鳥取地震 TV代替にスマホアプリのストリーミング

「NHK ニュース防災・アプリ」で総合テレビのニュースの同時提供を見ることができる

10月21日午後2時すぎ、鳥取県を震源とするマグニチュード6.6の地震が発生。鳥取県倉吉市・湯梨浜町・北栄町で震度6弱の揺れを観測しました。現在も余震が続いていますが、ワンセグが無いスマホでも地震情報を入手できるスマホアプリを紹介します。

スポンサーリンク

鳥取で震度6弱の激しい地震 津波なし

気象庁の地震情報のページより引用

気象庁の地震情報のページより引用

熊本地震から約半年。今度は鳥取で大きな地震が発生しました。

10月21日午後2時7分ごろ、鳥取県を震源とするマグニチュード6.6の地震が発生。鳥取県倉吉市・湯梨浜町・北栄町で震度6弱の揺れを観測しました。

現在も余震が続いていますが、最新の地震の情報を知りたい場合、外出先でもTVの放送をそのまま見ることができるワンセグが大きな役割を果たします。

しかし、現在はiPhoneや海外メーカーのSIMフリー端末などワンセグが無いスマホが多くあります。

そこで、ワンセグが無いスマホでもTVと同じ情報を入手できるスマホアプリを紹介したいと思います。

地震情報の入手におすすめのスマホアプリ「NHK ニュース・防災」

震災時にも役立つ「NHK ニュース・防災アプリ」

震災時にも役立つ「NHK ニュース・防災アプリ」

ワンセグがないiPhoneなどのスマホにオススメなのがNHKが提供している「NHK ニュース・防災アプリ」です。

今年の6月に公開された「NHK ニュース・防災アプリ」は、NHKが発信するニュースや気象情報、災害情報をスマホのアプリ上で簡単に見ることができるアプリです。

アプリのダウンロード・使用に関する料金は無料です。(パケット代金は別途必要)

ウェブ版と同じNHKのニュースが読める

「NHK ニュース・防災アプリ」は最新のニュースが読める

「NHK ニュース・防災アプリ」は最新のニュースが読める

「NHK ニュース・防災アプリ」ではNHKの公式HP(NHK NEWS WEB)で提供されているニュースと同じものが配信されます。

画面のように、今回の鳥取地震の最新情報もスマホのアプリ上で随時入手することができます。

HPにわざわざアクセスしなくても、アプリを立ち上げるだけで最新の情報が見られるのはとても簡単です。

ワンセグが無くても大丈夫!総合テレビと同じニュースを同時提供

緊急時は総合テレビのニュース番組を同時提供

緊急時は総合テレビのニュース番組を同時提供

そして「NHK ニュース・防災アプリ」の最大の特徴が、今回の鳥取地震のように大きな災害・ニュースが発生した時に、総合テレビで放送されるニュース番組をそのままスマホ上で見られることです。

放送の同時提供・いわゆるストリーミングをスマホアプリ上で見ることができます。

携帯のデータ通信・もしくは無線LANがある環境であれば、NHKのニュース番組と同じ内容をスマホ上で見ることができます。

もしもの時にアプリのインストールを

ワンセグがなくても「NHK ニュース・防災アプリ」が強い味方に

ワンセグがなくても「NHK ニュース・防災アプリ」が強い味方に

これまでもNHKのニュース番組の同時提供は熊本地震の際などに公式HPなどで行われていましたが、「NHK ニュース・防災アプリ」をインストールしていれば、簡単に放送のストリーミングを見ることができるようになったのが最大のメリットです。

今回の地震に関係がない地域の方も今後の地震・災害に備えてインストールする事をお勧めします。

現在も余震が続いています。このアプリも活用して、引き続き警戒を続けていきましょう。

「NHK ニュース・防災アプリ」の配布先

Google Play (android)

App Store (iOS)

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

LCCジャーナリスト・メディアディレクター 五十嵐 貴文

元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材。日本初LCC専門ポータルサイト「LCC STYLE」編集長、ANA動画ニュース「ANA TV」監修、中部国際空港LCCポータルサイト監修。雑誌「MONOQLO」・NHKラジオなどマスメディアにも出演。書籍「LCCスタイル」(ゴマブックス社)はamazon旅行ガイド部門で1位を記録(2017年4月21日付)。