熊本空港が閉鎖・全便欠航 最寄りの代替空港は佐賀

九州佐賀国際空港(佐賀空港)の外観
※以下の情報は4月16日時点のものです。4月19日から熊本空港へ向かう便は再開されました。熊本空港出発便も順次再開しています。詳しくは各航空会社のHPをご覧下さい。

地震で熊本空港のターミナルに被害が出て閉鎖され、16・17日は発着便全便が欠航。払戻し・振替の対応中です。熊本に向かう人にとって最寄りの代替空港になるのが佐賀県の九州佐賀国際空港です。運航会社と現在の空席状況、アクセスなどをまとめました。

スポンサーリンク

相次ぐ強い地震で熊本空港のビルに被害

熊本県を中心に相次ぐ強い地震の影響で、熊本空港(阿蘇くまもと空港)のターミナルビルに被害が発生しました。

NHKの映像では熊本空港のターミナルビルの天井が落ち、大きな被害が出ていることが分かります。

きょう16日・あす17日の熊本空港発着便は全便欠航

4月16日成田空港のジェットスターのカウンターにて撮影

4月16日成田空港のジェットスターのカウンターにて撮影

熊本空港の滑走路には被害は出ていないとの事ですが、ターミナルビルは危険な状況のため閉鎖しています。

そのため、全日空・日本航空・ソラシドエア、そしてLCCの「ジェットスター・ジャパン」は、きょう4月16日・あす4月17日に熊本空港を発着する全便の欠航が決まっています。

ジェットスターでも熊本・九州便の特別な払い戻し・振替の対応を実施

ジェットスターの九州発着便の変更についての案内(HPより)

ジェットスターの九州発着便の変更についての案内(HPより)

今回、LCCであるジェットスターでも特別な払戻し・キャンセルの対応を行っています。以下HPの文章を引用して紹介します。

(19日午後3時26分掲載の情報)

■熊本・福岡・大分・鹿児島発着便
熊本・福岡・大分・鹿児島空港を発着する4月28日までの出発便をご利用のお客様
・ご旅行を取りやめる場合、手数料なしで払い戻しいたします。
・出発日を変更される場合、5月6日までの変更であれば、変更手数料・運賃差額は不要です。

■松山発着便
松山空港を発着する4月28日までの出発便をご利用のお客様
・出発日を変更される場合、5月6日までの変更であれば変更手数料・運賃差額は不要です。
・出発日を5月7日以降に変更する場合、変更手数料は不要です。ただし、変更先のフライトとの運賃差額が発生する場合がございますので予めご了承ください。

最寄りの代替空港は「佐賀空港」

九州佐賀国際空港(佐賀空港)の外観(2015年12月撮影)

九州佐賀国際空港(佐賀空港)の外観(2015年12月撮影)

ターミナルビルに被害が発生した熊本空港は閉鎖され、きょう4月16日・あす17日の全便の欠航が決まっています。

熊本にどうしても向かいたい方が一番近い「代替空港」として使えるのが、佐賀県にある「九州佐賀国際空港」(以下・佐賀空港)です。

熊本県に一番近い佐賀空港

九州佐賀国際空港の位置関係(googlemapより)

九州佐賀国際空港の位置関係(googlemapより引用)

佐賀空港は発着する航空会社が少ないため、まだ利用した事のない人も多いと思います。

佐賀空港は福岡県の南部に近く、熊本空港が閉鎖されている4月16日時点では、熊本県へ一番近い空港になります。

春秋航空日本の成田~佐賀便・週末は1日2便運航

4月16日の春秋航空日本の成田~佐賀便の空席状況

4月16日の春秋航空日本の成田~佐賀便の空席状況(HPより)

いがモバがこのブログで良く紹介しているLCCの「春秋航空日本」。

春秋航空日本は成田空港と佐賀空港を結ぶ便を運航していて、この春から金・土・日の週末は1日2便飛ばしています。

4月16日午前9時すぎの時点で、今日・明日以降の成田~佐賀便はまだ空席がある状態でした。

Spring Japan 春秋航空日本公式サイトSpring Japan 春秋航空日本公式サイト

全日空ANAの羽田~佐賀便・1日5便運航

4月16日の全日空の羽田~佐賀便の空席状況

4月16日の全日空の羽田~佐賀便の空席状況(HPより)

また、羽田空港からは全日空(ANA)が1日5便佐賀空港行きの便を運航しています。

4月16日午前9時すぎの時点で、今日・明日以降の成田~佐賀便はまだ空席がある状態でした。

佐賀空港から熊本まで一般道で約2時間半・土砂崩れに厳重注意を

九州佐賀国際空港~熊本の一般道のルート

九州佐賀国際空港~熊本の一般道のルート

地震の影響で高速道路の九州道は4月16日午前10時現在、「えびのIC~植木IC」で通行止めとなっています。

その為、佐賀空港からは主に一般道を使って熊本に向かうことになります。

今夜からは大雨も予想されていて、地震の影響で地盤が緩んでいるところもあります。山道を通るルートもあるので、土砂災害に厳重な警戒をして向かって下さい。

佐賀空港のレンタカーの問い合わせ先

空港内カウンター 営業所
オリックス 0952-46-0543 0952-29-8694
トヨタ 0952-46-0120 0952-28-0100
日産 0952-46-0123 0952-31-4123
ニッポン 0952-46-0919 0952-31-5321
タイムズ 0952-46-0088 0952-31-8955

いがモバは3日間佐賀県へ・熊本の取材は検討中

春秋航空日本の機体・4月16日撮影

春秋航空日本の機体・4月16日撮影

いがモバは今日から3日間、春秋航空日本に乗って佐賀県に滞在します。先日のセールで購入していたチケットがあるためです。

佐賀県でも一部の地震で大きな揺れを観測しているため、訪問の是非を考えましたが、今の九州の現状をありのままお伝えすることが一番大事だと思い、このまま佐賀県に向かうことにしました。

レンタカーを借りているので、明日熊本県に向かうこともできます。ただ、余震が相次ぐ中で自分が行くことで逆に迷惑をかけてしまう可能性もあります。自分が何をできるのか、安全が十分に確保できる状態なのか、一晩情報収集して判断したいと思います。

春秋航空日本の佐賀行きは条件付きでの運航

春秋航空日本の佐賀行きは条件付きでの運航・4月16日撮影

春秋航空日本の佐賀行きは条件付きでの運航・4月16日撮影

九州では現在も余震が相次いでいますが、4月16日の春秋航空日本の佐賀行きの便は、佐賀空港に安全に着陸できないと判断した場合は成田空港に引き返す「条件付き」での運航となっていました。

今後佐賀に向かう方は、その点を踏まえて搭乗してください。

いがモバの視点と取材で伝えた熊本地震の関連記事

熊本震度7の地震 海外から日本の生情報を得る方法

2016.04.15

被災ペットを救おう!熊本の竜之介動物病院に支援を

2016.04.17

被災地の現実・メディアが伝えない熊本のトイレ問題

2016.04.18
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

いがモバ 五十嵐 貴文

LCCジャーナリスト・モバイルブロガー。元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材しています。日経トレンディ・MONOQLO旅行ムックなどLCC特集にも掲載。中部国際空港・セントレアのLCCポータルサイトの監修・執筆も担当しています。