19800円!ZenFone Goはコスパ入門機

ASUSのSIMフリースマホZenFoneGo(ZB551KL)

台湾ASUSが新スマホ「ZenFone Go」(ZB551KL)を日本で発売する事を発表。4コアCPU・2GBメモリ・3010mAh電池と十分な性能で、価格は税抜19800円!格安スマホデビューする人にピッタリなコスパスマホです!

【4月4日追記】当初の予定から少し遅れて4月2日に発売された「ZenFone Go」の実機を触ってきました!

ヒットの予感!「ZenFoneGo」実機レビュー

2016.04.04
スポンサーリンク

格安スマホデビューにぴったりの機種をASUSが発表!

ZenFoneGo-ZB551KLに関するASUS JAPANのプレスリリース

ASUS JAPANのプレスリリースより

3月11日、台湾のASUSが新SIMフリースマホ「ZenFone Go(ZB551KL)」を日本で3月下旬に発売する事を発表しました。【4月4日追記】当初予定より少し遅れて4月2日に発売になりました。

「さあ、この1台からはじめよう。」ASUSがそう呼びかける「ZenFone Go」は、まさにこれから格安スマホにデビューしようと考えている人にぴったりの機種なんです。さっそくその魅力に迫ってみたいと思います。

19800円!有名メーカーのSIMフリー機がついに2万円切り

ZenFone Go(ZB551KL) ASUSのHPより

ZenFone Go(ZB551KL) ASUSのHPより

「ZenFone Go」の最大の魅力はその価格。なんと税抜19800円と2万円を切っているんです!

有名メーカーのスマホとしては異例の2万円切りです。これから格安スマホにデビューしようと考えている人が真っ先に気にするのは、やはり「値段」ですよね。

スマホ売り場やHPで「19800円」と大きく2万円を切る価格が提示できるのは、かなりの請求力があると思います。

十分な性能!この機種がスマホデビューの人が羨ましい

ZenFoneGo(ZB551KL)のCPUとメモリについて

ASUSのHPより

「ZenFone Go」は税抜19800円と安い価格が魅力ですが、その性能も手を抜いていません。

5.5インチの大画面液晶・1.4GHzの4コアCPU・2GBメモリ・容量16GB・日本語入力にATOKと、価格からは考えられないくらいの高コストパフォーマンスです。

この性能のスマホが19800円で買えるなんて、これから格安スマホデビューする人が本当に羨ましいです(笑)。

明るいカメラできれいに撮れる

ZenFoneGo(ZB551KL)のカメラについて

ASUSのHPより抜粋(ピンク色は日本発売未定)

これからスマホデビューする人が大事にしてほしいのが、カメラがきれいに撮れるかどうかです。

ガラケーからスマホへ移行すると、撮影した写真をスマホの大画面で確認できたり、その写真をLINEで送信するなど、カメラの重要度が増します。きれいな写真が撮れることはとても大事な事です。

「ZenFone Go」のカメラは800万画素で、カメラのレンズの明るさを表す「F値」が「2.0」と明るいレンズを使っているので、きれいな写真が撮れると思います。

ZenFone Goスペックまとめ

ZenFone Goのスペックを以下の表にまとめてみました。注目すべき点を赤字にしています。

ZenFone Go (ZB551KL)
(公式HP)
OS Android 5.1.1
CPU Qualcomm Snapdragon 400
クアッドコア 1.4GHz
RAM 2GB LPDDR3
ROM 16GB eMMC Flash
(microSD/HC/XC対応)
画面 5.5型 IPS液晶
(1280×720ドット)
10点マルチタッチ式
カメラ メイン:800万画素 F値2.0
デュアルカラーLEDフラッシュ
イン:500万画素
電池 3010mAh
サイズ 高さ:151ミリ
幅:76.9ミリ
厚さ:10.7ミリ
重さ 約160グラム
カラー ブラック(BK16)
ホワイト(WH16)
ブルー(BL16)
周波数 FDD-LTE:1/3/5/6/7/8/9/18/19/28
TDD-LTE:38
W-CDMA(HSPA+):1/2/5/6/8/19
GSM/EDGE:850/900/1800/1900MHz
Wi-Fi IEEE 802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.0
SIM microSIMスロット×2
(両方LTEに対応・同時待ち受けは海外のみ)
その他 GPS/電子コンパス/光センサー/
加速度センサー/近接センサー/磁気センサー
価格 19800円(税別)

まず注目すべきは電池の容量。価格の安いスマホは電池容量が少ないスマホも多いですが、「ZenFone Go」の電池は3010mAhと大容量になっています。

次に携帯オタク的な話になりますが、「ZenFone Go」はなぜかTDD-LTEのband38に対応しています。他の国で発売されるものを使いまわしているのでしょうか?中国で使うことを考えるとTD-SCDMAやTDD-LTEのband39~41も欲しいところですが、無いよりあったほうが嬉しいのでOKです(笑)。

【追記】4月2日発売!Amazonなどで販売中

【4月4日追記】当初の予定より少し遅れて、4月2日に「ZenFone Go」が無事に発売されました。

税抜19800円(税込21384円)とコスパの良いスマホになっているので、この春に格安スマホデビューする人は、ぜひチェックしてみて下さいね。サブスマホにも良さそうです!

by カエレバ

 

ZenFone Goにおすすめの格安SIMは「5分かけ放題」が人気の楽天モバイル!

「ZenFone Go」を買うことを決めたら、次に悩むのがその中に入れるSIMの会社をどうするかですよね。いろいろな格安SIMの会社がありますが、今使っている携帯番号をそのまま乗り換えるMNPの場合、一番おすすめなのは楽天モバイルです。

5分間の国内通話がかけ放題になるオプションが月額850円(税抜)でつけることができて、通信速度もリニューアル後は良くなり音声と通信のサービスのバランスが取れている会社です。以前の記事で紹介しているので、ぜひチェックしてみて下さいね。

時代は格安SIM!電話5分かけ放題の楽天モバイル

2016.02.08

楽天モバイルのHPはこちらから

いがモバ
ついに有名メーカーのSIMフリースマホも2万円を切ってきました。今回紹介した「ZenFone Go」が口火となって、さらなる価格競争が起こりそうな予感です。いがモバではこれからも注目のお得スマホを紹介していくのでお楽しみに!

【4月4日追記】当初の予定から少し遅れて4月2日に発売された「ZenFone Go」の実機を触ってきました!

ヒットの予感!「ZenFoneGo」実機レビュー

2016.04.04
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

いがモバ 五十嵐 貴文

LCCジャーナリスト・メディアディレクター。元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材。大手企業の動画コンテンツなどメディアのディレクション業務も行っています。日経トレンディ・MONOQLO旅行ムックなどLCC特集にも掲載。中部国際空港・セントレアのLCCポータルサイトの監修・執筆も担当しています。