2月14日更新】「Priori3S LTE」のカメラについて、中国武漢の街を旅しながら撮影した実際の撮影例のレビューを公開しました。

旅する武漢!「Priori3S」カメラレビュー 

2016.02.14

Amazonなどでも販売中!

by カエレバ

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

LCC STYLE編集長・メディアディレクター 五十嵐 貴文

元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材。日本初LCC専門ポータルサイト「LCC STYLE」編集長、ANA動画ニュース「ANA TV」監修、中部国際空港LCCポータルサイト監修。雑誌「MONOQLO」・NHKラジオなどマスメディアにも出演。書籍「LCCスタイル」(ゴマブックス社)はamazon旅行ガイド部門で1位を記録(2017年4月21日付)。