中国で最新中華スマホ三昧!武漢小米之家の行き方

中国武漢の小米之家の外観

LCCで中国の武漢にやってきたいがモバ。武漢にも人気スマホメーカー小米のリアル店舗「小米之家」があります。お店では先月発売されたばかりのモンスター級超格安スマホ「紅米手机3(Redmi3)」を発見!最新中華スマホを堪能してきました!

【2016年11月23日追記】シャオミの新型ファブレット「小米MIX」(Xiaomi Mi MIX)の実機レビューを公開しました。

プレミアムなファブレット!小米MIX実機レビュー

2016.11.23
スポンサーリンク

武漢にも「小米之家」がある!

武漢地下鉄2号線の光谷广场駅(Optics Valley Square)LCC「春秋航空日本」で中国の武漢に初めてやってきたがいモバ。武漢では人気の新スマホ「Priori3S LTE」のカメラレビューを行ってきました。

旅する武漢!「Priori3S」カメラレビュー 

2016.02.14

そして中国といえば、今一番スマホが熱い国。武漢には人気スマホメーカー「小米」(シャオミ)のリアル店舗「小米之家」があります。

今日は武漢の「小米之家」の行き方と最新中華スマホの情報をお伝えします。

「武漢小米之家」は地下鉄2号線の現時点の終点「光谷广场駅」(Optics Valley Square)が最寄り駅になります。

中国のスマホメーカー「歩歩高」(BBK)のスマホブランドVivoの広告光谷广场駅の改札を出ると中国のスマホメーカー「歩歩高」(BBK)のスマホブランド「Vivo」の大きなデジタル広告がありました。「Vivo」も今中国で勢いがあるブランドの一つです。

駅の近くには科学技術系の国立大学「華中科技大学」があるなど、周辺はどうやらデジデジした街のようです。期待が高まります。

武漢地下鉄2号線の光谷广场駅(Optics Valley Square)のC出口「武漢小米之家」は地下鉄2号線「光谷广场駅」のC出口が最寄りの出口になります。

武漢地下鉄2号線の光谷广场駅(Optics Valley Square)近くにある「光谷資本大廈」C出口を出た先にある大きな建物「光谷資本大廈」の中に「武漢小米之家」がテナントとして入っています。

「小米之家」に行く前に家電量販店で中華スマホをチェック

「光谷資本大廈」の地下にある家電量販店「蘇寧電器」(SUNING)のスマホ売り場「光谷資本大廈」の地下にはラオックスを買収した事でも知られる家電量販店「蘇寧電器」(SUNING)があります。

「武漢小米之家」に行く前に、ちょっとだけ最新の中華スマホをチェックしてみました。

「蘇寧電器」(SUNING)のファーウェイコーナースマホ売り場の中で一際人気だったのが、日本でもおなじみのファーウェイのコーナー。

ファーウェイのフラッグシップスマホ「Huawei Mate8」いがモバが上海に行った時の記事で紹介したファーウェイのフラッグシップスマホ「Huawei Mate8」。

コスパの神様!上海は最新中華スマホの聖地だった

2015.12.06

販売当初は3699元(当時のレートで約71000円)だったのですが、春節のセールで2999元(約52500円)に値下げしていました。最近の急激な円高もあってお得感のある価格です。

高級感のある6インチの大画面スマホで、動作もサクサク。思わず買っちゃいそうですが、ひとまず我慢することに(笑)。

中国のスマホメーカーYulongのブランドivviのスマホ こちらは去年世界最薄スマホを発売した事で話題になった「ivvi」ブランドのスマホ。

「ivvi」は「Coolpad」ブランドで知られる中国の「Yulong」が販売しています。

残念なことにお店ではあまり人気がありませんでした。一時いろんなスマホのブランドが乱立した中国ですが、少しずつ淘汰される時代が来ているようです。

LeTVの「LeTV Le1s」液晶画面が綺麗なこちらのスマホはLeTV(楽視)の「LeTV Le1s」。(64GB版が2999元・約52500円 )

LeTV(楽視)は中国のオンライン動画の大手で、その動画コンテンツが見られることを売りにしたLeTVのスマホは高スペックな事もあって、世界中から注目を集めています。

日本では通信制限があるため中々普及しない有料動画コンテンツですが、回線次第で大化けしそうな分野です。

「武漢小米之家」は駐車場側から入る!

「光谷資本大廈」の角を右に曲がり駐車場側に行くと「武漢小米之家」がある一通り最新の中華スマホを満喫したところで目的地の「武漢小米之家」へ向かいます。

お店は「光谷資本大廈」の駐車場側からしか入れないので、建物の角を曲がって駐車場へ向かいます。

建物の左側から行く場合は写真の緑色の「光谷医院」の看板が目印になります。

「武漢小米之家」に到着!

中国武漢の小米之家の外観そしてこちらが目的地の「武漢小米之家」です。駐車場側にあるテナントの一つに入っています。

ネット上に日本語で「行った」という情報が見当たらないので、いがモバが日本人で初の来店かもしれません(笑)。

武漢小米之家の店内武漢の小米之家もお客さんでいっぱいです。

699元!?これがモンスター級超格安スマホ「紅米手机3」

中国の小米科技(Xiaomi))の超格安スマホ「Redmi 3」今回のいがモバのお目当てがこちら!小米の超格安スマホ「紅米手机3」(英語名:Redmi3)です。

お値段はなんと「699元」!!!日本円で約12000円の超格安スマホです。

この価格にして、8コアCPU・2GBメモリ・1300万画素カメラ・4100mAhのバッテリーと化け物のようなモンスター級のスマホです。

12000円のモンスタースマホ「紅米手机3」(Redmi3)レビュー

中国の小米科技(Xiaomi))の超格安スマホ「紅米手机3」 (Redmi3)の背面フルメタルの本体は背面にひし形のデザインが加工されていて高級感があります。

中国の小米科技(Xiaomi))の超格安スマホ「紅米手机3」 (Redmi3)の本体右側側面本体右側に電源と音量キーがあります。

中国の小米科技(Xiaomi))の超格安スマホ「紅米手机3」 (Redmi3)の本体左側側面本体左側にはSIMカード(nanoとMicro) ・SDカードのスロットがあります。

中国の小米科技(Xiaomi))の超格安スマホ「紅米手机3」 (Redmi3)の本体上部本体上部にはイヤホンジャックなどがあります。(真ん中の奴は確認中)

中国の小米科技(Xiaomi))の超格安スマホ「紅米手机3」 (Redmi3)の本体正面本体の色はグレーのほかに写真のシルバー(表はホワイト)、ゴールドがあります。

中国だけあってゴールドが人気らしく、店頭にはありませんでした。

「紅米手机3」 (Redmi3)の視野角は狭め5インチのHD液晶は視野角は狭めです。でも値段を考えたら十分な品質です。

「紅米手机3」 (Redmi3)のカメラ撮影画面カメラはメインカメラが1300万画素・インカメラが500万画素です。

メインカメラはHDR撮影にも対応していました。写真も綺麗です。

「紅米手机3」 (Redmi3)のシステム情報これが紅米手机3のシステム情報です。OSはandroid5.1.1をベースにした独自のものが使われています。

メニューなどは独特ですが、androidに慣れた人なら問題なく使えます。

「紅米手机3」 (Redmi3)の言語は中国語と英語のみ紅米手机3に標準で入っている言語は中国語と英語のみです。

「紅米手机3」 (Redmi3)でいがモバを表示したところプリインストールされている言語は中国語と英語のみですが、日本語表示ばバッチリできます。

いがモバのブログも綺麗に表示されました。動作もサクサクで12000円とは思えない仕上がりです。

もし、このスマホがこのままの値段で日本に入ってきたらほかのメーカーが壊滅状態になるかもしれません。

そんな破壊力を持つモンスター級超格安スマホに直接触れる小米之家。武漢に遊びに行った際は、ぜひ「武漢小米之家」にも足をのばしてみて下さいね。

「武漢小米之家」まとめ

武汉小米之家
住所:武汉市东湖高新区 光谷广场资本大厦1階 (駐車場側の店舗)
電話番号:027-67885789
営業時間:午前9:30~午後6時
武漢地下鉄2号線「光谷广场駅」(Optics Valley Square)
C出口から徒歩約5分

いがモバ
12000円ではありえない「紅米手机3」の充実したスペックはまさにモンスターでした。ますます充実する中国の最新スマホから目が離せませんね!いがモバでは海外のスマホについても現地の情報を随時お伝えしていきます。お楽しみに!

【2016年11月23日追記】シャオミの新型ファブレット「小米MIX」(Xiaomi Mi MIX)の実機レビューを公開しました。

プレミアムなファブレット!小米MIX実機レビュー

2016.11.23
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

LCCジャーナリスト・メディアディレクター 五十嵐 貴文

元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材。日本初LCC専門ポータルサイト「LCC STYLE」編集長・ANA動画ニュース「ANA TV」監修・中部国際空港LCCポータルサイト監修。雑誌「MONOQLO」・NHKラジオなどマスメディアにも出演。書籍「LCCスタイル」(ゴマブックス社)はamazon旅行ガイド部門で1位を記録(2017年4月21日付)。