上海小米之家で体感!小米手机5(Mi5)レビュー

中国シャオミ(xiaomi)の新スマホ「小米手机5(Mi5) 」

中国の人気スマホメーカー「小米」がフラッグシップ機「小米手機5(Xiaomi Mi5)」を発売。最新CPU・SONY製カメラ・軽量の金属ボディーなどハイスペックな性能で価格は1999元~(約34000円)と激安!上海の小米之家で実際に触ってきました!

【4月27日追記】「小米手機5(Xiaomi Mi5)」を中国広州で購入しました。その様子と実機のレビューを公開しました。

4G+3G同時待受&日本語化!小米Mi5レビュー

2016.04.27

念願の小米Mi5購入!中国広州へ3000キロの旅

2016.04.25

【2016年11月23日追記】シャオミの新型ファブレット「小米MIX」(Xiaomi Mi MIX)の実機レビューを公開しました。

プレミアムなファブレット!小米MIX実機レビュー

2016.11.23
スポンサーリンク

シャオミのフラッグシップスマホ「小米手机5(Mi5)」

XiaomiのHPの「小米手机5(Mi5) 」の画像

Xiaomiの「小米手机5(Mi5) 」公式HPより

中国の人気スマホメーカー「小米」(Xiaomi・シャオミ)が3月1日に発売した「小米手机5(Mi5)」。自らの会社名を付けたフラッグシップ機です。

CPUにQualcommの「Snapdragon 820」、カメラに1600万画素のソニー製センサー「 IMX298」、軽量のアルミボディーなど最新の技術が詰まったスマホです。

注目はその価格。最安モデルは1999元(約34000円)と激安!他社の同じようなスペックのスマホの約半額と圧倒的なコスパなんです。

【※旧店舗情報】「小米手机5(Mi5)」を触りに上海小米之家に行ってみた

上海小米之家がある上海电影广场(SHANGHAI FILM PLAZA)のB棟

上海小米之家がある上海电影广场(SHANGHAI FILM PLAZA)のB棟

そんな小米のハイスペックコスパスマホ「小米手机5(Mi5)」を触りに、いがモバは上海にある小米のリアル店舗「上海小米之家」に行ってみることに。

「上海小米之家」は、上海地下鉄1号線と4号線が乗り入れる「上海体育館」駅の4番出口を出たところにある上海电影广场のB棟の9階にあります。

オフィスビルの中なので、入るには名前と電話番号、訪問先(901号室)を書く必要があります。いがモバが去年12月に訪れた時の記事に詳しい住所などを紹介しています。

コスパの神様!上海は最新中華スマホの聖地だった

2015.12.06

【2016年5月7日追記】上海の小米之家が移転しました。新しい店舗の情報はこちらの記事をご覧下さい。

上海小米之家が人気モール内に移転!経営戦略転換か

2016.05.07
上海小米之家の入口

上海小米之家の入口

【※旧店舗情報】上海小米之家の入口には早速「小米手机5(Mi5)」の看板が。期待が高まります。

上海小米之家の店内

上海小米之家の店内

【旧店舗情報】奇麗な上海小米之家の店内。訪れたのは月曜日で平日なのですが、結構混雑していました。

お客さんの中には韓国や香港、アメリカ人と思われる方もいて、さすが国際都市・上海だということを感じさせました。

話題の小米手机 5(Mi 5)を発見!実機レビュー

Xiaomiの「小米手机5(Mi5) 」

Xiaomiの「小米手机5(Mi5) 」

店内の一番手前に展示してあったのが、小米の話題の新スマホ「小米手机5(Mi5) 」です。

さっそく実機をレビューしていきたいと思います。

指紋認証センサー付きホームボタンを採用!

小米手机5(Mi5) の画面

小米手机5(Mi5) の画面

液晶は5.15インチのフルHD液晶です。本体のギリギリまで画面になっているので、横幅は69.2ミリと70ミリを切っていて、とてもコンパクトです。

「小米手机5(Mi5) 」には、iPhoneやギャラクシーのようにホームボタンが用意されています。ホームボタンには指紋認証のセンサーも内蔵しているので、指紋を登録すれば指をなぞるだけでロック解除もできちゃいます。

実際に手に持つと、その軽さに驚きます。重さは129グラムと、5インチ超で3000mAhの電池を持つスマホとしてはとても軽量です。

小米手机5(Mi5) の背面

小米手机5(Mi5) の背面

背面も美しい仕上がり。カメラの横にはLEDフラッシュもあります。

「Galaxy Note5」に似てる?

小米手机5(Mi5) のカーブした両端

小米手机5(Mi5) のカーブした両端

「小米手机5(Mi5) 」の背面の両端はカーブしているので、手になじむ形になっています。

形状がサムスンの「Galaxy Note5」にとても良く似ていると感じました。

小米手机5(Mi5) の右側側面

小米手机5(Mi5) の右側側面

「小米手机5(Mi5) 」は本体の右側側面に電源キーと音量ボタンがあります。

小米手机5(Mi5) の左側側面

小米手机5(Mi5) の左側側面

「小米手机5(Mi5) 」の左側側面にはnanoSIMのスロットがあります。

nanoSIMを2つ入れることができるのですが、SDカードに対応している記述がHP上で見当たらないので、今回は割り切ってSDカードは削除しているのかもしれません。

小米手机5(Mi5) の本体上部

小米手机5(Mi5) の本体上部

「小米手机5(Mi5) 」の本体上部にはイヤホンマイクのジャックがあります。

USB Type-Cを採用

小米手机5(Mi5) の本体底部・充電端子はType-CのUSB

小米手机5(Mi5) の本体底部・充電端子はUSB Type-C

今回、「小米手机5(Mi5) 」では充電・通信端子にUSB Type-Cを採用しています。急速充電機能「Quick Charge 3.0」にも対応しています。

microUSBの周辺機器が使いまわせないのは残念ですが、今後はこの規格が主流になっていくものと思われます。

OSはAndroid 6.0ベースのMIUI 7

小米手机5(Mi5)高配版の中身

小米手机5(Mi5)高配版の中身

こちらは2299元の小米手机5(Mi5)の「高配版」の中身の画面です。

OSにはAndroid 6.0 MarshmallowがベースになったMIUI 7が使われています。少し操作方法に癖がありますが、基本はandroidなので、慣れた方であれば違和感なく使えると思います。

ベンチマークソフトのテスト結果などは中国の「雷锋网」のページなどで紹介されています。(※中国語) スコアはなんと約14万点と、ぶっちぎりのテスト結果になっています。

言語には日本語なし!別途対応が必要

小米手机5(Mi5)の標準言語は中国語と英語のみ

小米手机5(Mi5)の標準言語は中国語と英語のみ

「小米手机5(Mi5)」には標準言語が中国語と英語しか入っていません。

日本語入力などは別途アプリを入れる必要があります。

NFCを採用!地下鉄にも乗れる

小米手机5(Mi5)はNFC対応

小米手机5(Mi5)はNFC対応

「小米手机5(Mi5)」はNFCに対応しています。中国の地下鉄ではNFCを使ったおサイフケータイ的なサービスも始まっているので、便利に使えそうです。

カメラは1600万画素ソニー製センサー

小米手机5(Mi5)のカメラの説明画像

小米手机5(Mi5)の商品ページより

「小米手机5(Mi5)」はカメラもパワーアップしています。1600万画素のメインカメラにはソニー製の「IMX298」というセンサーが採用されています。

さらにここに光学式の手ぶれ補正機能も搭載しているので、手ぶれの少ないカメラになっています。

小米手机5(Mi5)のメインカメラの撮影画面

小米手机5(Mi5)のメインカメラの撮影画面

「小米手机5(Mi5)」のカメラを実際に撮影してみたところ、オートフォーカスが早く、色味も奇麗で撮っていて気持ちの良いカメラでした。

リアルタイムで美肌に!アガる自撮りインカメラ

小米手机5(Mi5)のインカメラの撮影画面

小米手机5(Mi5)のインカメラの撮影画面(※いがモバが映っています・顔出しは4月から 笑)

「小米手机5(Mi5)」で面白かったのがインカメラ。標準設定では人の顔を年齢で数値化する機能が常に働いています。

試しにいがモバの顔を撮ってみると「男・23歳」の表示!30代のいがモバのテンションが上がりました。カメラのバグだとは思いたくないです(笑)。

リアルタイムで美肌補正が効いていたので、自撮りをよくする女性には嬉しい機能だと思いました。

最安モデルで約34000円から 驚異的なコスパ

小米手机5(Mi5)の商品ページより

小米手机5(Mi5)の商品ページより

そんなハイスペックな新スマホ「小米手机5(Mi5)」ですが、価格は一番安い「标准版」が1999元(約34000円)。

4GBメモリ・容量128GBの一番良いスペックの「尊享版」でも2699元(約47000円)と、他社のハイスペックスマホと比べても約半額です。

そのコスパの高さは驚異的なので、今後、小米が日本にも進出することになれば大ヒット間違いなしの機種になると思います。

小米手机5(Mi5)スペックまとめ

品名 Xiaomi「小米手机5」
英語名「Mi5」公式HP
OS MIUI 7
(Android 6.0 Marshmallowベース)
CPU Snapdragon 820
MSM8996(4コア)
标准版 1.8GHz
高配版・尊享版 2.15GHz
メモリ
(RAM)
标准版・高配版 3GB
尊享版 4GB
共にLPDDR4
容量 标准版 32GB UFS
高配版 64GB UFS
尊享版 128GB UFS
画面 5.15インチ液晶
解像度1920×1080
カメラ メイン:1600万画素
(センサー:SONY IMX298)
4軸手振れ補正・F値2.0
フロント:400万画素 F値2.0
電池 3000mAh
その他 無線LAN
802.11a/b/g/n/ac  (MIMO対応)
Bluetooth v4.2
NFC
指紋認証センサー
Quick Charge 3.0
VoLTE対応(対応キャリアのみ)
SIM nanoSIM×2
通信 FDD-LTE
Band 1/3/7※【3月29日訂正】
TDD-LTE
Band 38 / 39 / 40 / 41
TD-SCDMA
Band 34/39
W-CDMA
Band 1/2/5/8
CDMA2000
Band BC0/BC1
CDMA 1X
BC0/BC1
GSM
Band 2/3/5/8
寸法 144.55 x 69.2 x 7.25ミリ
(高さ×幅×厚さ)
重さ 129g(モデルによって139g)
価格 标准版:1999元
高配版:2299元
尊享版:2699元

【3月9日追記】香港のスマホ通販サイトのブログでMi5が4Gのデータ通信と3Gの音声通話の同時待受けが可能な事が紹介されています。日本で使うには技適の問題がありますが、カケホーダイのキャリアのSIMと、格安SIMのデータ通信が1台で持てる素晴らしい機能です!

いがモバ
世界中で話題の新機種だけあって、上海の小米之家にはいろいろな国の人が訪れていました。実際の操作感も反応がすごく早く、新次元の感覚でした。世界で大ヒットしそうな予感大です!

【4月27日追記】「小米手機5(Xiaomi Mi5)」を中国広州で購入!実機レビューも

4G+3G同時待受&日本語化!小米Mi5レビュー

2016.04.27

念願の小米Mi5購入!中国広州へ3000キロの旅

2016.04.25

並行輸入品がアマゾンで販売中

小米手機5(Xiaomi Mi5)の並行輸入品がアマゾンで販売中です。日本で購入したい方はこちらをチェックしてしてみて下さい。

by カエレバ

【2016年11月23日追記】シャオミの新型ファブレット「小米MIX」(Xiaomi Mi MIX)の実機レビューを公開しました。

プレミアムなファブレット!小米MIX実機レビュー

2016.11.23
スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

LCCジャーナリスト・メディアディレクター 五十嵐 貴文

元報道ディレクターの経験と持ち前の行動力を活かしLCC・格安航空会社や格安スマホなど「コスパ時代のお得」を共通のテーマに取材。日本初LCC専門ポータルサイト「LCC STYLE」編集長、ANA動画ニュース「ANA TV」監修、中部国際空港LCCポータルサイト監修。雑誌「MONOQLO」・NHKラジオなどマスメディアにも出演。書籍「LCCスタイル」(ゴマブックス社)はamazon旅行ガイド部門で1位を記録(2017年4月21日付)。