携帯メールアドレス使ってますか?料金見直しのカギ

今回は料金を見直すポイントのひとつ、携帯のメールアドレスについて書いていきます。多くの人が「メールアドレスを変えたくないから携帯会社は変えたくない」と言います。ただ、その携帯メールアドレスは本当に使っていますか?携帯メールはスマホ料金見直しの大きなカギになっているんです。

【2016年10月20日追記】NTTドコモが2016年冬モデルでLTE対応「AQUOSケータイ SH-01J」を発表。WiFi運用が可能なので、新プランを最低維持費で寝かせてお得に使うことが可能です!一括払いで月540円~の維持費も可能!月額課金サイト、番号&メールアドレスを変えたくないドコモユーザーも必見!

おサイフケータイ&WiFi&LTE搭載のNTTドコモの2016年冬モデルのシャープ製ガラホ「SH-01J」

WiFi運用で激安!LTEガラケーSH-01J

2016年10月20日

スマホで携帯メールを使わなくなってきていませんか?

スマホが普及した今、メッセージのやり取りは多くがLINEのようなアプリがメインになりました。そして、スマホではyahooメールやGメール、PCのプロバイダのメールを簡単に送受信出来るようになりました。気が付いたらスマホで携帯メール使わなくなってきていないでしょうか?

SMSの事、忘れていませんか?

そして、携帯の番号で直接短文をやり取り出来るSMS(ショートメッセージサービス)。iモードメールなどの携帯メールが無かった頃はこれが主流でしたよね。実はこのSMSもひっそり使い勝手が改善しているのです。

2011年7月から携帯大手3社同士が、2014年10月からはPHSの一部機種ともSMSをやり取りする事が出来るようになりました。PCメールの受信拒否をしている相手にも、番号を知っていればSMSを送ることが出来ます。

急ぎの要件は1通3円のSMSで、写真などはLINEやyahooメールなどで送る。こんな使い方をすれば、携帯メールに縛られる事はなくなるかもしれません。

携帯メールに縛られなければ自由が広がる!

2006年から始まった、番号そのままで他社に移行出来るMNP(モバイルナンバーポータビリティ)の制度。会社が変わるため、メールアドレスは残念ながら移行出来ません。

でもスマホが普及し、携帯メール以外の手段が充実してきた今、もし携帯メールアドレスを変えても良い、使わない、という決心が出来れば、以下のように選択肢が広がります。

  1. そのままの会社で機種変(※毎月の料金が高くなるのでおすすめしません)
  2. 携帯大手他社に乗り換える(MNP)
  3. 格安SIMの会社に乗り換える(MNP)
いがモバ
次は携帯電話の番号そのままで会社を乗り換える、MNPについて紹介します。MNPって結構簡単なんです。

【2016年10月20日追記】NTTドコモが2016年冬モデルでLTE対応「AQUOSケータイ SH-01J」を発表。WiFi運用が可能なので、新プランを最低維持費で寝かせてお得に使うことが可能です!一括払いで月540円~の維持費も可能!月額課金サイト、番号&メールアドレスを変えたくないドコモユーザーも必見!

おサイフケータイ&WiFi&LTE搭載のNTTドコモの2016年冬モデルのシャープ製ガラホ「SH-01J」

WiFi運用で激安!LTEガラケーSH-01J

2016年10月20日
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

メディアディレクター・航空コミュニケーター 五十嵐 貴文

生配信(ライブストリーミング)・SNS運用・動画の制作会社MEDiGA(メディガ)の代表。元TVディレクターのスキルを活かして航空会社やTV局などの生配信・SNS運用を手掛けています。LCC(格安航空会社)を中心に航空業界と利用者の架け橋となる「航空コミュニケーター」(旧称:LCCジャーナリスト)としても活動中。書籍「LCCスタイル」(ゴマブックス社)はamazon旅行ガイド部門で1位を記録(2017年4月21日付)。お仕事のお問合せは info@mediga.tv へ。