香港で超快適LTE!Priori3レビュー海外編

香港の繁華街「モンコック」でPriori3 LTEを使う

税抜12800円と激安価格で話題のSIMフリースマホ「Priori3 LTE」。いがモバはLCC「香港エクスプレス」で香港を訪れていたので、香港のプリペイドSIMを入れてみると超快適なLTE通信にバッチリ接続!海外旅行にも便利なスマホです!

スポンサーリンク

LTE対応&SIMフリーなのに激安!話題の「Priori3」

11月20日に発売されたフリーテルのSIMフリースマホ「Priori3 LTE」(プリオリ・スリー・エルティーイー)。

LTE通信に対応したSIMフリーのスマホとしては激安の12800円!価格破壊を起こした革命的なスマホとして「Priori3 LTE」が話題になっています。

サクサク&美カメラ!Priori3レビュー中身編

2015.11.26

1万円スマホ革命!Priori3レビュー 本体編

2015.11.25

SIMフリーを使い倒しに香港へ

「Priori3 LTE」はSIMフリーなので海外旅行の際も便利です。現地の携帯会社の電波が対応していれば、プリペイドSIMを入れて現地で快適にネットに繋がります。

香港エクスプレスの機内とPriori3 LTEいがモバはLCC「香港エクスプレス」のセールで取ったチケットで香港に行く予定があったので、購入したばかりの「Priori3 LTE」を香港で使ってみる事にしました。

羽田空港から香港空港までは約5時間の空の旅です。

香港はプリペイドSIM天国!

香港空港のセブンイレブンで購入したプリペイドSIMの「DISCOVER HONG KONG Tourist SIM Card」香港はプリペイドSIMが手に入れやすい都市のひとつです。

中でも観光客に人気なのが、セブンイレブンなどのコンビニで販売されている「Discover Hong Kong Tourist SIM Card」です。5日間でLTE通信が1.5GBまで使えて88香港ドル(日本円で約1400円)とちょうど良い使用期間と安さが人気の理由です。

Discover Hong Kong Tourist SIM Cardの紹介ページ

香港のセントラル駅にあるプリペイドSIMの自販機で購入した「3」の2日間SIMLCCを使った弾丸旅行の人に、いがモバがお勧めなのが、香港のセントラル駅にある自動販売機で売っている「3」(スリー)という通信会社のプリペイドSIMです。

使える日数によってパッケージの金額が変わるのですが、2日間使える38香港ドル(約600円)のパッケージはLCCの弾丸旅行の人にもおすすめです。自販機なので言葉の心配もないのが嬉しいですね。

「3」の日数型プリペイドSIMの紹介ページへ(英語)

SIMが2枚入る!ダブルLTESIMスロット

「Priori3 LTE」のダブルSIMスロット「Priori3 LTE」のメリットの一つが、SIMを2枚入れる事が出来る「ダブルSIMスロット」だという事です。しかもその2つのスロットが両方LTEに対応しています。(LTEの同時待ち受けは不可)

また、海外ではiPhoneなどに使われる一番小さい「nano」サイズのプリペイドSIMが入手困難な時があります。

「Priori3 LTE」のSIMスロットは標準サイズとmicroサイズの2種類に対応しているので、海外のプリペイドSIMとの相性が良いというメリットもあります。

APN設定が必要な会社も

香港の「3」のプリペイドSIMは設定不要いがモバがお勧めのプリペイドSIMの「3」はSIMカードを入れただけで、自動的にAPNの設定が読み込まれてデータ通信が出来ますが、プリペイドのSIMによっては自分でアクセスポイントの設定をする必要があるので、気を付けて下さい。

もし難しければ、スマホ本体ごとお店の人に預ければ少し嫌な顔をしながらも対応してくれます(笑)。

香港はLTE天国!

「3」のスピードテスト

「3」のスピードテスト結果(11月27日午後1時すぎ)

正しくAPNを入れるとインターネットが出来るようになります。「Priori3 LTE」でも無事にLTEが繋がりました。

香港に来て驚くのが、その通信環境の良さ。LTEがどの場所にいても繋がるし速いんです。

プリペイドSIMの会社にもよりますが、「Priori3 LTE」はテザリングもOKなので、普段使っているスマホやパソコンにWi-Fiを飛ばすことが出来ます。

SIM切り替えが可能

「Priori3 LTE」のSIM切り替え画面「Priori3 LTE」にいれた2枚のSIMは、設定画面から切り替える事が出来ます。

日本のSIMを1枚・渡航先のプリペイドSIMを1枚入れておく使い方をすれば、現地でスマホの蓋を開けずに本体設定だけで通信を切り替えられるので、頻繁に海外旅行に行かれる方にはとても便利だと思います。

激安だから気軽に海外旅行に持っていける!

香港の繁華街「モンコック」でPriori3 LTEを使う旅の写真撮影や、地図検索、日本の友人とのLINEなど、海外旅行にも欠かせないスマホ。ただ、気を付けないといけないのが海外ではスマホの盗難が多いという事です。

特にiPhoneは1台8万円以上もするので、窃盗のターゲットになりやすいです。いがモバの友人も海外のカフェでiPhoneを盗まれてしまいました。

「Priori3 LTE」は現地でLTEでネットを見たり写真撮影をするのに十分な性能を持ちながら、税抜きで12800円という安さです。これなら海外で落としたり盗まれても、精神的ダメージは少なく済みそうです。

台湾や香港などLCCの就航で海外が身近になりつつありますが、そんなLCCの海外旅行のお供にも「Priori3 LTE」はぴったりと言えそうです。

Priori3 LTE スペックまとめ

フリーテルのSIMフリースマホ「Priori 3 LTE」(FTJ152A)
機種名 Priori3 LTE(FTJ152A)
OS Android 5.1
プロセッサ クアッドコア 1.0GHz(64bit対応)
RAM 1Gバイト
ROM 8Gバイト
(microSDXC128Gバイトまで対応)
画面 約4.5インチ 480×854ピクセル
カメラ メイン:約800万画素CMOS
サブ:約200万画素CMOS
電池 2100mAh(取り外し可)
サイズ 高さ132mm×幅65mm×厚さ8.9mm
重さ 約120g
カラー マットブラック
パールホワイト
ルビーレッド
ヌーディーベージュ
ミントブルー
ビビットオレンジ
電波 LTE:Band 1 / / 8 / 19
※Band3は海外で大活躍
W-CDMA:Band  1 / 6 / 8 / 19
GSM: 850 / 900 / 1800 / 1900MHz
Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n
(2.4・5GHz対応)
Bluetooth Version4.0 LE対応
対応プロファイル:
HID, DUN, OPP, SPP, HSP, HFP, A2DP, AVRCP, HDP, PBAP
SIM 標準SIM ・microSIM
2スロット
その他 GPS搭載 (A-GPS対応)
加速度センサー
近接センサー
光センサー
e-compass
いがモバ
1万円スマホの革命機「Priori3 LTE」。香港でもしっかりLTEに繋がって、ネット検索や写真撮影に大活躍しています!値段も安いので、旅のサブスマホにおススメです!
by カエレバ

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

LCCジャーナリスト・メディアディレクター 五十嵐 貴文

元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材。日本初LCC専門ポータルサイト「LCC STYLE」編集長、ANA動画ニュース「ANA TV」監修、中部国際空港LCCポータルサイト監修。雑誌「MONOQLO」・NHKラジオなどマスメディアにも出演。書籍「LCCスタイル」(ゴマブックス社)はamazon旅行ガイド部門で1位を記録(2017年4月21日付)。