香港の秋葉原!シャムスイポで最新スマホを激安購入

香港の秋葉原こと深水埗(シャムスイポ)にある福仁電脳商場の「 Lotti Digital」

いがモバは「香港の秋葉原」こと深水埗(シャムスイポ)で物欲大爆発!入手困難な小米の神コスパスマホ「紅米Note3」やレノボの超巨大ファブレット「PHAB PLUS」を購入!海外の最新SIMフリースマホをお得に買うなら深水埗がお勧めです!

スポンサーリンク

「香港の秋葉原」ことシャムスイポへ

MTR荃湾線(ツェンワン・ライン)の深水埗(シャムスイポ)駅1泊2日の香港弾丸旅行中のいがモバ。帰国の前にはやっぱり買い物をしたいですよね。スマホオタクのいがモバは何かデジデジした物を買わないとやっぱり落ち着きません。

SIMフリー大国としても有名な香港ですが、最新のSIMフリースマホをお得に買うなら「香港の秋葉原」とも言われる香港一の電脳街のシャムスイポ(深水埗)がおススメです。

MTR荃湾線(ツェンワン・ライン)の深水埗(シャムスイポ)駅シャムスイポはMTRの荃湾線(ツェンワン・ライン)の深水埗駅が最寄りです。

MTRの荃湾線は赤い色が目印なので、「赤い色の路線の深い水を歩く駅」とでも覚えておいて下さい。

電子部品の屋台の中にプリペイドSIM屋が!

深水埗(シャムスイポ)の屋台通りシャムスイポは駅の出口によって少し街の雰囲気が違います。

シャムスイポ駅のAとCの出口周辺には屋台が立ち並んでいて、秋葉原のように電子部品のパーツなどが売られています。

深水埗(シャムスイポ)のSIM屋台その屋台の中には色々なプリペイドSIMを販売する屋台も。

香港はプリペイドSIMが進んでいる国ですが、シャムスイポはお得にプリペイドSIMを買うことが出来る事でも知られています。

パッケージに書かれている定価より少し安く販売されているプリペイドSIMもあって、次回の香港旅行用にここでSIMカードを調達するのもおススメです。

お得にスマホを買うなら福仁電脳商場がおススメ!

深水埗(シャムスイポ)の福仁電脳商場道路を挟んで反対側のD2出口を出た所には高登電脳中心や黄金電脳商場といった香港でも有名な電脳ビルがあります。

そんな電脳街シャムスイポの中で、いがモバが一番おススメなのがD2出口を出て左側に少し歩いた所にある福仁電脳商場です。青い建物が目印です。

深水埗(シャムスイポ)の福仁電脳商場の中福仁電脳商場の1階にはUSBケーブルやモバイルバッテリーなどスマホ関連のグッズを販売するお店があります。

平日にも関わらず沢山の人で凄い熱気です。まさに「香港の秋葉原」ですよね。

深水埗(シャムスイポ)の福仁電脳商場で売られていた視聴機中には怪しげな商品がおいてあるお店も。

店主曰く「香港で一番人気」というこの商品はHDMIケーブルでテレビと繋がり、インターネットを通じて世界中のテレビ番組がほぼリアルタイムで見られるという商品です。

もちろん著作権的にアウトなので使ってはダメ!ですが、テレビ番組がつまらないと言われる香港でこのような機械を使って面白いコンテンツを楽しんでいる人もいるんだなと勉強になりました。

香港のスマホ屋で一番安いかも!「Lotti Digital」

深水埗(シャムスイポ)の福仁電脳商場の2階にある「Lotti Digital」福仁電脳商場の2階に、他の店と違い明らかに沢山の香港人が集まっている店があります。「Lotti Digital」という最新スマホを販売しているお店です。

福仁電脳商場の「Lotti Digital」は今、いがモバが香港で一番のお気に入りのお店です。

その理由は商品の値段がちゃんと提示してある事と、最新スマホがお得に買える値段の安さです。

「Lotti Digital」のFacebookページ

入手困難の神コスパスマホ「紅米Note3」もあった!

深水埗(シャムスイポ)の福仁電脳商場の2階にある「Lotti Digital」で販売されている小米の「紅米Note3(Redmi Note3)」先日の記事で紹介した、中国の人気スマホメーカー小米(シャオミ)の神コスパスマホ「紅米Note3」も早速入荷していました。

中国で11月末に販売されたばかりの「紅米Note3」はネット通販も完売状態が続いていて入手が困難な品物です。

「Lotti Digital」には中国で1099元(約20800円)で販売されている3GBメモリ&容量32GBのバージョンの在庫があって、値段も1450香港ドル(約22800円)と上乗せ価格がたった2000円と良心的な価格。

商品発表時から凄く欲しかったスマホなので、手に入れるまでの手間を考えたらここで購入していった方が良いと思い、購入する事にしました。

日本未発売!レノボの超巨大ファブレット

深水埗(シャムスイポ)の福仁電脳商場の2階にある「Lotti Digital」で販売されているLenovoの「PHAB Plus」こちらはレノボのSIMフリーファブレット「PHAB Plus」です。

その特徴は何と言ってもその巨大な画面。なんと6.8インチとほぼタブレットのような巨大さです。その名の通り、まさに「電話(Phone)」と「タブレット(Tablet)」の良い所取りをした日本未発売の商品です。

日本でも秋葉原の一部のお店で輸入品として販売されていますが、4万円を超す結構いい値段だったので購入していなかったのですが、この「Lotti Digital」では特価品として1950香港ドル(約30600円)と激安な価格!

深水埗(シャムスイポ)の福仁電脳商場の2階にある「Lotti Digital」で購入した品物スマホを2つも買うのはどうなのかと、一旦隣のマクドナルドでランチをしながら頭を冷やしたのですが(笑)、やっぱりどう考えてもお得なので購入する事にしました。

購入したSIMフリーファブレットの「PHAB Plus」はニッチな商品なのであまりケースが無いかもと考え、一緒に純正のケースも購入。ガラスフィルムはちょっと高価だったのでやめました。

シャムスイポでの戦利品(プリペイドSIM)

深水埗(シャムスイポ)のSIM屋台で買った品物今回のシャムスイポで購入した商品をまとめて紹介します。まず、プリペイドSIMを2つ購入しました。

一つは中国移動香港の「4G/3G 1-Card-2-Number Prepaid SIM Card」です。(写真右)

香港と中国の2つの携帯番号が1つのSIMカードの中に入っていて、それぞれの国で国内通話がお得に出来るだけでなく、香港と中国の両方でLTE通信をすることが出来ます。SIMの代金は120香港ドル(約1800円)で、屋台によってはもう少し安く買える所もあると思います。

もう一つは博元讯息(Multi-byte info)というよく分からない会社(多分中国移動香港のMVNO?)のデータ専用プリペイドSIMカードです。(写真左)

こちらも香港と中国の両方でLTEが使えるSIMで、90日間で1GBの使い切りタイプでした。SIMの代金は138香港ドル(約2100円)でした。

中国にもプリペイドSIMがありますが、中国の通信会社のSIMではLINEやグーグル検索が遮断されて利用できません。ところが、香港の通信会社が発行するSIMだと海外のローミング扱いになり、中国当局の規制の対象外でLINEやグーグル検索が利用できるんです。

LCC「春秋航空」の就航などで日本と中国がどんどん身近になってきているので、中国本土に行く前に購入しておくことをお勧めします。

※上記2つのSIMの場合、中国でLTE通信を行うにはTD-LTEに対応した端末が必要です

シャムスイポでの戦利品(スマホ)

深水埗(シャムスイポ)の福仁電脳商場の2階にある「Lotti Digital」で購入したスマホこれがシャムスイポの福仁電脳商場の「Lotti Digital」で購入したスマホの2つです。

写真左が小米の紅米Note3。写真右がレノボの「PHAB Plus」です。2台合わせても5万円ちょっとで、「iPhone 6sPlus」の半額とは驚きのコスパです。

紅米Note3の画面はスマホとしては大画面の5.5インチですが、隣の6.8インチのPHAB Plusのパッケージと比べるとものすごく小さく感じます(笑)。

製品のレビューは後日お伝えするので、楽しみにしていて下さいね。

小米の「紅米Note3」の製品ページ(※中国語)

レノボの「PHAB Plus」の商品ページ(レノボの香港のサイト・中国語)

物欲クリスマスには香港が効く!?

香港の旺角(モンコック)にあるランガムプレイスの4階広場のLINEのクリスマスの特別展示

旺角のランガムプレイスのLINE特別展示

クリスマスが近づき、何かと物欲が刺激される年末ですよね。香港でも「クリスマスギフト」として色々な店で特価品が用意されていました。

いがモバもスマホ購入に少し悩みましたが、激安セールのチケットとはいえ香港に毎週来れる訳ではないので、決断して購入してみました。「もし合わなくてもヤフオクで次に気に入ってくれる方を探す方法もあるし」と自分に言い聞かせながら(笑)。

物欲で支配されるクリスマスには、香港旅行が結構効くかもしれません。最新SIMフリースマホをお得に買うならシャムスイポがおススメです!

いがモバ
今回紹介した「香港の秋葉原」ことシャムスイポにはまだまだ色々なお店があるので、今後も良いお店を発見したらいがモバで紹介したいと思います。お楽しみに!
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

LCCジャーナリスト・メディアディレクター 五十嵐 貴文

元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材。日本初LCC専門ポータルサイト「LCC STYLE」編集長、ANA動画ニュース「ANA TV」監修、中部国際空港LCCポータルサイト監修。雑誌「MONOQLO」・NHKラジオなどマスメディアにも出演。書籍「LCCスタイル」(ゴマブックス社)はamazon旅行ガイド部門で1位を記録(2017年4月21日付)。