「Mi5Pro」尊享版購入!ブロガー仲間を笑顔に

シャオミの人気スマホ「小米手機5」。メモリ4GB・容量128GBの「尊享版」は「Mi5 Pro」とも呼ばれ、今はまだ中国のみの販売です。ブロガー仲間のまえちゃんの依頼を受け、いがモバは香港で尊享版を購入!台湾で素敵な笑顔に出会いました!

【7月15日追記】この夏話題の「4G+3G同時待受」対応のスマホ。シャオミの新型ファブレット「Mi Max(小米Max)」もMi5同様にこの機能に対応しています!実機レビュー・実験レポ・日本語化の方法の記事を公開しました。

小米MiMax 日本語化とグーグルプレイの入れ方

2016.07.15

小米MiMaxも4G+3G同時待受対応!実験レポ

2016.07.14

待望のパスポートサイズ!小米Mi Maxレビュー

2016.07.13
スポンサーリンク

小米5のハイスペック版「尊享版」・Mi5 Proは現状中国のみの販売

小米手機5(Mi5)のHPより

小米手機5(Mi5)のHPより

世界初の4G&3Gの同時待ち受け対応で話題の中国・小米(シャオミ)のスマホ「Xiaomi Mi5(小米手機5)」

4G+3G同時待受&日本語化!小米Mi5レビュー

2016.04.27

Mi5は5月10日に香港、5月17日に台湾でも発売されましたが、どちらの国でも販売されているのは容量32GBの「标准版」と同じものです。

メモリ3GB・容量64GBの「高配版」と、メモリ4GB・容量128GBの「尊享版 」は5月20日の段階ではまだ中国のみの販売で、中でも別名「Mi5 Pro」とも呼ばれる「尊享版 」は中国でも入手が難しいレアなスマホになっています。

「Mi5 Pro」を探しに香港の秋葉原・深水埗へ

香港・深水埗(シャムスイポー)の街並み

香港・深水埗(シャムスイポ)の街並み

5月9日、いがモバは香港の秋葉原とも呼ばれる深水埗(シャムスイポ)へやってきました。

深水埗は少し奥に入ると市場があり、どことなく上野のアメ横に似ている雰囲気。とても活気のあるエリアです。

今回、深水埗を訪れた目的は、ブログ「あしたはもっと遠くへいこう」を運営するブロガー仲間の「まえはら かずひろ」さん(愛称・まえちゃん)のリクエストで、「Mi5 Pro」の白色を購入する事。

中国大陸に接した香港では小米のスマホも沢山流通しているので、「Mi5 Pro」の転売品が流れてきているかもしれません。

さっそく深水埗の電脳ビルを探索してみる事に。

いがモバお気に入りの「Lotti Digital」へ

福仁電脳商場の「Lotti Digital」

福仁電脳商場の「Lotti Digital」

いがモバが香港の深水埗で必ず訪れるのが、福仁電脳商場の2階にある「Lotti Digital」です。

香港や中国などの新品のSIMフリー端末が販売され、商品によっては定価より大幅に安く販売しています。

「Lotti Digital」のFacebookページ

「Lotti Digital」は香港では珍しく、販売価格を明示して売っているので、ぼられる事もなく安心して買い物ができます。

いがモバは以前ここで小米のコスパスマホ「紅米Note3」を購入したので、「Mi5 Pro」も入荷しているかもしれません。

香港の秋葉原!シャムスイポで最新スマホを激安購入

2015.12.11

「Lotti Digital」で「高配版」を発見!

Mi5の在庫は标准版(32GB)と高配版(64GB)のみ

Mi5の在庫は标准版(32GB)と高配版(64GB)のみ(5月9日撮影)

「Lotti Digital」ではMi5の「高配版」(メモリ3GB・容量64GB)の在庫はありましたが、残念ながら「尊享版 」(Mi5 Pro)の在庫はありませんでした。残念。

販売価格は「高配版」の白が3190香港ドル(約45000円)、黒は3280香港ドル(約46000円)で、金色はありませんでした。

もう一つの電脳ビル「黄金電脳商場」へ

深水埗の電脳ビル「黄金電脳商場」

深水埗の電脳ビル「黄金電脳商場」

どうせ買うなら後悔の無い「一番良いものを」という事でまえちゃんと話がまとまり、もう一軒の電脳ビル「黄金電脳商場」で「Mi5 Pro」を探してみる事に。

ここでなければ翌日深センへ探しに行く事にしていたのですが、翌5月10日はMi5香港版の発売日だったので、できれば香港で取材したいところ。

果たして「Mi5 Pro」を売っている店はあるのでしょうか?

「黄金電脳商場」で小米の専門店を発見!

小米専門店の「icon digital」

小米専門店の「icon digital」

「黄金電脳商場」を探し回り、ようやく見つけたのが「icon digital」という名前のお店。

「小米専門店」という看板を掲げているので、もしかすると「Mi5 Pro」があるかもしれません。期待が高まります。

「icon digital」のフェイスブックページ

小米5「尊享版 」の商品札を発見!

尊享版(Mi5 Pro)の案内を発見

尊享版(Mi5 Pro)の案内を発見

お店のショーケースを除いてみると、小米手機5の商品札の所に「尊享版」の表記が。

これが「Mi5 Pro」なので、店員さんに中国語のメモを見せて聞いてみる事に。

いがモバ:すみません、小米手機5の「尊享版 」の白はありますか?

女性の店員さん:ちょっと待って、今聞いてみる。

店員さんはどこかに電話をかけて在庫を確認している様子。

店員さん:OK、持って来ればあるよ。

いがモバ:やったー!お願いします!

さすが香港、中国でも入手困難な「Mi5 Pro」の在庫がありました!

「Mi5 Pro」のプレミア価格は?

尊享版は3880香港ドル(約54000円)だった※定価は2599元(約44000円)

尊享版は3880香港ドル(約54000円)だった※定価は2599元(約44000円)

お店で提示された「Mi5 Pro」の金額は3880香港ドル日本円で約54000円でした。

小米手機5の尊享版「Mi5 Pro」の中国での定価は2599元。日本円で約44000円です。

深センまで行けばもう少し安く買える可能性があるものの、上乗せしたプレミア価格は約1万円分と深センまでの往復の交通費を考えるとそこまで大きくなく、まえちゃんとも55000円までならOKというラインを決めていたので、ここで購入する事にしました。

予想以上にスムーズに「Mi5 Pro」をゲットする事ができ、ほっと一安心。まえちゃんが喜ぶ顔を早く見たい!

外見は同じなのに「Mi5 Pro」が高級に見える不思議

小米手機5 尊享版(Xiaomi Mi5 Pro)の白を購入

小米手機5 尊享版(Xiaomi Mi5 Pro)の白を購入

購入した「Mi5 Pro」はその場で厳重に動作チェック。

残念ながら尊享版にも日本語ロケールは入っていませんでした。

自分は既に広州で買ったMi5の标准版を持っていましたが、尊享版の方が高級そうに見えたのはプラシーボ効果でしょうか?(笑)

まえちゃんの新スマホ祝いにケースとガラスフィルムをプレゼント

Mi5用のケースと液晶保護ガラスをまえちゃんにプレゼント

Mi5用のケースと液晶保護ガラスをまえちゃんにプレゼント

「Mi5 Pro」と一緒に、いがモバはMi5用のケースとガラスフィルムも購入。

普段お世話になっているブロガー仲間のまえちゃんの記念すべき新スマホのお祝いにプレゼントする事にしました。

こうして深水埗でのミッションを無事に終えることができました。

「Mi5 Pro」を大切に包んで東京へ一旦戻ります。

Mi5の香港版と中国版のパッケージを比較

Mi5の香港版と中国版のパッケージの違い

Mi5の香港版と中国版のパッケージの違い

いがモバは5月10日に直営店「香港小米之家」でMi5の香港版もゲット。

グーグル入りの小米Mi5香港版発売!実機レビュー

2016.05.11

一時的に計3台のMi5を持つことになりました(笑)。

パッケージを比較してみると、香港版は「Mi5」と表記されているのに対し、中国版は「小米手機5」という表記になっていました。

香港版の方がパッケージが大きい

Mi5の香港版のパッケージの方が充電プラグ分大きい

Mi5の香港版のパッケージの方が充電プラグ分大きい

香港版と中国版のMi5のパッケージの違いはその大きさです。

香港用の充電プラグが大きいので、それを同梱する香港版のパッケージの方が大きくなっています。

香港版は英語で説明書き

Mi5のパッケージの裏面も微妙に違う

Mi5のパッケージの裏面も香港版と微妙に違う

パッケージの裏面も香港版は英語表記も併記されているのが大きな違いです。

Mi5 Proの中身をチェック!

小米手機5 尊享版(Xiaomi Mi5 Pro)の機器情報

小米手機5 尊享版(Xiaomi Mi5 Pro)の機器情報

次に、「Mi5 Pro」の中身をチェックしていきます。

スペック通り4GBのメモリ(RAM)に128GBの容量があります。

メモリに余裕があるので、実際の動作もヌルサクです。

Mi5 Proのベンチマークスコアは?

小米手機5 尊享版(Xiaomi Mi5 Pro)のAnTuTuベンチマークスコア

小米手機5 尊享版(Xiaomi Mi5 Pro)のAnTuTuベンチマークのスコア

端末の性能を点数化するAnTuTuベンチマークのアプリでテストしてみると、Mi5 Proのスコアは「106193」とMi5の标准版よりさらに5000ポイント上回りました。

テスト用のCGがとてもスムーズに動いていたのが印象的で、このスマホが秘めている物凄いパワーを感じることができました。

まえちゃんと台北の武藤拉麺で待ち合わせ

台北の武藤拉麺(5月15日撮影)

台北の武藤拉麺(5月15日撮影)

5月14日、いがモバはまえちゃん用の「Mi5 Pro」を大切に持ってLCC「スクート」で台湾へ。

翌5月15日に、待ち合わせ場所の台北の「武藤拉麺」へ向かいました。

「武藤拉麺」は地元の人に人気の日式ラーメン店で、6月4日に初開催されるブロガーオフ会の会場となる場所です。

募集は締切!台北の武藤拉麺でブロガーオフ会を開催

2016.03.20

まえちゃんにMi5 Proを渡せた!初対面の気がしない

台南在住のブロガーまえちゃんにMi5Proを手渡す

台南在住のブロガーまえちゃんにMi5Proを手渡す

「武藤拉麺」の店内で、いがモバはブロガーのまえちゃんに初対面

ずっとブログとSNSを通して交流してきたので、昔からの知り合いに会えたような不思議な感覚。

こうして香港で購入した「Mi5 Pro」を無事にまえちゃんに渡すことができました。

全てはこの笑顔の為!素敵な笑顔をありがとう

Mi5Proと一緒に良い笑顔

Mi5Proと一緒に良い笑顔

念願の「Mi5 Pro」を手にしたまえちゃん。喜びにあふれた素敵な笑顔です。

台南在住のまえちゃんは、以前から小米の魅力についてブログで発信を続けています。どれも日本に住んでいると分からない国際的な視点で書かれているのでとても参考になります。

「Mi5 Pro」を相棒に、まえちゃんがこれからどんな記事を紡ぎあげていくのか、これからもとても楽しみです。

 パクリiPhoneを売る中国企業シャオミを笑うぼくらこそ、国際感覚のない痛い日本人かもしれない - あしたはもっと遠くへいこう
パクリiPhoneを売る中国企業シャオミを笑うぼくらこそ、国際感覚のない痛い日本人かもしれない – あしたはもっと遠くへいこう

武藤拉麺のイケメンオーナーが台湾美女と結婚!

武藤拉麺のオーナーの出口さんと妻のボニーさん

武藤拉麺のオーナーの出口さんと妻のボニーさん

この日の夜は、まえちゃんと武藤拉麺のオーナーの出口祐介さん(愛称:でぐっちゃん)、そして奥さんのボニーさんと一緒にご飯を食べに行きました。

でぐっちゃんとボニーさんは先日結婚式を挙げたばかり。新婚ホヤホヤの幸せそうな二人の姿を見られて光栄でした。

でぐっちゃんはラーメン店の経営のほかにも、常に新しいビジョンを考えています。この日もドローンを使った新しいビジネスプランで話が盛り上がりました。

でぐっちゃんのブログ「0から始めるラーメン in 台湾」は、台湾の情報や、ビジネスを企業する際のヒントがぎっしり詰まっています。ぜひ一度見てみて下さいね。

0から始めるラーメン屋 in 台湾0から始めるラーメン屋 in 台湾

6月4日のブロガーオフ会を素敵な出会いの場に!

意外とレアな3ショット

意外とレアな3ショット

この日は普段なかなかできないブロガー話で夜遅くまで大盛り上がり。

これまであまり年下の人と交流の少なかったいがモバでしたが、この2人と知り合ってからはいつも良い刺激を受けています。

6月4日に武藤拉麺で開催されるブロガーオフ会では、まえちゃん・でぐっちゃんが主催者として良いイベントになるよう準備を進めているので、参加者の方は楽しみにしていて下さいね。

いがモバも当日はイベントのお手伝いをさせて頂きます。新しい出会いが生まれる素敵な時間にしたいですね。

いがモバ
まだ中国でしか発売していない「Mi5 Pro」を無事にまえちゃんに届けることができて良かったです。まえちゃんの喜んでいる姿を見て、自分が好きな事が誰かの役に立つことの喜びを再確認できました。6月のオフ会でまた会えるのを楽しみにしています!

【7月15日追記】この夏話題の「4G+3G同時待受」対応のスマホ。シャオミの新型ファブレット「Mi Max(小米Max)」もMi5同様にこの機能に対応しています!実機レビュー・実験レポ・日本語化の方法の記事を公開しました。

小米MiMax 日本語化とグーグルプレイの入れ方

2016.07.15

小米MiMaxも4G+3G同時待受対応!実験レポ

2016.07.14

待望のパスポートサイズ!小米Mi Maxレビュー

2016.07.13
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

LCCジャーナリスト・メディアディレクター 五十嵐 貴文

元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材。日本初LCC専門ポータルサイト「LCC STYLE」編集長・ANA動画ニュース「ANA TV」監修・中部国際空港LCCポータルサイト監修。雑誌「MONOQLO」・NHKラジオなどマスメディアにも出演。書籍「LCCスタイル」(ゴマブックス社)はamazon旅行ガイド部門で1位を記録(2017年4月21日付)。