コスパ重視!au「Qua phone」レビュー

auの2016年春モデル「Qua phone」

auもコスパ重視路線へ!2016年の春モデルで、いがモバが注目しているのが「Qua phone」。需要の多い防水・おサイフは搭載し、ワンセグなどを省くことで従来より安い価格を実現しました。今年の春注目のauのコスパスマホをレビューします!

【2月21日追記】auの「Qua phone KYV37」「DIGNO rafre KYV36」「AQUOS SERIE mini SHV31」に他社からMNPすると毎月の料金から2747円割引する「のりかえおトク割」キャンペーンを開催中です。格安スマホ並みの維持費になるお得なキャンペーンです。

au裏プランでMNP激安スマホ!実質0円スマホも

2016.02.18
スポンサーリンク

auもコスパ路線に舵を切った!

Qua phone KYV37

京セラのHPより

auの2016年春モデルでいがモバが注目しているのが、京セラ製のauオリジナルスマホ「Qua(キュア) phone KYV37」です。

このスマホの一番の特徴が「安くてソコソコ使える」コスパ重視のスマホだという事です。ニーズのある防水・おサイフケータイ機能は持ちながら、使用頻度の少ないワンセグを省き、CPUの性能を抑えめにすることで販売価格を抑えています。

【2月21日追記】定価は49,680円で、MNPの場合は誰でも割に加入すると10800円割り引かれ38880円になります。毎月割はauスマートバリューに未加入の場合は846円の割引が24回(20304円分)付きます。実質負担は約18000円ですが、androidの下取りが2万円相当で行っているので、ほぼ実質0円で本体を手に入れることができます。 

機種変更の場合はガラケーや3Gスマホを半年以上使っていた人は16200円割り引かれ、33480円になります。 毎月割はauスマートバリューに未加入の場合は846円の割引が24回(20304円分)付きます。

総務省の有識者会議でまとまった「過度な販売奨励金を抑制する」との提言を受けて正式に規制が決まると、これまでのように大きな金額の割引を付ける事が難しくなります。そうなると今後、「本体代金が安くて、そこそこ使える」コスパの良い機種の需要が高まってくると思われます。

「Qua phone KYV37」は、auがコスパ路線に舵を切った試金石としてとても重要なスマホです。それではこのauの「コスパスマホ」を早速レビューしていきます!

アルミ合金製の高級感ある外観

Qua phone KYV37を手に持った時の写真「Qua phone KYV37」は、背面がアルミ合金で出来ています。手に持つとひんやり感じ、ワンランク上の高級感を感じさせます。

液晶のガラスには高強度の「Dragontrail X」が使われているので傷がつきにくく、本体も防水・防じん・米MIL規格に準拠した耐衝撃性能を持っているので、多少ラフに扱っても安心です。

7.9ミリの薄型ボディ

本体右側の側面

本体右側の側面

本体の厚みは最薄部で7.9ミリとかなり薄型です。電源キーや音量ボタンは大きく設計されていて、とても押しやすく実用的なデザインです。

microSDとnanoSIMスロット

microSDとnanoSIMスロット

microSDカードやSIMスロットは防水キャップの中にあります。SIMのサイズはnanoです。

おサイフケータイ搭載!ワンセグ・赤外線は無し

Qua phoneのカメラとおサイフケータイ

カメラ・LEDフラッシュ・おサイフケータイ

需要の多いおサイフケータイはきちんと搭載しています。一方でワンセグや赤外線などは搭載せず価格を抑えています。

国内メーカー製ならでは!嬉しいストラップ穴

Qua phoneのストラップホール

ストラップホール

国内メーカーならでの心配りが「ストラップホール」です。海外メーカー製の格安スマホにはこれがないのがほとんどなので、嬉しい仕様です。

Android5.1.1搭載

QuaphoneのOSバージョンの画面

本体情報の画面

「Qua phone KYV37」の展示機のOSのバージョンはAndroid5.1.1でした。

少し癖のあるホームアプリ

Qua phoneのホーム画面

ホーム画面

一見普通に見えるホーム画面なのですが、、、実はアプリ一覧がありません。

Qua phoneのアプリフォルダの画面

各フォルダの中にアプリ

iPhoneと同じように、画面上にすべてのアプリが並び、ジャンル分けされたフォルダの中にアプリがまとまっています。

同時期に発売される同じQuaブランドの10インチのタブレット「「Qua tab 02」と操作方法が統一されていて、2台持ちした時に使いやすくなっています。

従来のAndroidの操作方法が良いという人は他のホームアプリをインストールして利用しましょう。

Qua phoneの空き容量は?

Quaphoneの展示機の初期状態の空き容量

展示機の初期状態の空き容量

「Qua phone KYV37」の容量は16GBです。展示機の初期状態の空き容量は約9GBでした。

余り多いとは言えませんが、最大200GBまでのmicroSDXCカードが利用できるので、写真は動画はSDカードを上手く利用したいですね。

Qua phoneの空きメモリは?

Qua phoneの展示機の初期状態の空きメモリ(RAM)

展示機の初期状態の空きメモリ(RAM)

「Qua phone KYV37」の内蔵メモリ(RAM)は2GBです。展示機の初期状態では残りが約900MBでした。

auのアプリが多数プリインストールされているので、不要なものはどんどんアンインストールした方が良さそうです。

嬉しい伝言メモ機能付き

Qua phoneの伝言メモ

伝言メモの画面

嬉しい事に「Qua phone KYV37」には伝言メモ機能がついています。簡易的な留守番電話ですが、大事な要件を逃さずにすみそうです。

相手の声を聞きやすく変換!

Qua phoneの「聞こえ調整」の画面

「聞こえ調整」の画面

「Qua phone KYV37」には通話相手の声を聴きやすく変換する「聞こえ調整」機能もあります。

京セラでおなじみの、画面が振動して音を伝える「スマートソニックレシーバー」も標準搭載しているので、周りがうるさい時などに聴きやすくなっています。

auの高音質通話「VOLTE」にももちろん対応しています。

Antutuベンチマークで中身をチェック!

Antutuベンチマークの基本情報の画面

AnTuTuベンチマークの基本情報の画面

次にベンチマークアプリ の「AnTuTu ベンチマークソフト」で、「Qua phone KYV37」の中身をチェックしてみました!

Qua phoneのセンサー一覧

Qua phoneのセンサー一覧

次に内蔵センサー類の一覧です。加速度・重力・近接・光センサーを搭載しているようです。アルプス電子の物が多く使われています。

画面をキャプチャー出来ませんでしたが、液晶のタッチセンサーは両手の指の10点全て認識したので、10点式の物が使われていると思われます。

Qua phoneのAntutuベンチマークのテスト結果

AnTuTuベンチマークのテスト結果

そして、気になるベンチマークテストの結果は「26404」とまずまずの結果でした。3万円台の格安スマホと同じような数値になっています。

カメラの画質は?

Qua phoneのカメラ撮影の設定画面

カメラ撮影の設定画面

「Qua phone KYV37」のカメラはメインカメラが1300万画素。インカメラが約200万画素です。メニュー設定の中にHDR撮影もありました。

実際の撮影写真はこちら

Qua phoneで撮影したau SHINJUKUの店内

サイズ縮小加工のみ

こちらが「Qua phone KYV37」のメインカメラで撮影した写真です。サイズ縮小加工のみで、その他の加工は何もしていません。色味の参考になれば幸いです。自然な色で綺麗に取れています。

Qua phoneで撮影したアイスブルー色の背面

サイズ縮小加工のみ

もう一枚メインカメラで撮影した写真を紹介します。「Qua phone KYV37」のアイスブルーを接写で撮影してみました。

こちらも綺麗に撮影できました。かなり良いカメラを搭載していると言えそうです。

Qua phoneのインカメラで撮影した写真

インカメラで撮影・サイズ縮小加工のみ

「Qua phone KYV37」のインカメラで撮影した画面です。メインカメラと比べると少し劣りますが、自撮りするのには十分な画質だと思います。

「Qua Phone」スペックまとめ

機種名 Qua phone KYV37
製造 京セラ
プロセッサ Snapdragon410(MSM8916)
1.2GHz×4コア
メモリ
(RAM)
2GB
容量
(ROM)
16GB
※microSDXC対応(最大200GB)
画面 約5型TFT液晶
(720×1280ピクセル)
 サイズ 幅72×高さ146×奥行7.9~8.4ミリ
重さ 約132グラム
電池容量 2200mAh(内蔵型)
OS Android5.1.1
SIM nanoSIM
カメラ メイン 有効約1300万画素CMOS
 サブ 有効約200万画素CMOS
防水 ○(IPX5 / IPX8)
防塵 ○(IP5X)
耐衝撃 ○(米MIL規格準拠)
周波数 LTE(VoLTE対応)/WiMAX 2+/
W-CDMA(UMTS)/GSM
その他 Wi-Fi,GPS/A-GPS,Bluetooth4.1,
おサイフケータイ,NFC
※ワンセグ・フルセグ・赤外線なし
アイスブルー・シルバー・ブラック
発売予定 2月上旬

auの製品紹介ページ
京セラの製品紹介ページ

いがモバ
実際に「Qua phone」に触ってみるとアルミのボディは高級感があって、値段の安さを感じさせないサクサク動く良いスマホでした。お得な価格設定になればヒットしそうなスマホです!この春にauの新スマホにする人は選択肢の1つに入れてみて下さいね。

【2月21日追記】auの「Qua phone KYV37」「DIGNO rafre KYV36」「AQUOS SERIE mini SHV31」に他社からMNPすると毎月の料金から2747円割引する「のりかえおトク割」キャンペーンを開催中です。格安スマホ並みの維持費になるお得なキャンペーンです。

au裏プランでMNP激安スマホ!実質0円スマホも

2016.02.18
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

LCCジャーナリスト・メディアディレクター 五十嵐 貴文

元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材。日本初LCC専門ポータルサイト「LCC STYLE」編集長、ANA動画ニュース「ANA TV」監修、中部国際空港LCCポータルサイト監修。雑誌「MONOQLO」・NHKラジオなどマスメディアにも出演。書籍「LCCスタイル」(ゴマブックス社)はamazon旅行ガイド部門で1位を記録(2017年4月21日付)。