上海小米之家が人気モール内に移転!経営戦略転換か

小米之家上海大悦城店の外観

中国の人気スマホメーカー小米の直営店「小米之家」。上海店が移転し、5月6日に大型ショッピングモール「ジョイシティ」内にオープンしました。一気に大型化した店舗は従来の小米之家とは違うコンセプトに。小米の経営戦略の変化を垣間見る事ができました。

【2016年9月25日追記】移転オープンした上海の新しい小米之家に実際に行ってみました。最新スマホのほか、話題の炊飯器の展示販売も!

シャオミが家電メーカーに!?新上海小米之家を取材

2016.09.25

【2016年11月23日追記】シャオミの新型ファブレット「小米MIX」(Xiaomi Mi MIX)の実機レビューを公開しました。

プレミアムなファブレット!小米MIX実機レビュー

2016.11.23
スポンサーリンク

上海の小米之家が移転!読者の方からの最新情報を紹介!

旧・上海小米之家があった上海电影广场(SHANGHAI FILM PLAZA)のB棟

旧・上海小米之家があった上海电影广场(SHANGHAI FILM PLAZA)のB棟

中国の人気スマホメーカー「小米」(Xiaomi・シャオミ)の直営店「小米之家」。

上海にある「小米之家」は、いがモバの記事で去年の12月・今年の3月と2回にわたって紹介してきました。

コスパの神様!上海は最新中華スマホの聖地だった

2015.12.06

上海小米之家で体感!小米手机5(Mi5)レビュー

2016.03.08

この上海小米之家についてですが、「これまでの上海体育館駅近くの上海电影广场のビルから移転した」という情報をいがモバ読者のI様から教えて頂いたので、きょうは新しい上海小米之家についての最新情報を紹介したいと思います。

新しい上海小米之家は「曲阜路」に

新旧上海小米之家の最寄り駅路線図

新旧上海小米之家の最寄り駅の路線図

これまでの上海小米之家は上海地下鉄の「上海体育館」駅が最寄りだったのですが、新しく移転した小米之家は「曲阜路」(チューフールー)駅が最寄り駅になりました。

「曲阜路」駅は上海地下鉄の8・12号線が乗り入れている駅で、多くの人が利用する「人民広場」駅からは8号線でわずか1駅です。

新上海小米之家は人気のショッピングモール「ジョイシティ」内に移転

上海地下鉄8・12号線「曲阜路」駅に隣接したショッピングモール大悦城(JOY CITY上海)に小米之家が入る

上海地下鉄8・12号線「曲阜路」駅に隣接したショッピングモール大悦城(JOY CITY上海)に新小米之家が入る

新しい上海小米之家は「曲阜路」駅に隣接したショッピングモール「上海大悦城」(JOY CITY上海)内に移転しました。

上海地下鉄の8号線・12号線どちらをつかっても便利です。

「ジョイシティ上海」は女性に人気の大型ショッピングモール

ショッピングモール「上海大悦城」(JOY CITY上海)の入口の一つ

「上海大悦城」(JOY CITY上海)の入口の一つ

「大悦城」(ジョイシティ)は中国で人気のショッピングモールです。

上海店には無印良品やJINSなど日本のブランドも多く出店していて、若い女性を中心に支持されているそうです。

上海小米之家はジョイシティ上海の3階に

小米之家は「上海大悦城」(JOY CITY上海)の3階にある

新小米之家は「上海大悦城」(JOY CITY上海)の3階にある

新しい上海小米之家は「上海大悦城」(ジョイシティ上海)の3階にあります。

同じ階には無印良品の大型店舗があります。

5月6日にオープンしたばかり!これが新しい上海小米之家

小米之家上海大悦城店の外観

小米之家上海大悦城店の外観

そしてこちらが、きのう5月6日に移転オープンしたばかりの新しい上海小米之家「小米之家上海大悦城店」です。

パッと見ると某リンゴストアのような外観になっています。

大型化&人気モール内に・小米の経営戦略に変化?

小米之家上海大悦城店の外観

小米之家上海大悦城店の外観

「小米之家上海大悦城店」を横の入口から撮影すると、この巨大さ。旧上海小米之家の2倍以上の広さがありそうです。

店員さんは国際都市・上海だけに片言の英語や日本語を話せる人もいたそうです。

これまでの小米之家はオフィスビルの中にひっそりと構えていて、小米のスマホを既に持っている人向けのサービスカウンター的な役割がメインでした。

ところが、今回の「小米之家上海大悦城店」は従来の小米之家とは全く違い、小米の最新製品を紹介するショールーム的な役割が大きくなっていると写真から感じました。

中国国内でのスマホメーカー同士の競争が激しくなる中、直営店を強化するという動きは、ネット通販がメインだった小米の経営戦略に変化が起きているのが背景にあるのかもしれません。

日本から観光で訪れる際にも、こうした入りやすい店舗があると小米の製品が身近に感じられるので嬉しいですよね。次回上海に行った際は、この新しい上海小米之家に行ってみたいと思います。

I様も購入!コスパスマホ「紅米Note3」

今回情報を提供してくださったI様は、この「小米之家上海大悦城店」で小米の「紅米Note3(Redmi Note3)」の高配版のゴールドを1199元(約19800円)で購入。

いがモバも紅米Note3のシルバーを香港で購入しましたが、8コアCPU・3GBメモリ・4000mAhの大容量バッテリーでサクサク&電池長持ちの良スマホです。

日本のアマゾンでも3万円程度で購入できるので、ぜひチェックしてみて下さいね。

by カエレバ

新上海小米之家(小米之家上海大悦城店)のアクセス


小米之家上海大悦城店
(公式HP
)
住所:上海市静安区西藏北路198号
上海大悦城(JOY CITY上海)3階
上海地下鉄8・12号線「曲阜路」駅に隣接
電話番号:021-33685788
営業時間:午前10時~午後10時
(修理受け付けは午後6時まで)

いがモバ
きのうオープンしたばかりの上海小米之家の情報を紹介していただいたI様には本当に感謝です。海外のモバイル情報を日本語で入手するのはとても貴重で有益なので、いがモバのブログを使って多くの方と共有できたらいいなと思っています。皆様のモバイル体験談もぜひお寄せ下さい。お待ちしています!

【2016年9月25日追記】移転オープンした上海の新しい小米之家に実際に行ってみました。最新スマホのほか、話題の炊飯器の展示販売も!

シャオミが家電メーカーに!?新上海小米之家を取材

2016.09.25

【2016年11月23日追記】シャオミの新型ファブレット「小米MIX」(Xiaomi Mi MIX)の実機レビューを公開しました。

プレミアムなファブレット!小米MIX実機レビュー

2016.11.23
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

いがモバ 五十嵐 貴文

LCCジャーナリスト・モバイルブロガー。元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材しています。日経トレンディ・MONOQLO旅行ムックなどLCC特集にも掲載。中部国際空港・セントレアのLCCポータルサイトの監修・執筆も担当しています。