神コスパスマホ!Desire626レビュー中身編

HTCのSIMフリースマホ「Desire 626」のタッチパネルのテスト画面

楽天モバイルの半額セールでゲットしたHTC「Desire626」。今日は中身をチェック!液晶は10点同時に検知する贅沢なマルチタッチ液晶。動きはサクサク、海外でもバッチリ使える13900円では絶対買えないスペックの神コスパなスマホでした!

【2016年9月3日追記】楽天スーパーセールで「Desire 626」がセール特価で販売されます。セールの詳細をまとめました。

P9も半額!楽天スーパーセールで格安スマホが激安

2016.09.03
スポンサーリンク

不遇の名機 HTC「Desire 626」

HTCのSIMフリースマホ「Desire 626」のHPの写真

HTCのホームページより

10月17日に発売されたHTCのSIMフリースマホ「Desire 626」。スペックも価格も良好ながら、同期のライバル富士通「M02」の陰に隠れた不遇の名機でした。

不遇の名機が半額!Desire626本体レビュー

2015.12.25

ところが楽天モバイルの半額セールで神コスパなスマホに生まれ変わり、「Desire 626」は一気にスターへの道を歩み始めています。今日はこの「Desire 626」の中身についてレビューしていきます。

HTC「Desire 626」中身をレビュー!

HTCのSIMフリースマホ「Desire 626」のソフトウェア情報の画面

ソフトウェア情報の画面

「Desire 626」はAndroid5.1を採用しています。さらに「HTC Sense」というHTC独自の操作画面になっているので、メニュー画面などはHTCオリジナルの物になっています。

HTC色強めのホーム画面

HTCのSIMフリースマホ「Desire 626」のホーム画面

初期状態のホーム画面

ホーム画面も「HTC Sense」によって、独自の表示になっています。他のスマホを使っていると少し慣れないかもしれません。

ホーム画面はアプリで後で変えることが出来るので、いがモバは使い慣れた「Nova launcher」に変更しました。

HTCのSIMフリースマホ「Desire 626」のホーム画面の楽天関係のページ

初期状態のホーム画面の別ページ

初期のホーム画面の右側2・3ページ目には楽天関係のアプリが並んでいます。

HTCのSIMフリースマホ「Desire 626」の「HTC BlinkFeed」

BlinkFeedの画面

ホーム画面の左側に画面をスワイプすると、「BlinkFeed」というアプリの画面が表示されます。

この画面には登録したニュースやSNSの最新情報が表示されます。

ただ、いがモバはこういうものが邪魔だと感じてしまうので、ホームアプリ自体変更しました。

半分以上が楽天関係のアプリ!

HTCのSIMフリースマホ「Desire 626」のアプリ一覧

初期状態のアプリ一覧

プリインストールされているアプリの一覧です。

驚くことに半分以上が楽天関係のアプリです。楽天モバイルで安く買えたので、これは良しとしましょう(笑)。

「Desire 626」の空き容量は?

HTCのSIMフリースマホ「Desire 626」の初期状態の空き容量

初期状態の空き容量

「Desire 626」の本体の容量は16GBです。初期状態での空きは約7GB。

あまり多くはありませんが、「Desire 626」は最大200GBまでのmicroSDXCに対応しているので、写真や動画はガンガンSDカードに入れて行く事ができます。

microSDXCへの対応をちゃんと公開しているのはこのクラスのスマホでは珍しいので、「Desire 626」の強みの一つでもありますね。

「Desire 626」の空きメモリは?

HTCのSIMフリースマホ「Desire 626」の初期状態の空きメモリ

初期状態の空きメモリ

「Desire 626」のメモリ(RAM)は2GBです。初期状態での空きは0.95GB(950MB)でした。

十分に空きがあるので、動きもサクサクです。

楽天関係のアプリは削除可能!

HTCのSIMフリースマホ「Desire 626」の楽天関係のアプリのアンインストール画面

アプリのアンインストール画面

「Desire 626」のプリインストールされているアプリの半数以上が楽天関係です。中には使わないサービスもありますよね。

良心的な事に、「Desire 626」にプリインストールされている楽天関係のアプリはほとんど削除することが出来ます。

いがモバも使っていないアプリはがっつり削除させてもらいました(笑)。楽天モバイルとしては、自社のサービスを使って貰う入り口としてスマホを安く提供しているのかもしれませんね。

HTCのSIMフリースマホ「Desire 626」の楽天関係のアプリ削除後の空き容量

楽天関係のアプリ削除後の空き容量

楽天関係のアプリを削除した後、「Desire 626」の本体の空き容量は300MBほど増えました。

HTCのSIMフリースマホ「Desire 626」の楽天関係のアプリ削除後の空きメモリ

楽天関係のアプリ削除後の空きメモリ

メモリは50MBほど空きが増えました。操作感も更にサクサクスッキリしたのは気のせいでしょうか(笑)?

ルーターとしても使用可能!

HTCのSIMフリースマホ「Desire 626」はBluetoothテザリング対応

モバイルネットワーク共有の設定画面

「Desire 626」はWi-Fi・USBに加えて、Bluetoothによるテザリング機能を搭載しています。

ここに格安SIMを入れて、省電力・大画面のルーターとしても利用することが出来ます。

カーナビに便利なアプリがあるのに電子コンパス非搭載

HTCのSIMフリースマホ「Desire 626」のCarアプリ

「Car」アプリの画面

「Desire 626」には自動車用のホームアプリ「Car」がインストールしてあります。

乗車時に操作しやすいように大きいアイコンで操作しやすいアプリになっていますが、「Desire 626」はナビをするにおいて肝心な電子コンパスの機能が内蔵されていないのです。

コストの関係で電子コンパスが省かれたのだと思いますが、電子コンパスがあればさらにこのアプリが活かせるので、ちょっともったいないなと思いました。

もちろん電子コンパスが無くても、簡易的なカーナビには十分使えます。

ガラケー型子機との連携が可能

HTC Mini+ の設定画面

HTC Mini+ の設定画面

「Desire 626」のメニューの中には、Bluetooth接続のガラケー型子機「HTC Mini+ 」との接続設定画面がありました。

「HTC J ONE Mini」の製品写真

HTCのホームページより

「HTC Mini+ 」は「Desire 626」とBluetoothで接続する事により、通話やメールの通知などを確認することが出来ます。

日本でも一時期「HTC J ONE Mini」として発売していたので持っている人もいるかもしれません。

残念ながら現在amazonなどでは売り切れ中なのですが、手に入れたら試してみたい面白いオプション品です。

Antutuベンチマークでさらに中身をチェック!

「Desire 626」のAntutuベンチマークアプリの画面

Antutuベンチマークの機器情報の画面

さらに詳しい機器情報をAntutuベンチマークアプリの機器情報の画面で見ていきます。

「Desire 626」のAntutuベンチマークアプリのCPU情報の画面

AntutuベンチマークのCPU情報の画面

「Desire 626」のCPUはQualcomm Snapdragon 410・1.2GHzのクアッドコアです。

ちゃんと4つのコアが動いているのが分かります。

「Desire 626」のAntutuベンチマークアプリのディスプレイ関係の情報画面

ディスプレイ関係の情報画面

次にディスプレイ関係。「Desire 626」は5インチのHD液晶です。

この画面の下に、タッチパネルのテスト画面があるのでチェックしてみます。

「Desire626」のAntutuベンチマークのタッチパネルのテスト画面

タッチパネルのテスト画面

すると、「Desire 626」は贅沢な事に同時に10点感知するマルチタッチ液晶だという事が分かりました。指を10本からさらに増やしてもこれ以上は検知しませんでした。

1人ではスクリーンショットを撮るのが凄い難しかったので、同僚に手伝ってもらいながらキャプチャーしました(笑)。

低価格帯のスマホでは2点・5点といったタッチパネルが当たり前なので、「Desire 626」は液晶に凄いコストをかけているのが分かります。指を沢山使うゲームなどをやる人には良いスマホかもしれませんね。

Desire 626の内蔵センサーの一覧

内蔵センサーの一覧

さらに内蔵されているセンサーをチェックしてみました。

「Desire 626」には、加速度・ジャイロ・光・近接センサーが内蔵されているのが確認できました。

公式ページでは「磁気」の表示がありますが、これは純正ケースのONOFFを感知する部分のことかもしれません。

気になるベンチマークの点数は?

「Desire 626」のAntutuベンチマークのテスト結果

Antutuベンチマークのテスト結果

そして気になる「Desire 626」のベンチマークのスコアは「26036点」でした。何回繰り返してもこの数値の前後の結果でした。

ライバルの富士通「M02」は23000点前後なので、それより少しだけ性能が上回っています。

神変換&神通話「arrows M02」中身も凄い!

2015.11.07

税抜27800円のスマホとしては標準的な結果と言えそうですが、半額の税抜13900円のスマホとしては驚異的な結果です。

人気ゲームもプレイ可能

「Desire 626」でのパズル&ドラゴンズの画面

パズル&ドラゴンズの画面

台湾メーカーのスマホですが、ちゃんと人気ゲームアプリ「パズル&ドラゴンズ」がプレイ出来ました。

この辺りは日本のキャリアへの供給実績の長いHTCならではの安心感ですね。

データのみ格安SIM使用に注意!

楽天モバイルのHPの「Desire626」でデータSIMを使用する際の注意

楽天モバイルのHPより

「Desire 626」の残念な仕様が一つあります。SMS機能のないデータのみのSIMを入れた際に、アンテナマークが立たないのです。

最近のスマホではデータのみのSIMでもちゃんとアンテナマークが立つものが多いので、これはちょっと残念。通信はちゃんと出来るのですが、常にバツマークは精神衛生上よくないですよね。

SMSのない格安SIMを使いたい人もいると思うので、そんな時は電波強度をアンテナマークに変換してスマホの画面に表示してくれるアプリがおススメです。

通知領域にアンテナピクトを表示させるアプリ「アンテナピクトβ」

SIMフリーだから海外でもバッチリ使える!

台北の西門にある遠傳電信(Far EasTone)の店舗最後に「Desire 626」のSIMフリーの部分をチェックしてみます。

台北の繁華街・西門にある遠傳電信(Far EasTone)の店舗にやってきました。

SIMの開通作業をする遠傳電信(Far EasTone)のスタッフ訪れた日がクリスマス前という事もあって、店員さんはサンタの帽子をかぶっていました(笑)。

遠傳電信のプリペイドSIMを購入する際はパスポート+免許証など、身分証明書が二つ必要なので注意です。

「Desire626」に台湾の遠傳電信(Far EasTone)のSIMを入れるゲットした遠傳電信のプリペイドSIMを「Desire 626」に入れて設定します。

遠傳電信のプリペイドSIMはAPNの欄に「internet」と入れるだけでOKの簡単仕様です。

「Desire626」に台湾の遠傳電信(Far EasTone)のSIMを入れて通信成功すると、ばっちりLTEマークが出て通信が出来ました!

台湾の遠傳電信(Far EasTone)の通信速度

Desire626に入れた遠傳電信SIMの通信速度

遠傳電信のプリペイドSIMのLTE通信は昼時にもかかわらず8M前後の速度が出て快適でした。

「Desire 626」の内蔵しているLTEは、周波数帯がFDD-LTEのBand1/3/5/7/8/19/28と日本だけでなく海外の周波数にも豊富に対応しているので、海外旅行で大活躍する事間違いなしです!

HTC「Desire 626」スペックまとめ

楽天モバイルのHTCのSIMフリースマホ「Desire626」の写真

楽天モバイルのHPより

HTC Desire 626
OS Android 5.1
CPU Qualcomm MSM 8916
1.2GHz クアッドコア
メモリ 2GB(RAM)
容量 eMMC 16GB
microSDXC対応(最大200GB)
画面 約5.0インチ Super LCD2
HD1,280×720ドット
タッチパネル10点式
カメラ メイン:約1,300万画素(F2.2)
フロント:約500万画素(F2.8)
電池 リチウムポリマー2,000mAh
センサー 加速度/近接/環境光/磁気(未確認)
その他 無線LAN 2.4GHz(b/g/n)
Bluetooth 4.1
GPS(GLONASS)
NFC
SIM nanoSIM × 1
通信 LTE(FDD Band1/3/5/7/8/19/28)
W-CDMA(B1/5/6/8/19)
GSM(850/900/1800/1900MHz)
寸法 146.9×70.9×8.19mm
(高さ×幅×厚さ)
重さ 約140g
カラー マリーンブルー
マカロンピンク
ホワイト(楽天限定)
ブラック(楽天限定)

半額で買えるのは28日まで!

HTC「Desire 626」が半額で買える楽天モバイルの「歳末大感謝祭セール」。12月28日(月)の午前9:59分までの期間限定販売です。

楽天モバイルの回線への同時申し込みが条件ですが、今回のセールは音声通話対応のSIMだけでなくデータSIMへの申し込みでも「Desire 626」を半額で購入できます。

データSIMの場合、最低利用期間の制限や解約金などもありません。楽天モバイルの回線のお試しにはピッタリです!SIMフリースマホを少しでも安くゲットしたいという人に是非お勧めなので、チェックしてみて下さいね。

楽天モバイルのページはこちら

端末を単品で買いたい方はこちらをチェック!

by カエレバ

 

いがモバ
神コスパなスマホ「Desire 626」が半額で買えるのは28日までなので、ぜひチェックしてみて下さいね。あすは「Desire 626」のカメラ性能を台北で撮影した写真と共に紹介します!お楽しみに!

【12月27日追記】「Desire 626」のカメラについてのレビューを公開しました。

驚異の美画質!Desire626レビューカメラ編

2015.12.27

【2016年9月3日追記】楽天スーパーセールで「Desire 626」がセール特価で販売されます。セールの詳細をまとめました。

P9も半額!楽天スーパーセールで格安スマホが激安

2016.09.03
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

LCCジャーナリスト・メディアディレクター 五十嵐 貴文

元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材。日本初LCC専門ポータルサイト「LCC STYLE」編集長、ANA動画ニュース「ANA TV」監修、中部国際空港LCCポータルサイト監修。雑誌「MONOQLO」・NHKラジオなどマスメディアにも出演。書籍「LCCスタイル」(ゴマブックス社)はamazon旅行ガイド部門で1位を記録(2017年4月21日付)。