iPhone 6s 一番お得は?3社比較【機種変更編】

iPhone6sへの機種変NTTドコモ下取りキャンペーン

前回の記事ではiPhone 6sをMNPで購入した際の比較をしましたが、今回は「機種変更」した場合の2年間のトータルコストが一番安い会社を調べてみました。既存のユーザーにいちばん優しい会社はどこなのか、必見です!

スポンサーリンク

シミュレーションの条件

2年契約の満期を迎えるiPhone 5s

2年前の大ヒットモデル iPhone 5s

比較条件はMNPの時と同じで、2年前に3社から発売され大ヒットとなったiPhone5sを契約した人が2年契約の満期を迎えるので、その人が機種変更を検討した場合になっています。

機種 iPhone 5s 16GB(画面割れなし)
通話 短い電話を少しする
(各社の5分通話定額プランにする)
データ通信 月5GB
家族 なし
固定回線 なし
契約する会社 今までの携帯会社
購入する機種 iPhone 6s 16GB
契約日・満期 2015年10月1日~2017年11月30日

それでは各社のiPhone 6sの料金表と割引キャンペーン、2年間のトータルコストをまとめて紹介していきます。(以下すべて税込価格で表記)

NTTドコモの場合

ドコモのiPhone 6s価格表

機種変更
16GB 64GB 128GB
分割支払金(24回)
(支払総額)
3,888円/月
(93,312円)
4,158円/月
(99,792円)
4,158円/月
(99,792円)
月々サポート(24か月)
(割引総額)
-2,808円/月
(-67,392円)
-2,538円/月
(-60,912円)
-1,998円/月
(-47,952円)
実質負担金(24か月)
(総額)
1,080円/月
(25,920円)
1,620円/月
(38,880円)
2,160円/月
(51,840円)
ドコモからのお知らせ : iPhone 6sおよびiPhone 6s Plusの販売価格について | お知らせ | NTTドコモドコモからのお知らせ : iPhone 6sおよびiPhone 6s Plusの販売価格について | お知らせ | NTTドコモ

ドコモのキャンペーン

下取りプログラム 前の機種を下取りで9,720円割引
(ドコモのiPhone 5s 16GB)
ゼロから機種変 iPhone5s/5c下取りで月々サポート675円~×24回増額
(iPhone5sは675円・5cは855円)
家族まとめて割 家族で同時購入で機種変更の場合
機種代金5,400円引き
(※今回のシミュレーションでは適応外)

ドコモの2年間(25ヶ月)のトータルコスト

iPhone 6s機種代金 93,312円
iPhone 5s下取り -9,720円
機種変更手数料
(オンラインショップは無料)
2,160円
カケホーダイライトプラン 45,900円
SPモード 8,100円
データMパック(5GB) 135,000円
月々サポート(24回) -67,392円
ゼロから機種変
(24回)
-16,200円
2年間のトータルコスト 191,160円

auの場合

auのiPhone 6s価格表

MNP
16GB 64GB 128GB
分割支払金(24回)
(支払総額)
3,510円/月
(84,240円)
4,045円/月
(97,080円)
4,580円/月
(109,920円)
毎月割(24か月)
(割引総額)
-2,435円/月
(-58,440円)
-2,435円/月
(-58,440円)
-2,435円/月
(-58,440円)
実質負担金(24か月)
(総額)
1,075円/月
(25,800円)
1,610円/月
(38,640円)
2,145円/月
(51,480円)
機種代金 | 料金・割引 | iPhone 6s Plus | iPhone | au機種代金 | 料金・割引 | iPhone 6s Plus | iPhone | au

auのキャンペーン

スーパー機種変更CP 対象機種からの機種変更で本体代金から最大27,000円割引
(iPhone 5sは21,600円)
スーパー機種変更CP
(iPhone 6s/6s Plus)
6s・6s Plusへの機種変更で10,000円キャッシュバック
家族スマ得プログラム 家族で同時購入3,240円/台キャッシュバック
(※今回のシミュレーションでは適応外)

auの2年間(25ヶ月)のトータルコスト

iPhone 6s機種代金 84,240円
iPhone 5s下取り
(スーパー機種変更CP)
-21,600円
スーパー機種変更CPCB -10,000円
機種変更手数料 2,160円
スーパーカケホ 45,900円
LTE NET 8,100円
データ定額5(5GB) 135,000円
毎月割(24回) -58,440円
2年間のトータルコスト 185,360円

ソフトバンクの場合

ソフトバンクのiPhone 6s価格表

機種変更
16GB 64GB 128GB
分割支払金(24回)
(現金販売価格/支払総額)
3,900円/月
(93,600円)
4,440円/月
(106,560円)
4,980円/月
(119,520円)
月々割(24か月)
(割引総額)
-2,835円/月
(-68,040円)
-2,835円/月
(-68,040円)
-2,835円/月
(-68,040円)
実質負担金(24か月)
(総額)
1,065円/月
(25,560円)
1,605円/月
(38,520円)
2,145円/月
(51,480円)
iPhone 6s、iPhone 6s Plusの価格などについて | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループiPhone 6s、iPhone 6s Plusの価格などについて | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ

ソフトバンクのキャンペーン

機種変更下取りプログラム 指定機種からの機種変更で最大35,640円分割引増額
(iPhone 5s 16GBは25,560円)

ソフトバンクの2年間(25ヶ月)のトータルコスト

iPhone 6s機種代金 93,600円
機種変更下取りプログラム
(割引24回分)
-25,560円
機種変更手数料 3,240円
スマ放題ライト 45,900円
S!ベーシックパック 8,100円
データ定額パック・
標準(5GB)
135,000円
月々割(24回分) -68,040円
2年間のトータルコスト 192,240円

まとめ

機種変更した場合の
2年間のトータルコスト
NTTドコモ 191,160円
au 185,360円
ソフトバンク 192,240円

このような結果になりました。iPhone 6sの機種変更の場合、3社の中でauが2年間のトータルコストが一番安い事が分かりました。機種変更が安いという事は既存ユーザーを大切にしているという事でもあるので、ここに企業のスタンスが表れているかもしれません。

MNPで転入した場合の
2年間のトータルコスト
NTTドコモ 151,632円
au 177,432円
ソフトバンク 175,248円

先日の記事でまとめた結果を見てみると、そのまま機種変更するよりも、au・ソフトバンクの人はNTTドコモにMNPすると4~5万円もトータルコストが安くなります。2年契約の満期を迎えている人は、会社を乗り換えるMNPも検討してもいいかもしれません。

今回は同じ会社で機種変更・単身・固定回線なしという条件で比較してみました。携帯会社の光回線などの割引も入れるとお得な会社が変わってくるので、改めていがモバでもお伝えしていきます。
いがモバ
今回の機種変更のシミュレーションではauが一番安いという結果に。既存ユーザーに優しい会社は印象も良いですよね。次回は「SIMフリーのiPhone 6s」と「格安SIM」を組み合わせた時の2年間のトータルコストを紹介していきます。そこでは衝撃の結果が。お楽しみに!
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

いがモバ 五十嵐 貴文

LCCジャーナリスト・メディアディレクター。元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材。大手企業の動画コンテンツなどメディアのディレクション業務も行っています。日経トレンディ・MONOQLO旅行ムックなどLCC特集にも掲載。中部国際空港・セントレアのLCCポータルサイトの監修・執筆も担当しています。