イオンモバイル誕生!地元の店で格安スマホデビュー

イオンモバイル

イオン自ら格安SIM事業を開始します!2月26日から独自プランを受付開始する「イオンモバイル」。29種類の豊富な料金プランや全国のイオン店舗での手厚いサポートが売りで、格安スマホデビューの心強い味方に。2016年注目のMVNOを紹介します!

【2016年6月18日追記】イオンモバイルの音声プランもWEBでの受付を再開しました。ついに全プランWEB契約が可能になりました!インターネットでの契約申し込みの方法を写真付きで紹介しています。

WEB契約再開!イオンモバイルの申込方法を紹介

2016.05.22

スポンサーリンク

イオン自らMVNOに!新「イオンモバイル」26日スタート

これまでイオンの携帯売り場で日本通信やビッグローブ、ソネットといった格安SIMの販売代理を行っていた「イオンモバイル」

「イオンモバイル」を運営するイオンリテールは、2月26日から「イオンモバイル」をリニューアルし、自らがMVNO(仮想移動体通信事業者)として格安SIM・スマホ事業を行う事を発表しました。

MVNOになることによって、イオン独自のプランを作れるようになり、アフターサポートも一括して行うことができるようになります。

今日は今注目の「イオンモバイル」の中身をチェックしていきます。

豊富な料金プラン!なんと全部で29種類

イオンモバイルの豊富な料金プラン

イオンモバイルの予告ページより

2月26日から受付を開始する「イオンモバイル」その特色は豊富な料金プランです。

何と全部で29種類ものプランを用意しているんです。

注目は4GBプランと大容量プラン!

イオンモバイルの料金プラン表

イオンモバイルの料金プラン

「イオンモバイル」の料金プランは利用する高速データ通信の量によって細かく分かれています。中でも目を引くのが「4GB」のプランと「30GB」超の大容量のプランです。

格安SIMの業界では「高速データ月3GB=900円」といった、だいたいの相場が出来上がっていて、ほぼ各社横並びの料金設定になっています。

イオンモバイルはこの3GBのゾーンにあえて乗り込まず、ほぼ同じくらいの料金設定で他社より1GB多い「4GB」のプランを設けています。データ量の多さは他社との差別化につながりそうです。

そして、「30GB」を超える大容量プランも他社が取り組んでこなかったジャンルです。

30GBを超える大容量であれば固定回線の代替になりうるので、WiMAXやワイモバイルの「3日3GB」までの制限付き使い放題のモバイルルーターがライバルになるかもしれません。

「シェア音声プラン」というのは、3枚のSIMが発行され、1枚が音声番号付き、残りの2枚がデータのみのSIMになっています。ドコモのシェアプランとは違い、1人で複数の端末を使う人向けのプランなので注意してください。

音声プランの通話料は一律30秒20円(税抜)で、競合他社は最近はアプリ経由で30秒10円の所が多くなっているので、イオンモバイルは少々高めです。

データプランのSMSはオプションで月額140円かかります。SMSの送信料金は文字数で1回3円から30円です。(SMS受信は無料)

低速時の規制は明言無し・無制限かも

高速データ通信量を使い切った場合の低速時の注意書き

高速データ通信量を使い切った場合の低速時の注意書き

今回の料金プランでは、高速データ容量を使い切った時の速度が200kbpsに落ちるという記述がありました。

それ以外の文言は書いていないので、低速時はこの速度のまま無制限に利用できるかもしれません。ラジコなど音楽ストリーミングをよく使う人は要チェックな会社となりそうです。

低速時制限ありでした。

音声プランでも解約金なし!

イオンモバイルは解約金ゼロ

解約金ゼロの説明

イオンモバイルの嬉しいポイントが、全てのプランが解約金が0円な事です。サービスに不満があった場合は解約してもお金がかかりません。

ただ、番号そのまま他社に転出・MNPする場合は、契約から180日目までは転出事務手数料が別途8000円(税抜)、181日目以降は3000円(税抜)かかるので注意してください。

繰り越し・高速ON/OFF機能付き

イオンモバイルの特徴

イオンモバイルの特徴

「イオンモバイル」は後発という事もあって、他社の良いところはほとんど兼ね備えています。

余った通信料の繰り越しや、高速通信のON/OFFを標準で備えていて、1日当たりの高速データ通信量の制限もありません。隙の無いプランになっています。

大手携帯会社の1GBプランより安い!

大手携帯会社の1GBプランとの比較

大手携帯会社の1GBプランとの比較

「イオンモバイル」では、携帯大手3社がこの春から開始する1GBプランとの料金比較表を作っていました。

携帯3社は5分通話無料のプランなどと組み合わせられるので、単純な比較はできませんが、通話をほとんどしない人にとっては「イオンモバイル」の方が大手の料金より3分の1近く安くなります。

もしある程度通話をするなら、無料通話分がある「UQモバイル」や5分通話かけ放題のオプションがある「楽天モバイル」の方がお得なのでそちらをおすすめします。

実質0円&キャリアメール!UQモバイルを選ぶ理由

2016.02.20

時代は格安SIM!電話5分かけ放題の楽天モバイル

2016.02.08

全国のイオン店舗でのサポートが強み

イオンモバイルのサポート

イオンモバイルのサポート

「イオンモバイル」の他社にない最大の強みが、全国のイオンの店舗で直接販売・サポートを受けられることです。

これまで格安SIM・スマホはネット通販の販売がメインで、何かトラブルがあった場合のサポートに課題がありました。

今回「イオンモバイル」では、サービス開始当初から全国213店舗のイオンの携帯売り場で直接契約(MNP即日契約もOK)・サポートを無料で受けることができます。

買い物ついでにお店でスマホの設定方法を教えてもらったり修理依頼もすることができるので、実店舗があることの安心感は他社にはまねできないメリットとなりそうです。

オプションで不安を解消!

イオンモバイルのオプションサービス

イオンモバイルのオプションサービス

「イオンモバイル」では「電話サポート」や「端末の保証」など有料のオプションを独自に設けて、格安スマホに対する利用者の不安感を取り除こうとしています。

イオンモバイルのオプションをセットにした「安心パック」

イオンモバイルのオプションをセットにした「安心パック」

これらの有料オプションをまとめた「安心パック」は月600円(税抜)で加入でき、身近にスマホに詳しい人がいなくてうまく使えるか不安という人にも優しいサービスになっています。

このオプションを足したとしても、携帯大手3社のプランよりははるかに安い料金で維持できるので、その「安心感」と「価格の安さ」を兼ね備えている部分を店頭でアピールしていくと思われます。

3月末までスタートキャンペーン中

イオンリテール株式会社のプレスリリースより

イオンリテール株式会社のプレスリリースより

「イオンモバイル」では2月26日から3月31日までに新たに加入した人を対象に「月2GB」のプランが1年間安くなる期間限定キャンペーンを行っています。

音声付きのプランであれば、月2GBまでの高速通信がセットになったプランが通常より400円安い月980円(税抜)で1年間持つことができます。これは業界で最安の水準です。

データプランも2GBのプランが通常より300円安い480円(税抜)で持つことができます。2GBがワンコインで持てるのはかなりお得なキャンペーンです。

1年間だけ使って解約しても解約金はかからないので、お試しで申し込んで通信速度を試してみてもいいかもしれませんね。

イオンモバイルは2月26日から受付開始!

イオンモバイルの受付予告

イオンモバイルの受付予告

期待が高まる「イオンモバイル」。2月26日から受付を開始します。全国の213店舗のイオンの携帯売り場に一斉に登場する「イオンモバイル」は、2016年注目のMVNOになりそうです。

イオンモバイル希望者は今のうちに年会費無料のイオンカードを作っておこう

イオンモバイルを検討中の方は、申し込みの前にイオンカードを作っておくと何かと便利です。

イオンモバイルが扱う格安スマホを分割払いにしたい場合は、イオンカードがあれば無金利で24回の分割払いができます。

さらに20日・30日など特定の日に開催される「お客さま感謝デー」では、イオンモバイルの契約事務手数料が店頭受付で5%OFFになります。

年会費は無料で、イオンでのお買い物もお得になるので良いことだらけです。ぜひこの機会にイオンカードを作ってみて下さいね。

イオンカードの申し込みはこちら

イオンモバイルがWEB申し込みを再開!

【2016年6月18日追記】イオンモバイルの音声プランもWEBでの受付を再開しました。ついに全プランWEB契約が可能になりました!インターネットでの契約申し込みの方法を写真付きで紹介しています。

WEB契約再開!イオンモバイルの申込方法を紹介

2016.05.22

 

いがモバ
お近くにイオンがない方もオンラインショップで購入することができるので、キャンペーンでお得なSIM・スマホをゲットして下さいね!いがモバも1つお試しで持ってみたいと思います!2016年はイオンモバイルを要チェックですね!
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

LCCジャーナリスト・メディアディレクター 五十嵐 貴文

元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材。日本初LCC専門ポータルサイト「LCC STYLE」編集長、ANA動画ニュース「ANA TV」監修、中部国際空港LCCポータルサイト監修。雑誌「MONOQLO」・NHKラジオなどマスメディアにも出演。書籍「LCCスタイル」(ゴマブックス社)はamazon旅行ガイド部門で1位を記録(2017年4月21日付)。