簡単日本語化!PHAB Plusレビュー 中身編

LenovoのHPのSIMフリーファブレット「PHAB Plus」の写真

レノボの超巨大スマホ「PHAB Plus」。6.8インチの大画面に注目が行きがちですが、最初から日本語に対応し、片手モードを搭載しているなど、そのまま日本で発売出来るような仕上がりです。超巨大スマホの気になる中身を詳しく紹介します!

スポンサーリンク

電話+タブレットの良い所取り!「PHAB Plus」

LenovoのHPのSIMフリーファブレット「PHAB Plus」の写真

レノボのHPより引用

レノボがこの秋に発売したSIMフリースマホ「PHAB Plus」(ファブ・プラス)。6.8インチの超巨大な画面が特徴のこの機種は、電話(Phone)とタブレット(Tablet)の良い所取りをしたファブレットと呼ばれるジャンルの商品です。

いがモバは先日の香港旅行で約3万円で購入することが出来ました。

入った!巨大スマホPHAB Plus本体レビュー

2015.12.13

香港の秋葉原!シャムスイポで最新スマホを激安購入

2015.12.11

面倒な設定不要!最初から日本語入り

LenovoのSIMフリーファブレット「PHAB Plus」の初期起動時の言語設定画面に日本語の選択肢

初回起動時の言語設定画面

「PHAB Plus」は海外で販売される端末ですが、最初からAndroidの言語設定に日本語が入っています。

起動時に日本語を選択するだけで殆どのメニューが日本語化され、使い勝手は国内の端末と同じになります。

PHAB Plusに必須の日本語入力ソフトは「Google日本語入力」がおすすめ

日本語入力ソフトは「Google日本語入力」がおすすめ

ただ、初期状態では文字入力するための日本語入力ソフトが入っていないので、別途インストールする必要があります。

グーグルプレイからインストールするだけで簡単に日本語入力が出来るようになります。ここまで設定すると、もうほとんど日本で販売された端末のようです。

Android5.0以降、海外の端末も標準で日本語が入っているものが多くなってきたので、嬉しい限りです。

ほぼ素のAndroid

LenovoのHPのSIMフリーファブレット「PHAB Plus」の端末情報画面

端末情報の画面

「PHAB Plus」の初期状態でのAndroidは5.0.2です。今後のアップデートに期待です。

LenovoのSIMフリーファブレット「PHAB Plus」のホーム画面「PHAB Plus」のホーム画面は素のAndroidのランチャーに近いものになっています。

初期状態のアプリ一覧

初期状態のアプリ一覧(google日本語入力は追加)

購入時のアプリは、レノボのクラウド関係とMcafeeのセキュリティーソフトが独自なもので、あとは素のAndroidの状態です。

余計なアプリが少ないので好感が持てます。

PHAB Plusの初期状態の空き容量

初期状態の空き容量

「PHAB Plus」の本体の容量は32GBです。初期状態での空き容量は24GBありました。

これだけあれば通常の使用では問題はなさそうです。別途microSDも使用することが出来ます。

PHAB Plusの初期状態の空きメモリ(RAM)

初期状態の空きメモリ(RAM)

余計なアプリが少ないので、メモリの空き具合も良好です。

「PHAB Plus」のメモリ(RAM)は2GBで、初期状態の空きメモリは1.2GBもありました。

これだけ余裕があるので、基本的に動作はサクサクしています。

Bluetoothテザリングも対応!

PHAB Plusのテザリングの設定画面

テザリングの設定画面

「PHAB Plus」はUSB・Wi-Fi・Bluetoothのすべてのテザリングに対応しています。

SIMフリーなので、海外旅行時にこの「PHAB Plus」にプリペイドSIMを入れて、日本で使っているスマホにWi-Fiを飛ばすなんて使い方も出来ますね。

FMラジオがまさかの日本対応!

PHAB PlusのFMラジオアプリの画面「PHAB Plus」にはFMラジオが内蔵されています。

海外の端末にはFMラジオが良く搭載されているのですが、設定できる周波数が海外のままで日本で聴けないという事がよくあるので、いがモバもあまり期待していませんでした。

ところが、、、いざアプリを起動してみると、日本の周波数で選択できるようになっているんです!

80.0MHzに合わせると、ばっちりTOKYO FMが良い音で聴けました。これは嬉しいサプライズでした!

音にもこだわり

PHAB Plus音響設定(DOLBYATMOS)の画面「PHAB Plus」には音響環境をシチュエーションに合わせて変えられる「DOLBY ATMOS」が搭載されています。

動画や音楽、ゲームなど自分の使っているシーンによって最適な音響を整えてくれます。

このアプリも完全日本語対応していたので驚きでした。

デカいけど小さく出来る!

PHAB Plusの片手モード

片手モード時の画面

「PHAB Plus」は片手で操作するためのモードも搭載しています。ただ、本体が重いので片手でキープするのはちょっと厳しいと感じました。

基本は両手で持って両方の親指で操作する、ゲーム機で遊ぶようなスタイルが主になると思います。

APN設定にSPモード!これは何を意味するのか

PHAB PlusのAPN設定画面

PHAB PlusのAPN設定画面

「PHAB Plus」にNTTドコモのSIMを入れると、APN設定画面にIIJmio、モペラ、SPモードのAPNが表示されました。

SPモードで接続した時のPHAB Plusのネット接続した画面

SPモードでの通信画面

10月からSPモード接続がSIMフリー端末にも開放されたので、APNにSPモードを設定すると4Gマークが立ってすぐに通信することが出来ました。

ひとつ謎なのが、この機種が発売された9月にはまだSPモードがSIMフリー端末には解放されていなかったので、なぜプリセットに入っているのかという事。もし解放されていなければ事前に入れておく必要がないからです。

レノボ側がこの情報を事前に知っていたのか、それとも今後国内で販売する予定があるのか?などなど、妄想が膨らみます(笑)。

PHAB Plusの中身を丸裸に!

AntutuベンチマークでのPHAB Plusの情報画面

Antutuベンチマークでの情報画面

「PHAB Plus」の中身を詳しく見るためにAntutuベンチマークで機械の情報を見てみます。

AntutuベンチマークでのPHAB Plusの情報画面

AntutuベンチマークでのPHAB Plusの情報画面

「PHAB Plus」はオクタコアの「Snapdragon615」を搭載していますが、しっかり8つのコアが動いているのがこの画面で良く分かります。

AntutuベンチマークでのPHAB Plusのタッチパネルの情報画面

AntutuベンチマークでのPHAB Plusのタッチパネルの情報画面

「PHAB Plus」のタッチパネルは5点感知式でした。これ以上指を増やしても感知されませんでした。

スクリーンショットを撮るのがめっちゃ難しかったです(笑)。

スマホの画面上で複数の指を使うのはゲームくらいしか思いつきませんが、5点感知であれば問題なく利用できると思います。

AntutuベンチマークでのPHAB Plusのテスト結果

AntutuベンチマークでのPHAB Plusのテスト結果

そして、肝心のAntutuベンチマークのスコアは「30808」でした。

CPUやメモリなど項目ごとの詳しい結果を見たい方はこのQRコードを読み取って見てみて下さいね。

人気ゲームアプリもプレイ可能!

PHAB Plusでパズドラがプレイ可能

PHAB Plusでパズドラがプレイ可能

海外製のスマホで気になるのが、日本のゲームの対応具合。結構対応していないスマホも多いんです。

「PHAB Plus」では、人気ゲームのパズドラがプレイできました。

PHAB Plus スペックまとめ

品名 Lenovo「 PHAB Plus」
PB1-770M (HP)
OS Android 5.0
CPU Qualcomm Snapdragon615
MSM8939 オクタコア 64-bit
(4コア1.5GHz +4コア1.0GHz)
メモリ 2GB(RAM)
容量 32GB
microSD対応(最大64GB)
※SDはSIMスロット2を使用
画面 6.8インチIPS 液晶
解像度1920 x 1080(326 ppi)
カメラ メイン:1300万画素(AF)
フロント:500万画素
電池 3500mAh
GNSS A-GPS, GLONASS
センサー Accelerometer, proximity, compass
その他 無線LAN a/b/g/n/ac
Bluetooth v4.0
SIM nanoSIM×1
MicroSIM×1
通信 FDD-LTE Band 1/3/7/8/20
TD-LTE Band 38/40
W-CDMA Band 1/2/5/8
GSM Band 2/3/5/8
寸法 188.6 x 96.6 x 7.6mm
(高さ×幅×厚さ)
重さ 約229g

香港で購入した「PHAB Plus」ですが、amazonなどでも販売している所があるようです。大画面スマホに興味のある方は是非チェックしてみて下さいね。

by カエレバ

 

いがモバ
日本語化が簡単な「PHAB Plus」。かなりの部分までちゃんと日本語になっているので、もしかして将来日本でも発売されるかもしれないですね。明日は「PHAB Plus」のカメラ撮影についてレビューする予定です。お楽しみに!

【12月15日追記】「PHAB Plus」のカメラについてのレビュー記事を公開しました。

原宿プチ観光!PHAB Plus カメラレビュー

2015.12.15
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

LCCジャーナリスト・メディアディレクター 五十嵐 貴文

元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材。日本初LCC専門ポータルサイト「LCC STYLE」編集長、ANA動画ニュース「ANA TV」監修、中部国際空港LCCポータルサイト監修。雑誌「MONOQLO」・NHKラジオなどマスメディアにも出演。書籍「LCCスタイル」(ゴマブックス社)はamazon旅行ガイド部門で1位を記録(2017年4月21日付)。