無制限SIMで地震情報を!ワイヤレスゲート1か月

ワイヤレスゲートSIMを入れたスマホ

月額1680円で最大3Mbpsの中速通信が無制限に使える「ワイヤレスゲートSIM」。熊本で地震情報を得るのに使用した「AbemaTV」などのストリーミングサイトの再生で大活躍しました。誕生から1か月経った今の通信速度と合わせて紹介します。

【2017年1月31日追記】現在下りの速度が500Kbpsも出ない状態が続いています。これから契約される方は注意してください。

【2017年6月15日追記】あまりにひどい通信速度の為、本日付で解約しました。末期は酷い通信品質でした。おすすめできません。

スポンサーリンク

月1680円で3Mbpsの中速通信が無制限に使える「ワイヤレスゲートSIM」

ワイヤレスゲートSIMを入れた「honor6 Plus」

ワイヤレスゲートSIMを入れた「honor6 Plus」

ヨドバシカメラ限定で販売されている格安SIMの「ワイヤレスゲートSIM」。月額1680円で3Mbpsまでの中速データ通信が使い放題になる新プランが3月16日から始まりました。

3Mbpsという通信速度は普段のインターネットを見る分には十分な速さで、月額料金も安い事から人気の格安SIMとなっています。

待望の3Mbps無制限!新ワイヤレスゲートSIM

2016.03.19

新プラン開始から1か月・ワイヤレスゲートの今の通信速度は?

中速無制限の新プランの開始から1か月。果たして今の通信速度はどのくらいになっているでしょうか?

そこで、きょう4月19日の正午にワイヤレスゲートSIMを入れたスマホでスピードテストを行ってみました。

4月19日に測定したワイヤレスゲートSIMの通信速度

4月19日昼に測定したワイヤレスゲートSIMの通信速度

すると、昼休みで利用する人が多い「平日の正午」という時間帯にも関わらず、ワイヤレスゲートSIMでは下りが1~2Mbpsの通信速度が出ていました。

午前10時半ごろの人が少ない時間帯には2~3Mbpsの通信速度が出ていました。

この1か月でどのくらいユーザーが増えたのかは分かりませんが、月額1680円という価格を考えると大満足の結果です。

地震の影響で携帯大手も期間限定で「無制限&規制緩和」

ソフトバンクのプレスリリースより

ソフトバンクのプレスリリースより

4月14日夜から続く熊本地方を中心とした地震で沢山の人が避難生活を余儀なくされています。

今回は被災した多くのエリアで携帯電話が使えるため、地震の情報を入手・発信するのにスマホが大活躍しています。一方で気になるのが、通信容量を使いきると速度規制がかかってしまう事です。

そこで携帯大手各社は災害救助法が適用された地域の契約者を対象に、通信速度の規制を期間限定で撤廃・または容量追加することを4月17日から順次発表しています。

被災者対象の通信速度規制の撤廃・容量追加のプレスリリース

ソフトバンク(速度制限撤廃)
NTTドコモ(速度制限撤廃)
KDDI(10GB追加&速度制限撤廃)

ただ、4月14日の地震発生から制限緩和の発表まで約4日かかっていて、通信規制を考えて通信そのものを控えたりする人がいたのも事実です。

その点ではワイヤレスゲートSIMはそもそも通信容量が無制限なので、いがモバは九州いりしてからも容量を気にせずネットで情報収集することができました。

海外からも閲覧可能!情報収集に役に立ったストリーミング「AbemaTV」

AbemaTVの「Abema news」チャンネル

AbemaTVの「Abema news」チャンネル

今回の地震で情報収集するのに大変役に立ったのがストリーミングTVの「AbemaTV」です。

4月11日に正式サービスが始まったばかりの「AbemaTV」ですが、その中のニュースチャンネル「Abema news」ではテレビ朝日で放送されたニュース番組の内容などを分かりやすくまとめていて、地震発生直後から24時間地震情報を伝えています。

NHKも地震発生後にストリーミングサイトを開設しましたが、日本国内専用で、いがモバは最初の地震発生時に香港にいたので見ることができませんでした。

熊本震度7の地震 海外から日本の生情報を得る方法

2016.04.15

一方の「Abema news」は海外からも試聴することができ、生の情報を入手するのに大変役に立ちました。

熊本に向かう道中でもワイヤレスゲートSIMを入れたスマホで「Abema news」で最新の情報を確認しながら向かうことができました。

ワイヤレスゲートSIMならAbemaTVの設定を「最低画質」に

ワイヤレスゲートSIMで試聴する際はAbemaTVアプリを最低画質にしておくと途切れにくくなる

最低画質にしておくと途切れにくくなる

AbemaTVのアプリは通信速度によって画質を自動で切り替える機能がついていますが、切り替わるときに少し途切れたりします。

そこで、情報の入手だけが目的の場合は最初から設定で「最低画質」にしておくことをお勧めします。

ワイヤレスゲートSIMは通信速度が1~2Mbps出ていて、最低画質であれば完全に途切れないとまでは行きませんが、かなり途切れる回数を少なくすることができました。

NHKラジオのストリーミングもOK・アクセスは国内専用

NHKのネットラジオアプリ「らじる★らじる」

NHKのネットラジオアプリ「らじる★らじる」

ラジオのストリーミングもワイヤレスゲートの無制限SIMで通信容量を気にせず再生することができます。

震災時に聞きたいのがNHKのラジオですが、ストリーミング用のサイトらじる★らじるで聞くことができます。

ただ、「らじる★らじる」は国内からのアクセス専用なので海外からは聞くことができないので注意してください。

持っておくと安心の「無制限」回線

WirelessGateSIM・Wimax2+のギガ放題・ワイモバイルAXGPアドバンスモードの無制限トリオ

無制限トリオ

今回いがモバは熊本の地震の前にワイヤレスゲートSIM(NTTドコモの電波)・ワイモバイル(AXGP・アドバンスモード)・UQ WiMAX(ギガ放題)の3つの通信容量無制限の回線を契約していました。

今回は移動距離が広く、エリアの広いNTTドコモの電波を使うワイヤレスゲートSIMが一番活躍しました。

ただ、震災時にどの通信回線が使えるかはその時になってみないと分かりません。ラジオやワンセグにつながる機器を持っておくのはもちろん、リスク回避として複数のキャリアを使えるように備えておくのも大事だと改めて感じました。

震災から5年 携帯電話使用不可から得た未来の教訓

2016.03.11

UQWiMAXとワイモバイルの通信容量無制限のプランに関しては以前紹介した記事があるので参考にしていただけると幸いです。通信速度も改善しているので、固定回線代わりの通信回線を考えている方に役立つと思います。

固定代わりにWiMAX!ギガ放題の規制後の速度は

2016.04.13

ワイモバイル無制限ルーター 3GB規制後の速度は

2016.03.28

ワイヤレスゲートSIMはどこで買える?

ワイヤレスゲートSIMはヨドバシカメラ限定のため、ヨドバシカメラの店頭とヨドバシカメラの通販サイトでのみ購入することができます。以下の公式ページにリンクがあるので、ぜひチェックしてみて下さいね!

SIMサービス | 株式会社ワイヤレスゲートSIMサービス | 株式会社ワイヤレスゲート
いがモバ
携帯大手各社も地震の被災者の通信容量の規制を緩和していますが、「無制限」のワイヤレスゲートSIMでは最初から容量を気にせず安心して地震の情報を入手することができました。「AbemaTV」などのストリーミングも画質を落とせば再生できたので、ぜひ一度使ってみて下さいね。

【2017年1月31日追記】現在下りの速度が500Kbpsも出ない状態が続いています。これから契約される方は注意してください。

【2017年6月15日追記】あまりにひどい通信速度の為、本日付で解約しました。末期は酷い通信品質でした。おすすめできません。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

LCC STYLE編集長・メディアディレクター 五十嵐 貴文

元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材。日本初LCC専門ポータルサイト「LCC STYLE」編集長、ANA動画ニュース「ANA TV」監修、中部国際空港LCCポータルサイト監修。雑誌「MONOQLO」・NHKラジオなどマスメディアにも出演。書籍「LCCスタイル」(ゴマブックス社)はamazon旅行ガイド部門で1位を記録(2017年4月21日付)。