尊敬する鳥海氏と初対面!第9回Traicy懇親会

Traicy懇親会で航空・旅行アナリストの鳥海高太郎さんと一緒に記念撮影

いがモバも愛読している人気トラベルメディアの「Traicy」。9回目の開催となる懇親会に参加してきました。熱い旅行トークが繰り広げられ、いがモバは尊敬する航空アナリストの鳥海高太朗さんと初対面!天草エアラインの魅力を語っていただきました。

スポンサーリンク

LCC情報も充実!トラベルメディア「Traicy」

トラベルメディア「Traicy」のHPより

トラベルメディア「Traicy」のHPより

日本最大級のトラベルメディア「Traicy」(トライシー)。

エアラインや旅行に関する情報が充実していて、LCC好きのいがモバもいつも愛読しています。まだ見たことがないという方はぜひ一度見てみて下さい。その情報量の凄さに満足すること間違いなしです。

トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 - Traicy(トライシー)は、航空・LCC・鉄道・ホテル・ゲストハウス・バックパッカーズの最新情報を発信している、日本最大級のトラベルメディアです。トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 

Traicyの懇親会が上野で開催!

JR上野駅の駅舎

JR上野駅の駅舎

4月23日土曜日。トラベルメディア「Traicy」の9回目となる懇親会が上野で開催されたので、いがモバも参加させて頂きました。

品川から上野は上野東京ラインが開通したので、体感的にはかなり近くなりました。

会場はコワーキングスペースの「いいオフィス」

会場の「いいオフィス」

会場の「いいオフィス」

会場となったのは株式会社LIGが運営するシェアオフィス&コワーキングスペースの「いいオフィス」

こういったスペースは初めて行ったのですが、すごく洗練された空間でブログの執筆にも良いかもしれないと思いました。

「いいオフィス」のHP

映像作家の岸田浩和さんが「旅と映像」を語る

Traicy懇親会で行われた映像作家・写真記者の岸田浩和さんのトークイベント

映像作家・写真記者の岸田浩和さんのトークイベント

第9回Traicy懇親会では初めに映像作家・写真記者の岸田浩和さんのトークイベントが行われました。

テーマは「旅と映像」。岸田さんが普段どのように取材を行っているのか、私たちにも生かせる撮影のポイントなどを交えて話して下さいました。

岸田浩和さんの作品「缶闘記」

岸田浩和さんの作品「缶闘記」

トークイベントの中では岸田さんが2012年に発表した「缶闘記」が紹介されました。

「缶闘記」は東日本大震災の大津波で被災した宮城県石巻市の缶詰工場の再建の道のりを記録した短編ドキュメンタリー映画です。

岸田さんがカメラの撮影を本格的に始めてから短い期間で完成させたとは思えない高いクオリティーの「缶闘記」。沢山の人の心を惹きつけ、数々の映画祭の賞を受賞しています。

Kishida Hirokazu TopKishida Hirokazu Top

航空・旅行アナリストの鳥海高太朗さんが熊本・天草の魅力を語る

航空・旅行アナリストの鳥海高太朗さんのトークイベント

航空・旅行アナリストの鳥海高太朗さんのトークイベント

次に航空・旅行アナリストとして有名な鳥海高太朗さんによるトークイベントが行われました。

最初に鳥海さんが現地視察した熊本の地震の被害の様子が報告された後、「天草エアラインと天草の魅力」をテーマに語っていただきました。

鳥海高太朗ブログ「きまぐれトラベル日記」鳥海高太朗ブログ「きまぐれトラベル日記」

たった1機で運航する天草エアライン

天草エアラインの旧みぞか号(DHC8-103型機・左)と新みぞか号(ATR42-600型・右)

天草エアラインの旧みぞか号(DHC8-103型機・左)と新みぞか号(ATR42-600型・右)

熊本・天草空港を拠点に運航する天草エアライン。たった1機の飛行機で運航しています。

ちょうど今年の2月に新旧の航空機が入れ替わり、これまで使っていたボンバルディア DHC8-103型機からATR42-600型機に交代しました。

鳥海さんが撮影した新旧みぞか号が一緒にいる貴重な写真も紹介されました。

日帰りも可能!朝一の便なら午前10時に天草へ

羽田の福岡行き早朝便に乗れば午前10時前には天草に着ける

羽田の福岡行き早朝便に乗れば午前10時前には天草に着ける

トークイベントで鳥海さんが紹介したのが、天草への「日帰り旅行」のプラン。

朝6時半までに羽田空港を出発する福岡行きの飛行機に乗れば、午前9時05分発の天草行きの飛行機に乗り継げるので、午前10時には天草に到着します。帰りは午後5時まで滞在が可能です。

意外と乗り継ぎの時間も悪くないので、日帰りの天草旅行もいいかもしれませんね。

フレンドリーな天草エアラインの客室乗務員

天草エアラインの客室乗務員

天草エアラインの客室乗務員

鳥海さんが天草エアラインの魅力の一つとして語っていたのが、天草エアラインの客室乗務員。たった5人しかいません。

乗客とCAの心の距離が近く、いつもフレンドリーな機内空間になっているとの事。いがモバもいつか搭乗記を書けたらいいなと思いました。

海の幸だけじゃない!天草では絶品黒毛和牛も楽しめる

天草の「たなか畜産」の焼肉

天草の「たなか畜産」の焼肉

海に囲まれた天草地方。新鮮な海の幸が美味しいのはもちろんですが、「お肉」も楽しめるのが天草の魅力だと鳥海さんは語ります。

天草にある黒毛和牛専門点の「たなか畜産」では、自社の牧場で育てた黒毛和牛をリーズナブルな値段で味わう事ができるそうです。

食の楽しみも旅行の大きなポイントなので、天草に行った際は「お肉」も楽しんでみたいと思います。

人生で1度は見たい天草のイルカ

天草のイルカウォッチング

天草のイルカウォッチング

そして、天草といえば「イルカウォッチング」が有名ですよね。人生で一度はこの光景を見てみたいです。

神出鬼没のイルカたち。鳥海さんによると、イルカがどこにいるかは現地の漁師さんが毎日情報を共有しているのだそうです。

天草の日帰りモニタープランを募集中

天草エアラインの日帰りモニタープラン(九州産交ツーリズムのHPより)

日帰りモニタープラン(九州産交ツーリズムのHPより)

鳥海さんが最後に紹介したのが、九州産交ツーリズム社が販売している天草エアラインを利用した「日帰りモニタープラン」。

福岡空港までの交通費は自己負担ですが、福岡空港からの天草エアラインの往復のチケット代と、お昼のランチ(6つの店から選べる)がついて11500円からとかなりお得なプランになっています。

福岡空港までの交通費もLCCやスカイマークを使えば安くあげることができるので、ぜひ一度チェックしてみて下さいね。

天草エアラインに乗って旅しよう♪ | 九州産交ツーリズム 【国内・海外旅行総合サイト】天草エアラインに乗って旅しよう♪ | 九州産交ツーリズム 【国内・海外旅行総合サイト】

懇親会がスタート!熱い旅行談義が繰り広げられる

GuesthouseToday編集長の向井通浩さんが乾杯の合図

GuesthouseToday編集長の向井通浩さんが乾杯の合図

トークイベントの後はお楽しみの懇親会GuesthouseToday」編集長の向井通浩さんが乾杯の合図を行いました。

旅行業界の方や旅行好きの方が集まるだけあって、ディープで熱い旅行談義が繰り広げられます。

熊本の酒造会社・瑞鷹の「くまもと菰樽(こもだる)」

熊本の酒造会社・瑞鷹の「くまもと菰樽(こもだる)」

懇親会では地震で被災した熊本への応援も込めて、くまモンの絵が描かれた熊本の酒造会社・瑞鷹の「くまもと菰樽(こもだる)」が振る舞われました。

地震の被害で瑞鷹の生産再開の見通しはまだたっていませんが、瑞鷹のお酒を飲むことも応援の一つに繋がるので、とてもいい取り組みだと思いました。

熊本の日本酒【瑞鷹】肥後の地酒【東肥赤酒】 瑞鷹株式会社熊本の日本酒【瑞鷹】肥後の地酒【東肥赤酒】 瑞鷹株式会社

尊敬する鳥海高太朗さんと初対面!夢の時間

鳥海高太朗さんのサイン入り著書と一緒に記念撮影

鳥海高太朗さんのサイン入り著書と一緒に記念撮影

懇親会の中で、いがモバは尊敬する航空・旅行アナリストの鳥海高太朗さんと初対面。

鳥海さんが書いた天草エアラインの本にサインをお願いすると、快く応じて下さいました。

鳥海さんとお話をさせて頂いた中で、LCCを取り扱うブログを書いていることなどをお伝えし、2月の春秋航空日本の武漢初便の記事や3月の春秋上海本社訪問の記事を読んで頂きました。鳥海さんからは応援のメッセージまで頂くことができました。感動!

飛行機好きとして昔から尊敬している鳥海さんに直接会えたのは本当に光栄なことで、夢のような時間でした。鳥海さん、本当にありがとうございました!

鳥海さんが執筆した「天草エアラインの奇跡。 赤字企業を5年連続の黒字にさせた変革力!」は集英社から販売中です。飛行機好きだけでなく、中小企業の経営論的なビジネス書としても素晴らしい本なので、ぜひ読んでみて下さいね。

by カエレバ
いがモバ
Traicyの懇親会ではいがモバのブログを読んで下さっている方や、Traicyの編集長の後藤卓也さんにも直接お会いすることができました。普段なかなかできない深い旅行話をすることができ、とても楽しい時間を過ごすことができました。次回もまた機会があれば参加させて頂こうと思います。参加された皆様本当にありがとうございました。あすは地震の影響で掲載が遅れていた小米のMi5購入記をお届けします。お楽しみに!
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

LCCジャーナリスト・メディアディレクター 五十嵐 貴文

元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材。日本初LCC専門ポータルサイト「LCC STYLE」編集長・ANA動画ニュース「ANA TV」監修・中部国際空港LCCポータルサイト監修。雑誌「MONOQLO」・NHKラジオなどマスメディアにも出演。書籍「LCCスタイル」(ゴマブックス社)はamazon旅行ガイド部門で1位を記録(2017年4月21日付)。