iPhone 6s 一番お得は?【SIMフリー+格安SIM】

SIMフリーiPhone6sに格安SIMを入れて使える

いがモバでは携帯電話3社から発売されるiPhone 6sの比較をしてきましたが、今回はアップルから同時発売される「SIMフリー」のiPhone 6sと「格安SIM」を組み合わせた場合の2年間のトータルコストを比較してみます。驚きの結果となりました!(表記は全て税込)

スポンサーリンク

「SIMフリー」のメリット「格安SIM」が選び放題!

SIMフリーiPhone6sに格安SIMを入れて使える携帯3社のiPhone 6sではなくSIMフリー版を買うメリットは何なのでしょうか?それは、端末にSIMロックがかかっていない為、自由に携帯電話会社を選べるということです。料金やサービスの一番いい会社を選んで、携帯番号が書き込まれたSIMカードを入れて設定するだけで使えます。そのため、最近話題を集める「格安SIM」も自由に入れて使うことが出来るんです。

過去の記事に格安SIMについて説明しているものがあるので、こちらも参考にして下さい。

スマホが月900円で使える!「格安SIM」って何?

2015.09.04

SIMフリー版は25日に同時発売!

アップルのiPhone 6sSIMフリーのiPhone 6sはアップルストアとアップルのHPで9月25日に同時発売されます。価格と店舗をまとめてみました。

iPhone 6s
(SIMフリー版・税込)
16GB 64GB 128GB
93,744円 106,704円 119,664円
アップルストア一覧
北海道 札幌 札幌市中央区南一条西3-8-20
宮城 仙台一番町 宮城県仙台市青葉区一番町 3-10-24
東京 銀座 東京都中央区銀座3-5-12 サヱグサビル本館
東京 表参道 東京都渋谷区神宮前4-2-13
東京 渋谷 東京都渋谷区神南1-20-9 公園通りビル
大阪 心斎橋 大阪市中央区西心斎橋1-5-5 アーバンBLD心斎橋
愛知 名古屋栄 愛知県名古屋市中区栄3-17-15
福岡 福岡天神 福岡県福岡市中央区天神2-3-24 天神ルーチェ
iPhone 6s - Apple(日本)iPhone 6s – Apple(日本)

シミュレーションの条件

2年契約の満期を迎えるiPhone 5s

2年前の大ヒットモデル iPhone 5s

今回も各社を比較する為に条件をそろえました。格安SIMの会社は無料通話のプランが無い所が多いので、今回は格安SIMの会社の中で標準的な価格設定の「楽天モバイル」で比較してみました。

元の機種 iPhone 5s 16GB(画面割れなし)
通話 毎月30分間通話
(楽天でんわアプリを利用 30秒10.8円)
データ通信 月5GB
家族 なし
固定回線 なし
契約する会社 楽天モバイルにMNP
購入する機種 iPhone 6s 16GB
契約日・満期 2015年10月1日~2017年11月30日
楽天モバイル:安心・お得な格安スマホ(スマートフォン)/格安SIM楽天モバイル:安心・お得な格安スマホ(スマートフォン)/格安SIM

SIMフリー版+格安SIMの2年間のトータルコスト

SIMフリーのiPhone 6sの16GBを購入し、格安SIMの会社のSIMカードを入れて使った場合の2年間のトータルコストを出してみました。使っていたiPhone 5sは楽天に買取してもらいます。

iPhone 6s 16GB 93,744円
iPhone 5s楽天買取 -22,000円
新規契約手数料 3,240円
買取サービスCP
(1P=1円換算)
-4,000円
楽天電話同時申し込みCP
(1P=1円換算)
-1500円
5GBパック+通話(25ヶ月) 58,050円
初月無料 -2,322円
通話料
(30分×20円×25ヶ月)
16,200円
SIMフリーi6s+楽天モバイル
2年間のトータルコスト
141,412円

このような金額が出ました。これを携帯3社のiphone 6sにMNPした場合のトータルコストと比較してみると次のようになります。

MNPで転入した場合の
2年間のトータルコスト
NTTドコモ 151,632円
au 177,432円
ソフトバンク 175,248円
SIMフリーi6s
+楽天モバイル
141,412円

なんと、SIMフリーのiPhone 6sと格安SIMの組み合わせが一番安いという驚きの結果に!

端末代が最初に約9万円かかりますが、月々の費用が圧倒的に安いので2年間の合計だと一番お得になるのです。
ただ、携帯3社は5分間の通話が何回でも無料なので、通話が多い人は携帯3社か、2台持ちをすることをお勧めします。

機種変更した場合の
2年間のトータルコスト
NTTドコモ 191,160円
au 185,360円
ソフトバンク 192,240円
SIMフリーi6s
+楽天モバイル
(MNP)
141,412円

そのままの会社で機種変した場合の費用と比べても、約5万円も安く圧倒的な差となりました。この機会に携帯会社を見直してみてもいいかもしれません。

今回のiPhone 6sは購入半年後にSIMロックを解除できる

今回からは、携帯3社のiPhone 6sも購入半年後からはSIMロックが解除出来るようになりました。その為、SIMロックを解除した後に格安SIMに入れ替えて毎月の費用を節約することが出来ます。

ただ、「購入サポート」のような割引施策で購入した際は、契約期間の途中でのパケット定額の廃止や解約をすると高額の違約金が発生する場合があるので、購入時の説明をよく確認しておいて下さい。

2015年5月以降に発売された機種の手続き | お客様サポート | NTTドコモ2015年5月以降に発売された機種の手続き | お客様サポート | NTTドコモ
SIMロック解除のお手続き | auお客さまサポートSIMロック解除のお手続き | auお客さまサポート
ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する / SIMロック解除 | SIMロック解除、他社製品でのソフトバンクのご利用について確認する | お客さまサポート | モバイル | ソフトバンクソフトバンクの携帯電話を他社で利用する / SIMロック解除 | SIMロック解除、他社製品でのソフトバンクのご利用について確認する | お客さまサポート | モバイル | ソフトバンク

まとめ

iPhone 6sを使いたい人で、通話はあまりしない人はSIMフリーのiPhone 6sと格安SIMの組み合わせがベスト!

SIMフリーのiPhone 6sにお勧めの格安SIMはこちら
楽天モバイルのページ

いがモバ
今回はSIMフリーのiPhone 6sと格安SIMを組み合わせた場合の費用を紹介しました。やはり毎月の金額の安さが大きいですよね。いがモバもSIMフリー版のiPhone 6sを予約しているので、色々な格安SIMを入れて使っていこうと思っています。いがモバではiPhone 6sに格安SIMを入れた際の使い勝手なども紹介していく予定です。お楽しみに!
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

いがモバ 五十嵐 貴文

LCCジャーナリスト・メディアディレクター。元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材。大手企業の動画コンテンツなどメディアのディレクション業務も行っています。日経トレンディ・MONOQLO旅行ムックなどLCC特集にも掲載。中部国際空港・セントレアのLCCポータルサイトの監修・執筆も担当しています。