24日午後4時1分予約開始!iPhoneSE発表

Appleの春の新製品発表会で新型4インチスマホ「iPhoneSE」が発表されました!価格は16GBモデルが税抜52800円で、3月24日に受付開始・31日に発売です。格安SIMと組み合わせると月3千円台の維持も可能で、ヒットの予感大です!

NTTドコモ・au・ソフトバンクが「iPhoneSE」の取り扱いを発表しました。予約開始は3月24日の午後4時01分からです。その部分を追記しました。

スポンサーリンク

Appleが午前2時から春の新製品発表会を開催

アップルの2016年春のスペシャルイベント

アップルの2016年春のスペシャルイベント

Appleがきょう午前2時から2016年春の新製品の発表会を行いました。アメリカとの時差の関係で日本は真夜中でしたが、多くの人が配信映像に注目していたのではないでしょうか?

いがモバも頑張って起き続けて、同時通訳サイトの日本語音声を聞きながら発表を楽しみました。

AppleWatchの新バンド・9.7インチiPadProなどが発表

AppleWatchの値下げと新バンドを発表

2016年春のアップルスペシャルイベントの配信映像より(HP)

発表会ではApple Watchの値下げ・新バンドの追加や、9.7インチ版のiPad Proが発表されました。

Apple Pencilに対応する9.7インチ版iPad Proはサイズ的にも魅力的なので、ちょっと欲しくなりました。

噂の新4インチiPhoneの名称はやっぱり「iPhoneSE」だった!

iPhoneSEの発表の瞬間

2016年春のアップルスペシャルイベントの配信映像より(HP)

発表会の会場の歓声が一際大きくなったのが新型iPhoneの発表です。

新型iPhoneの名称は噂通り「iPhoneSE」iPhone5sユーザー待望の最新4インチスマホです。

iPhone5sにはなかったローズゴールドも登場!

iPhoneSEのカラーバリエーション

2016年春のアップルスペシャルイベントの配信映像より(HP)

「iPhoneSE」のデザイン・サイズはほぼiPhone5sと同じ。重量が113グラムと1グラム重くなっているだけなので、ケースもiPhone5sのものが使えるものと思われます。

注目なのが、iPhone5sにはなかった本体カラーの「ローズゴールド」。小型なサイズと相まって女性人気が出そうですね。

iPhone6sと同等のCPUでさらにサクサク?

iPhoneSEは6sと同じA9チップ搭載

2016年春のアップルスペシャルイベントの配信映像より(HP)

「iPhoneSE」はiPhone 6sと同じ「A9チップ」を搭載しています。

iPhone6sはその動作の速さが人気を集めていたので、iPhone6sより画面の解像度が抑えめ(1136×640ドット)な「iPhoneSE」は、さらにサクサクした動作が期待できそうです。

iPhoneSEはiPhone5sより2倍速い

従来のモデルとの性能比較

2016年春のアップルスペシャルイベントの配信映像より(HP)

CPUの性能比較を表したグラフでは「iPhoneSE」は「iPhone6s」と同等、iPhone5s比で約2倍の性能と紹介されていました。

「iPhoneSE」には最新のiOS9.3を内蔵して販売されますが、新OSでもサクサク操作できそうです。

メインのカメラは12メガ・4K動画撮影・Livephotoにも対応

iPhoneSEのカメラ性能

2016年春のアップルスペシャルイベントの配信映像より(HP)

当初の噂ではカメラの性能は抑えられるという予想がありましたが、ふたを開けてみると「iPhoneSE」のカメラはiPhone6sと同等でした。

iPhone6sの12MPカメラはとてもきれいに取れるので、iPhoneSEは4インチスマホとしては最強のカメラになりそうです。

Live Photos・4K動画の撮影に対応するほか、インカメラは1.2MPのFaceTime HDカメラを搭載しています。

アメリカでは16GBで399ドル・64GBで499ドル

iPhoneSEの価格

2016年春のアップルスペシャルイベントの配信映像より(HP)

発表会では「iPhoneSE」のアメリカでの価格が発表され、16GB版が399ドル、64GB版が499ドルという価格でした。

さあ、日本ではいくらで発表されるのでしょうか?公式HPを見てみると。。。?

日本では16GBが52800円!安い?高い?

iPhoneSEの値段

AppleのHPより

日本のアップルのHPを見てみると、早速価格が公開されていました。

それによると、日本版の「iPhoneSE」は16GB版が52800円、64GB版が64800円でした。(共に税抜き価格)

きょうの為替レートで見てみると、16GB版の米価格399ドルは約44600円。アメリカ版より約8000円高い、通称「おま国・おま値」価格でした(笑)。

ただ、いがモバは個人的には今のAppleだと下手すると税抜き59800円で来るかもしれないと思っていたので、十分頑張った価格だと感じました。

香港やマカオでは消費税がないので少しお得に「iPhoneSE」を購入することができます。旅行ついでに購入するのもおすすめです。

カジノ&世界遺産!3時間で巡るマカオ超弾丸ツアー

2016.01.21

注文受付開始はあさって3月24日から!

iPhoneSEの予約受付日は3月24日

2016年春のアップルスペシャルイベントの配信映像より(HP)

「iPhoneSE」の注文受付はあさって3月24日から。

日本の携帯大手3社(NTTドコモ・au・ソフトバンク)は24日の午後4時1分から予約を受け付ける事を発表しました。

ドコモからのお知らせ : 「iPhone SE」に関するお知らせ | お知らせ | NTTドコモドコモからのお知らせ : 「iPhone SE」に関するお知らせ | お知らせ | NTTドコモ
au、「iPhone SE」に関するお知らせ | 2016年 | KDDI株式会社au、「iPhone SE」に関するお知らせ | 2016年 | KDDI株式会社
SoftBankの「iPhone SE」取り扱いについて | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループSoftBankの「iPhone SE」取り扱いについて | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ

iPhone6sほど殺到はしないと思いますが、当日はアップルのサーバーが繋がりにくくなりそうです。

発売日は3月31日!3月が2年縛りの更新月の人は乗り換えのチャンス!

iPhoneSEの発売日

2016年春のアップルスペシャルイベントの配信映像より(HP)

そして、実際に店頭で発売されるのは3月31日からです。3月中に発売するので、3月が携帯電話の2年契約の更新月だった人は違約金なしでiPhoneSEに乗り換える良いチャンスです!

携帯各社の料金プランや割引の詳細はまだ発表されていませんが、今回は本体価格が安いので格安SIMとの相性もよさそうです。

今回も中国・香港などと同時発売!店頭の混乱はなさそう

iPhoneSEが最初に発売される国

2016年春のアップルスペシャルイベントの配信映像より(HP)

3月31日に「iPhoneSE」が発売されるのは上記の12の国です。何気にカリブ海の小さいな島・プエルトリコが入っているのが興味深いです。

中国や香港も同時に発売されるので、iPhone6発売時のような店頭の混雑は避けられそうです。

格安SIMとセットで本体代金込月3000円台で持てる!「iPhoneSE」はヒット間違いなし!

iPhoneSEの紹介画像

AppleのHPより

「iPhoneSE」の16GB版の本体代金は52800円。これをAppleの24回無金利分割払いのキャンペーンで払うと月の負担額は2200円です。

これに格安SIMの音声付きプラン(高速データ月3GB)の平均価格1600円を合わせると、毎月の金額は本体代金込で3800円(税抜)です。

iPhone6sと同等の機能を備えた最新のSIMフリーiPhoneが税抜月3000円台で持てるというのはかなり価格の請求力が高く、人気を集めそうです。

いがモバ
携帯大手3社やワイモバイル、格安SIMの各社がこのiPhoneSEをどう扱うのか、今から注目ですね。いがモバではiPhoneSEに関わるお得な情報も紹介していきます。お楽しみに!
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

いがモバ 五十嵐 貴文

LCCジャーナリスト・メディアディレクター。元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材。大手企業の動画コンテンツなどメディアのディレクション業務も行っています。日経トレンディ・MONOQLO旅行ムックなどLCC特集にも掲載。中部国際空港・セントレアのLCCポータルサイトの監修・執筆も担当しています。