64GB版の入荷は一桁!iPhoneSE在庫調査

ビックカメラ有楽町店のiPhoneSEの在庫状況(4月1日)

3月31日に発売された「iPhoneSE」。今回は64GB版の出荷が極端に少なく全国各地で入手困難な状況が続いています。いがモバは東京・有楽町のビックカメラでiPhoneSEの在庫を調査。64GB版の入荷は何と「一桁」と、衝撃の事実が判明!

スポンサーリンク

iPhoneSEの実機を触りに有楽町のビックカメラへ

ビックカメラ有楽町店の外観

ビックカメラ有楽町店の外観

3月31日に発売されたアップルの新4インチスマホ「iPhoneSE」。各メディアでも取り上げられ早速話題のスマホとなっています。

24日午後4時1分予約開始!iPhoneSE発表

2016.03.22

発売翌日の4月1日、いがモバはiPhoneSEの実機を触りに東京・有楽町駅前にあるビックカメラ有楽町店にやってきました。

iPhoneSEの実機が全色展示!ビックカメラ有楽町店の特設会場

iPhoneSEのローズゴールドの実機

iPhoneSEのローズゴールドの実機

ビックカメラ有楽町店の店頭にはiPhoneの特設コーナーが設けられ、iPhoneSEの実機が全色用意されていました。

6sと同じA9チップ搭載!ネットもサクサク快適

iPhoneSEは6sと同じCPUでネットもサクサク

iPhoneSEは6sと同じCPUでネットもサクサク

iPhoneSEはiPhone6sと同じA9チップを搭載しています。

そのため、基本的な動作はサクサク快適で、ネットの描画も早く5sよりも明らかに体感的に早く感じました。

iPhoneSEは6sと違い「4GLTE-Advanced3」という300Mbpsで通信する次世代のLTE規格に対応していませんが、そもそもLTEが既に十分な速さなのでウェブ閲覧程度では違いは感じませんでした。

iPhoneSE注目のローズゴールド 6sよりはっきりしたピンク色

iPhoneSEのローズゴールド

iPhoneSEのローズゴールド

こちらがiPhoneSEのローズゴールドの実機の色味です。

個人的な主観にはなりますが、iPhoneSEのローズゴールドはiPhone6sよりハッキリしたピンク色になっています。

今東京は桜が満開なので、季節的にもグッとくる色です。

iPhoneSE ロールゴールド本体レビュー

iPhoneSEの本体側面

iPhoneSEの本体側面

iPhoneSEの本体はiPhone5sと全く同じ作りになっています。

左側面に音量キー、右側面にnanoSIMスロットがあります。

iPhoneSEの本体上部

iPhoneSEの本体上部

iPhoneSEはiPhone5sと同じ本体上部に電源キーがあります。個人的にはサイドにあるほうが便利なので、ここはちょっと残念。

iPhoneSEの本体底部

iPhoneSEの本体底部

iPhoneSEの本体底部もiPhone5sと全く同じ作りになっています。

各色微妙に5sと違う?スペースグレイはより明るいシルバーに

iPhoneSEのスペースグレイ

iPhoneSEのスペースグレイ

iPhoneSEは5sと形は同じですが、色味が各色微妙に違うようです。中でもはっきり違いが分かったのはスペースグレイでした。

iPhoneSEのスペースグレイはiPhone5sよりシルバー部分の色が明るくなっていました。アップルのロゴもより黒っぽくなっています。

個人的にはiPhone5の真っ黒な奴が好きだったので、また復活しないかなと思っています。

iPhoneSEの在庫状況は?ビックカメラ有楽町店では64GBが全滅

4月1日のビックカメラ有楽町店のiPhoneSEの在庫状況

4月1日のビックカメラ有楽町店のiPhoneSEの在庫状況

気になるiPhoneSEの在庫状況ですが、4月1日のビックカメラ有楽町店ではiPhoneSEの64GB版が全キャリア・全色の在庫が無い状態で、予約受付中の状態でした。

予約なし当日買える?iPhoneSE入荷予定調査

2016.03.30

発売前日の3月30日に東京・渋谷で調査した時にも各店舗で「iPhoneSEの64GB版の入荷が極端に少ない」との話でしたが、その話どおり64GB版は今回入手困難なようです。

有楽町のビックカメラでもiPhoneSE 64GB版の入荷は「一桁」!

ビックカメラのauのiPhoneSEの予約の注意事項

ビックカメラのauのiPhoneSEの予約の注意事項

そのiPhoneSEの64GB版ですが、いがモバはauの回線を持っているのでauのiPhoneSEのローズゴールドの64GB版を予約してみることにしました。

予約手続き中、ビックカメラのau版iPhoneSEの予約担当の人に入荷状況を聞いてみると、興味深い答えが返ってきました。

予約担当「iPhoneSEの64GB版の予約は50台ほど入ったんですが、ここだけの話、入荷が一桁しかなかったんです。」

ビックカメラ有楽町店のような巨大店舗でさえも入荷が一桁しかないというのは衝撃的な事実でした。

iPhoneSEが売れすぎると困る!?自己矛盾に陥ったApple

今回、iPhoneSEの64GB版の出荷が極端に少ない状態が続いているようですが、既存の部品を使っているので生産状況に問題が起こったとは考えにくいです。

そう考えると、合点がいくのは「アップルがわざと64GB版の出荷を絞っている」という仮説です。

今回iPhoneSEは画面サイズは小さいものの、中のチップセットやカメラなどはiPhone6sと同じものを使っています。

それでいて価格は同じ64GB版で比べるとiPhone6sよりiPhoneSEの方が35000円も安くなっています。

つまり、iPhoneSEの64GB版が売れすぎるとiPhone6sの64GB以上の価格を自らが否定する事になってしまうんです。これは大きな自己矛盾ですよね。

アップルの難しい舵取りは続きますが、今は価格の安い魅力的なandroidのSIMフリースマホも多いので、消費者の私たちとしては賢くスマホ選びをしたいですね。

iPhone SE - Apple(日本)iPhone SE – Apple(日本)
いがモバ
iPhoneSE発売前日の取材どおり、64GB版が入手困難な状況になっています。いがモバでは今度もiPhoneSEの64GB版の入荷状況を各地で取材する予定です。お楽しみに!
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

いがモバ 五十嵐 貴文

LCCジャーナリスト・メディアディレクター。元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材。大手企業の動画コンテンツなどメディアのディレクション業務も行っています。日経トレンディ・MONOQLO旅行ムックなどLCC特集にも掲載。中部国際空港・セントレアのLCCポータルサイトの監修・執筆も担当しています。